「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
秘密2巻 「2002」感想
2015年06月11日 (木) | 編集 |
秘密2巻「2002」天地編、感想です。
遅くなりました。もういろいろあって。
ちなみに明日は、1日授業参観です。
全校父兄の受付担当1時間もあります。なにかと1日拘束です。

すみません、グチりました。
天地編は約120Pの中編です。

まだまだ青木くんが主役、です。
薪さんがちょっと青木くんを気にし始めているようなないような、そんなところです。

既に2巻目(及び全巻)読んでいることを前提に、感想を書いています。
今回もツッコミは(ほとんど)していません。別にやります。

≪MRI映像がみせるテーマ≫
  

また、長いです。以下どうぞ。

**************************

ある日、第九に臓器専用のキャリーケースが送られてくる。
箱を開けると中には、「脳」と「SEARCH MY BODY」とかれたカード、3か月前に配属になったばかりの「天地奈々子」の顔写真がはいっていた。

**************************


新人の天地は少し変わった女性だった。生霊やオーラが見え、死体、犯罪に興味があり、極悪犯罪と心霊の関係の研究をしたいといい、MRIの死体を切り刻む映像にも快感を感じていた。
本人なりに、いろいろ一生懸命に取り組むのだけれど、ちょっと空気が読めないというか、ずれている人という感じです。男ばかりの職場だし、みな扱いに困るでしょうね。
でも、現実には結構いると思うんです。職場に一人くらいは。

その頃、薪さんの不機嫌が高まっていた。
今井さんによると、薪さんは少し前にMRI捜査をした渋谷の少女連続殺人事件に絡み、脅迫を受けているらしい。
様々な犯罪のMRI映像を見てきた薪さんは、命や脳が狙われるだけの価値があることを皆理解する。
脅迫を受けていることと同じくらい薪さんにとって不機嫌の元は、発信機を身に着けることを義務付けられたことなんじゃないかと思う。こういうの嫌いですものね。(自分で発信機付ける側になるのは好きみたいですけど)

ある日、天地が薪さんに飲み物を渡そうとして、MRIのマシンに水を溢してしまう。
直接の原因は天地だけれど、天地を指導する青木に責任があると青木くんは皆の前で薪さんに打たれる。更に天地には自分で自分の責任は取れないとまで言う。
実際、新人なんてそんなものだけれど。
そこで天地は不貞腐れたりしない素直な子なんですが、必要以上に気にしちゃったんだと思うんですよね。自分のせいで青木くんが皆の前で怒られたから。

それで、青木くんがデータの復旧作業で夜中まで残業中に一緒に残って手伝おうとするのだけど、分からない人にいられるより、帰ってもらって一人でやった方が集中できるんだよね。だけど、天地も天地なりに責任を感じているから。
そこでつい、青木くんがイラッときて怒ってしまうのも無理はない。
でもその結果、天地は注意されたのに一人で気になることを調べに行ってしまう。
役に立ちたかったのかな。


天地の脳のMRI解析が進み、天地が無断欠勤した日、赤坂の外科医院に行き、その後公園でメールを見た後、何者かに襲われたことがわかる。
そのメールは第九に対する脅迫であり、天地の脳は脅迫文を見せるために送り付けられたのだった。

天地の脳が第九に送られてから、天地の夢を見てしまう青木くん。
仕事中にも居眠りをし、天地に殺される夢を見る。
天地に首を絞められる夢を見たのはスーツにネクタイという窮屈な格好で寝ていたからと薪さんに注意され、薪さんにネクタイを外させられる。
この薪さんの艶かしいシーンで一同目が点に。
後で、これは薪さんが青木くんのジャケットに発信機を付けるためだとわかるけれど、それにしても、ネクタイを右手で外しつつ、ジャケットに発信機を付けるために添えた左手、うーん、妖しすぎる。自然にやっているけれど、目つきといい妖しい

青木くんはこの天地にうなされる夢を見たことで、現実が夢に影響を与えるのならば、夢を見ればその時の状況がわかるのではないかと提案し、天地の夢をMRIで見ることになる。

天地の夢では、冷たい檜風呂と、手に何か入った瓶を持っていること、青木くんに助けを求めるが振り返らず、内臓のあらわになった青木くんの姿しかわからない。
それを見て青木くんは、天地にそのような夢を見せてしまったことを後悔し、またまたお得意の単独行動をとってしまう。

青木くんは天地が訪れた外科医院に赴き、引っかかるものを感じるが何かがわからないまま、襲われ、拉致されてしまう。
戻らない青木くんを心配した(けれど予想もしていた)薪さんは岡部さんとともに青木くんを追いかける。

