2015.08.29 (Sat)

メロディ 2015年10月号 感想(考察)

次、考察。

長いです。文章ばっかり。疲れると思います。
書いてて疲れた。

誤字脱字、あとで直しますね。

これの次、ツッコミ書いて、一応終わり。

そこまでUPしたら、お返事書かせていただきます。
そして皆様のところへお伺いします。

【More】

**************************



冒頭、一人の女性がタブーを破って裏山の神社を超えていこうとする。
夜道に、暗く寒いが、近道ということで。
こういう、普段ならあり得ない状況が重なることはありえます。

しかし、この女性、桜木のお母さんですよね。桜木のお母さん、若いな。
お兄ちゃんにお迎え頼んでますが(母よりとメールで)、運転できるってことですから、18歳以上ってことですよね。
で、次の娘が高校か大学の受験っぽい。のちの家族写真からこのとき、もしかして中学受験?
っていうことで、後妻ですか?もしくは本当に若いお母さん?

タブーを犯した桜木の母は裏山の神社で暴行される。

そして謎の人物が告白する。
「この年の末に 妖怪の印を持った私が生まれた」と。
これが、先ほども書きましたが、誰かはわかりません。


次いで、41年後の2066年現在になります。
ここで何度も今回の話の中で差し込まれるシーンがきます。

2発の銃声と桜木が銃を構える姿。桜木が撃ったのかはわかりません。
何かが倒れるような?音?
桜木が近づくと口にテープを張られた女性が、額を撃たれて(ゴルゴ?って皆、突っ込んだと思う!)倒れている。
柏木が倒れた女性の口のテープを剥がし顔を見ると、その女性は「由花里」だった。「由花里」を抱きかかえ泣き叫ぶ桜木の後ろから薪がやってくる。
薪を見て銃を向ける桜木だが、次いで自分の頭に銃を当てる。

このシーン、謎だらけです。

まず、桜木が倒れている人物が口にテープを張られているとはいえ、面識のある人物なのに、テープを剥がし、顔を近づけるまで誰だか認識できていない。
それは、後に、桜木はメガネをかける人物だからとは思ったのですが、それなのに、なぜ、メガネをしていない時に、銃を持ち、構えていたのか?

そもそも、ここはどこで、なぜ、銃を持っていたのか。
薪さんも、桜木と同行していたようではないのに、なぜ、銃を持っていたのか?

ということで、第三者がいる可能性を感じます。


場面は変わり、3か月前の「MRI捜査の方向性」に関するシンポジウムの会場です。
青木くんがプレゼンを行っている場面です。
青木くんは永江明元死刑囚が見ていたMRIを映し、永江が「可視光線」以外を捉える特異な目を持っていたことを明かす。
その特性は異常なものではなく、遺伝的にある確率で発生することがわかってきたことを報告する。
と、そのプレゼンの途中で、桜木警視長が遮り、プレゼンをやめさせようとする。
さらにその怒りの矛先が薪さんへ。

ここでありがたい、おいしいところを常に持っていく今井の解説。
薪さんと桜木警視長は大学の同期(桜木は浪人1年あり)ということらしい。
いつもサンキュ、今井♪

ここで今回の薪さんスペシャルサービスショット、「シー」が入ります。
ああ、もうダメ、という方多かったのでは。やられた、早すぎ。クラっ。
で、なぜか、赤面しているのは元第九メンズという。。。。


薪さんが青木くんを擁護し、桜木を一蹴。
「大切な青木」だもんね、守るよ、薪さんは。そして、イラッときてますね。
青木くんには「大丈夫 続けるんだ!」と叱咤し、桜木警視長には「出口はあちら」という。きゃー、薪さんの桜木を見る目が怖い。眉が吊り上ってる。
だって、「大事な青木」のプレゼン邪魔したんだから、しょうがない。
桜木は会場から退出する。