薪さんに助けられた青木くんだが、天地は助からなかった。

薪さんが青木くんを見つけることができたのは、薪さんが持たされていた発信機を青木くんに付けていたから。薪さんが青木くんに付けたのは次につかまるのは誰よりも天地のことを心配していたのが青木くんだと思ったから。そういうところ、薪さんはちゃんと見ていてくれる。薪さんはそれくらい青木くんのことを気にかけている。

天地も(薪さんの)生霊を青木くんに見ていて、「いつもいつもあなたを守っている強い精神が見えるんです」と言っています。薪さんは他の人にもついているのかな。それともやっぱり青木くんは特別?
でも、天地、「とても強い生霊にとりつかれておいでですね」って、薪さん、青木くんに「とりつい」ちゃってるんですか。
オーラの色が一緒とか言っているんで、二人は性質的に似ているのでしょうか。オーラ、よくわかりません。

ラスト、天地の最後の夢、一番倖せな世界を第九メンバーで見る。そこには何気ない第九の日常があり、天地が第九の中に受け入れらているというもの。
何気ないことが天地の望んでいたことであり、それをできなかったことを青木くんは悔やむ。青木くんは切なく、苦みを覚えたことと思う。

**************************


今回の感想のまとめ(←これだけでいいじゃん、すみません)


≪天地誘拐事件≫

最終的に天地が誘拐され、殺害されたのは、渋谷の連続少女強姦殺人事件にかかわっていた外科医が事件の発覚を恐れ、第九を脅迫し、MRI捜査をやめさせるためではないかというもの。

この事件は天地が勝手に捜査をしたせいだが、やはり、管理をしっかりしていなかった上司(青木くんや薪さん)にも責任があると思う。
青木くんは助かったが、薪さんの機転がなければ天地と同じことになっており、青木くん自身、報告もなく単独捜査をしているところは認識が甘いといえる。

でも、このあとも単独捜査/単独行動をやっちゃうのが青木くん。
それがいいところでもあるのだけれど。(漫画としてはそうじゃないと面白くないし。)


事件としては結構ずさんだと思う。(ごめん、言っちゃった)

そもそも脅迫の手段として、天地の脳を送るということは、それだけの処理ができる人物が犯人であることを明かしてしまっているし、天地の脳をMRIで見れば、外科医院に行ったことや見たものもわかってしまう。それだけで、およその犯人のめどがつくのに脳を送るかなぁ、もう少し違った脅迫方法のほうがいいのではと思ってしまうけれど、それだと、事件にならないので、それを言ってはだめなんですね。すみません。

犯人逮捕も青木くんが拉致され、拉致された先を発信機で追いかけて見つけたというものなので、MRI捜査からは何も事件の解決に至っていないです。いいのかそれで。


≪MRIテーマ:夢≫

この話は、事件面は薄くて、夢がテーマなのだけれど、現実の夢への反映がメインのような気がします。

青木くんの見た夢の状況の経験から、天地の脳を夢から現実の状況を想定しようと捜査を始めます。
ヒノキ風呂と寒さ、何かが入った瓶というのは分かったけれど、それからは結局事件の解明はできなかったんですね。
青木くんが拉致されて意識のある中で、天地の夢の現実の反映に気が付いただけです。

MRIで見た天地の「夢」は、捜査よりも、天地が望んでいた平凡な優しい幸せを最後に見せたことが印象的でした。

***************************


青木くんって天使くんなんですけれど、この天地編を読むと、青木くんのせいではないけれど、上司としての注意が足りなかった(まあ、22、23歳じゃ無理ですけど)ために、天地を死なせてしまうことになったのは自覚していると思うので、薪さんほどじゃなけれど、人の死に対しての自分の責任を感じていると思います。
私はそれがいいと思っているんです。
ただの幸せしか知らない天使じゃないほうが。
自分がかかわった、防げなかった死を多少なりとも自覚しながら生きている、苦味と言うか苦悩を知った人でいて欲しいです。
その割にその後の行動に変化はないですが。そこが残念なのか、いいところなのか。。。。


また今回もまとまりのない感想になりました。
感想の書き方の方針がまだ決まりません。
しばらく見苦しいかもしれません。すみません。

読んでいただいてありがとうございました。
次回は「2002」ツッコミ編です。検討なしなので、ただのツッコミです。
(一応、あれこれ検討したものは「気になる」カテゴリです。)

コメント
この記事へのコメント
Re: 天地編は……
> このお話は夢について描きたかったんだなー……という感じのお話ですよね。
> 天地、殺されるためだけに出てきたキャラクターだし(;_;)不憫。

そう、事件の話だと思って「秘密」を読み始めたら、事件はあんまりなんだなーって最初思いました。
天地、ちょっと変わった感じの子でかつ、すぐ死んじゃうしでかわいそうで。
第九は基本メンズのみなんですかね。今は波多野ちゃんが入りましたけど。女の子は個性的なキャラばかり?


> 青木くんもあれですけど、天地の指導を彼だけに押し付けていた第九メンバー全体の責任もあると思いますよお。私。

あれ、ちょっとひどいですよね。唯一曽我さんが、MRI映像の解説を天地にしてましたけど、あと、誰もかまってない。
最後、皆で天地のMRIを見たとき、今井さんなんて考え込んでるけど、悲しんでいるようには見えないし。
薪さんもね。
あの時は、青木くんまで(2人も)死なせなくてよかった、くらいにしか見えない。
逆に青木くんはあの時は悔やんでたけど、その後立ち直ったのか、後に引きづった感が今いち。
今現在、天地のことどう思っているか聞きたいくらいです。

> まあ、まだ2巻目だから設定が固まってなかっ……(こればっかりですね)
はい(笑)
この逃げができなくなるのはいつなんだっけなー(*´pq`)クスッ
2015/06/13(土) 00:06:11 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
薪さんのネクタイの外し方、注目点ですよね。
普通の男の人が他の人のネクタイ外すとき、あんな手つき目つきしないと思う!

うーん、まだ青木くんのこと好きまではいっていないんじゃないかと思います。
「鈴木さんに似ている」が「青木くん」を見るようになって、危なっかしくて目を離せない、無意識で追いかけ始めてるそんな感じかもしれないです。惹かれ始めてはいると思うんですけど。

次の絹子はね、あんな目でもう青木くんのことみてるから。


> あっ……またテレビに六平直政さん出てる。
> この人、貝沼役いけると思いませんか?(゜ロ゜)

ミスター貝沼!
映画どうなるのかなぁ。山のほうでも撮影していたし。どんな話になるんでしょうか?
2015/06/12(金) 23:47:32 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
天地編は……
このお話は夢について描きたかったんだなー……という感じのお話ですよね。
天地、殺されるためだけに出てきたキャラクターだし(;_;)不憫。

青木くんもあれですけど、天地の指導を彼だけに押し付けていた第九メンバー全体の責任もあると思いますよお。私。

その後、薪さんが悔恨として何度か天地を思い出してますが、「えー、あの時全然悲しそうじゃなかったやん」と思ってしまった(笑)
まあ、まだ2巻目だから設定が固まってなかっ……(こればっかりですね)
2015/06/12(金) 21:35:22 | URL | ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA[ 編集]
Re: タイトルなし
Eさまへ


天地事件は事件としてもずさんだし、天地も死ぬために作られたキャラって感じます。かわいそうです。
夢と現実について描きたかったからそういうシーンにページも割かれたのでしょうね。
その分、お話としては残念な感じがします。
最後、外科医が頭を撃って自殺、で終わりですから。

天地を死なせてしまってそのまま問題なし?って不思議。
これって管理責任を警察内部的には問われるんじゃないかと。
1年近く前に貝沼事件もありましたし、ずいぶん薪さんに甘いな(;一_一)
減俸くらいで済んだんですかね。


はい、ムーディー青木( ,,>З<)ブプッ`;:゙;`;:、
確かに。受け流しちゃったのか。
でも忘れないで欲しいです。それを踏まえた天使ならいいんですけど。
行動を見ると不安も感じてしまう。
この後もいろいろ経験するんですけどね、どうなんだかって思うところもあって。
ちゃんと苦しみを受け入れて、尚且つの天使でいてほしいです。
もう、願いだ、ですよ↓(;´∀`p||

2015/06/12(金) 13:48:40 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
すごいなぁ~
毎度のことですが、こうゆう考察書けるの尊敬ですっ!!
なみたろうなんて、薪さんネクタイの外し方エロ~い(*≧∀≦*)とか、青木のことそんなに!とか、しっぽ振って読んでるだけなので(笑)
この頃の薪さんて、どうなんでしょうね?青木のこと。天地に「強く守られてる」と言わせるくらい大切なんでしょうけど、まだ「鈴木に似てる」に近い気もするし、鈴木さんと違う青木の純粋さ(バカ)に惹かれ始めてる感じもする。

あっ……またテレビに六平直政さん出てる。
この人、貝沼役いけると思いませんか?(゜ロ゜)
2015/06/12(金) 00:28:28 | URL | なみたろう #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/11(木) 22:58:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する