そして場面はまた、薪さんと由花里の遺体を抱えた桜木の対峙する場面へ。
「おまえにオレがわかるか-」と問う桜木。ちらりと見える男性のような倒れた姿。

この、薪さんと桜木の対峙の場面に青木くんのプレゼンのシーンを挟んでいますので、プレゼンのシーンの何かが関わるのでしょうか?
あるとしたら、プレゼンを遮ったのは、桜木が永江のMRIが自分と同じものが見えていることに対する不安なのか、永江と自分が関わりがあることを想像した、もしくは知っていたか、なにか、MRIを見たことで感じたことがあったからだと思うのですが。


そしてまた場面はプレゼンを抜けた後の桜木が、不安か恐怖かなにか苦悩するような姿と家族写真。


プレゼン会場では、青木くんの発表は好評だったようで、会場から拍手を受ける。
プレゼン後、小池、曽我らに囲まれ、かわいがられている様子の青木くん。
さすが、末っ子。皆に愛されています。
岡部さんとなにか立ち話中の薪さんも、青木くんに気が付くと、岡部さんのことそっちのけで青木くんを見ちゃいます。

そして、またまた、薪さんのサービスショット第二弾。
髪を掻き上げる薪さん。やっぱり青木くんは薪さんLoveです。頬染めちゃった。

そして薪さん、あり得ないような天使の笑みを青木くんに向けます。
が、やっぱり仕事第一。
追跡調査をしていないことを指摘し、岡部さんを連れて去ります。やーん。
ツンデレ。
本当はもっと青木くんとお話ししたいはず、だよね、なんで。。。

で、去り際、薪さんに(未練がある)青木くんが、感謝の言葉を叫ぶと、そっと振り向く薪さん。ああ、切ない。
この薪さん、すてきだーきれいだー。最高だー。
青木くんだけを見て、青木くんだけに向けた微笑。うくー。


そして青木くんはトイレに引きこもり(青木くんは大好きトイレの個室)、自分のレポートをチェック。追跡調査の可能性を考えます。青木くん、やっぱり優しいね。
でも薪さんに指摘された仕事だから…


由花里は、警視庁の警視長(ダジャレ?)とのお見合いを進められ、経歴から勝手に相手は薪さんだと判断し、写真を手に入れ一目ぼれ。そして、シンポジウムに紛れ込み薪さんを盗み見。ああ素敵、好みだわ、私の王子様!と恋い焦がれる。

が、お見合いに来たのは、桜木警視正だった。このときの由花里のがっかりの暗い顔がいいですね。ゲ~って思ったのかな。私はホッとしたよ。薪さんがお見合いしたらどうしよう、Gのはずなのに、普通になっちゃうの、やだよ。かなり焦った。女はダメだよぉ。
あなたには青木くんが----
だったので、ほんと、よかったよかった。


由花里と桜木のお見合いで、桜木はしつこい。しつこくもう一度会ってという。私はこういう男はイヤだ。なんか断りにくい雰囲気を出してて、潔くない。好みじゃない。あ、誰もそんなこと聞いてませんね、すみません。
そんなこんなで、なんとなく薪さんのことはあきらめるような(写真を倒して)気になる、由花里。桜木に根負けしたのか、意外といい人と思ったのか、付き合うようになったようだ。
が、それを窺う謎の人物。二人の写真を収める。いったい誰だ!ちゃんと伏線回収されるよね?


その後、桜木を訪ねて由花里と由花里の父が警視庁を見学に来る。

それに対し、出世競争に負けると焦る、岡部かあさん。このときの二人のやり取りがいいですね。気心の知れた同士って感じがして。岡部さん、いいポジションとってるなぁ。
青木くんより、うらやましい。岡部さんになりたい。
二人のやり取りの最後も、薪さんらしくていいですね。「そんな情けない言葉―」の表情も素敵。優しさと強さがありますよ。

ちょうどこのとき、青木から永江のデータが送られてきて、それを第九のメインモニターがあるところで見ることにしたらしい。って、見学者がいるのに気が付く。
焦る、由花里。憧れの王子様が目の前に。やっぱり私はこの人が好き、桜木はいい人だけど、好みじゃないわ。顔もスタイルも性格も。とにかく全てにおいて薪さんがいいの。
アップで見ちゃったら、もうどうしたらいいのかわからないわ、私。
そんな由花里に気付く、桜木。嫉妬か焦りか、思わず服(ズボン)を掴む。
薪さんと張り合おうなんて、どんな人でも無理ですから-。

ちょっと時間を遡り、青木くんが13件の事件の被害者の追跡調査行い、何もなかったらしい。ここで、終わらせずに、地道にMRIを見た、青木くんが偉い。でも、もしかしたら、最初の事件の前にも知られていない事件はあるかもね、とかいろいろ考えたのかな。

そんな中で、最初の事件から1年後くらいの、表面化されなかった暴行事件があることを掴む。そして、子供を産んでいる可能性があることも。
事件が表面化されていないだけに、難しいところですよね。
被害者が届け出なかった、ということで静かに幸せに暮らしているのを壊してしまう可能性がありますから。そういうことで、薪さんに相談なのか、報告なのか、青木くんはデータを送ったんでしょう。自分でその後の調査を行ったのかどうかは、10月号ではわかりませんが。
このMRIでは、被害者の顔がはっきり写っていないのですが、それは読者に対して隠しているだけなんでしょうか。青木くんとしてもそうだった場合、ちょっと調査は難しいですよね。

日時と場所は分かっても(時間はおおよそまでしかわからないか)、今更被害者のことを思えば蒸し返さないほうがいいかもしれない(事件化しなかったくらいだから)ものを、どうやって、被害者を探すのでしょうか。知られずに被害者を特定するのは難しいですよね。

そして最後の場面へ。
この場面も3度目の薪さんと桜木の対峙のシーン。銃声が1発鳴って、その後は!!!?


というところで、次号へ。


うーん。わからん。


わかったのは、付録のブックマークが紙製!? 今時?えー!?
プラシートじゃないんだ。あの美しさは紙印刷しかだめなのかー。

もう、完璧使えない。だって、ヘタりそうだもん。

もちろん、薪さんは麗しい。使わずに大切に宝物にしよう、ということです。




長々とおつきあいありがとうございました。

タグ : 秘密 感想 青木

04:33  |  感想  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: もし、そうなら

にゃんたろーさん

>桜木さんの視覚がもし、永江とおなじとするならば、なのですが通常の視覚と見えかたが違うはずなので、由花里お嬢様がなにかしらの理由で確認できなかったのかも……?

そこですよね、なんだか面白いですよね。はっきり言葉では書かれていないけれど。だって単純に考えたらおかしいですよね、自分の好きな人なら口が隠れたくらいでわからないなんて。まあ、髪型とか雰囲気で分かるだろ、ってのはありますが。
あとあの現場はあの時間に由花里がいるような所じゃなかったってことですかね。

>ストーカーみたいに写真を撮っていた人も気になりますよね

そう、ハァハァも(笑)。どうして?目的もこれからですよね。


>そして、青木くんがやっている調査も、直接何かの事件につながっているわけじゃないから……あれ越権行為じゃないんですか??

MRIはバレなきゃとか、研究とかって言えるかもですが。あの、追跡調査は、ちょっと問題になったら誰が責任をってことになりますよね。
子供が生まれていても、無理だと思うんですけど、調べるの。
死刑囚の血をひいてます、何て言えないでしょうに。
うーん。

またまた、謎が多くて、どう展開するか楽しみです。
ヤマネ | 2015年08月31日(月) 08:33 | URL | コメント編集

もし、そうなら

桜木さんの視覚がもし、永江とおなじとするならば、なのですが通常の視覚と見えかたが違うはずなので、由花里お嬢様がなにかしらの理由で確認できなかったのかも……?

ストーカーみたいに写真を撮っていた人も気になりますよね


そして、青木くんがやっている調査も、直接何かの事件につながっているわけじゃないから……あれ越権行為じゃないんですか??
どうなんでしょう。

今回も???がいっぱい。
まだまだ始まったばかりですもんね
ねこじゃらしにゃんたろー | 2015年08月29日(土) 20:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |