薪さんと鈴木さん(その3)

これで最後です。薪さんと鈴木さん。

長々とかかりましたが、これは短いです。

今度は薪さんにキツイこと言いました。
ごめんなさい。
でも次回予定の「薪さんと貝沼」よりは全然ひどくないです。

≪薪さんが鈴木さんを射殺してしまった不思議≫

以下、どうぞ。
**************************

いくら銃を渡された(これは後のタッキーから)、発砲されたなどとはいえ、唯一ともいえる心を開ける相手を撃つものかな?
話を聞くよ、とかいって近づいて行ったりするのが自然じゃないかな?
だって部下だし、何より親友なんだし。

仮に発砲したとしても、足を狙う以前に、上空(上のフロアに部屋があればだめかもしれないけど)や、床、壁に発砲するのでは?
それならいくら銃に細工があったとしても、心臓には当たらないと思う。
仮に、鈴木さんの願いどおり、にするならば、心臓ではなく、脳を撃つべきなのだ。

無理やり考えるならば、薪さんの深層心理の中に、鈴木さんを誰にも渡したくない、渡すくらいなら自らの手で命を奪いたいくらいがあれば(ダークだな)、射殺もありかもです。(薪さん→Love→鈴木さん説か)

***************************

でもこの二人、単純に恋情とかとは思えないんですよね。なんか、もっと複雑。

私が考える薪さんの鈴木さんに対する想いは一言でいうなら「理想の人」なんだと思うんです。

「理想の相手は?」という「理想の人」というのは、相手に求めるものを持っている人ということ。
「自分のなりたい理想の人」という「理想の人」は自分自身がなりたい人、憧れのひとということ。

鈴木さんは薪さんと同性の人なので、この二つの「理想」を持っているんです。
「好き」で「憧れ」で、「嫉妬(そんなにダークな感じじゃなくて)」もあって、全部含めて「好き」な人。
しかも、保護までされちゃってる。

1巻には出てこないことも多いので、改めて12巻終わってから書きたいと思います。

鈴木さんの方は当てはまる言葉が見つかりません。なので、 12巻終わりくらいに、また整理してまとめたいと思っています。
結局中途半端ですみません。

とりあえず、いったん終了です。

Comment

Re: お疲れ様ですー!

>とくに鈴木さん……精神的におかしくなっていた、だけでまとめようとしないでー!というくらい不思議な箇所がいっぱいで……

ほんと、そんなにこだわるなっていわれそうなんですけど、薪さんのトラウマっていう設定のためにしてはキビシイんです。ただ、(好きな人に)ころされたい、は後の薪さんやタッキーにも出てくるので、ころされたい(貝沼の)倒錯感に酔ったのかもとは思います。


>これね、二次創作でもたくさんあったし、切ないですし収まりはいいんですけど、わたしは違うと思うんですよね。

私もね、薪さんて好きだからで殺すっていうと無理矢理な気もするんです。普通の人ならアリなんですけど。
でも自分の意思でなら、後悔はしないと思うので、後々引きずらないでしょうし。
そう考えると、にゃんたろーがさんが言っていたように、自分の大事な人が自分を殺そうとした、信じていたものが崩れていく恐怖の方が薪さんらしい気がします。薪さんは鈴木さんのこと盲信に近いくらい頼ってた反面、他の人は誰も信じてなかったくらい極端だった感じがしますから。

何となく他の巻とキャラの感じが違うので、今回1巻だけで出来るだけ切り離して考えてみようとしたんですけれど。
それでこの二人のとった行動って1巻だけで見るとクルシイながらも(笑)「両想い」が収まりがいいかなと。
でもその先を読んでいくとそれもどうもね、ってなってしまって結局納得がいかない ┐(´Д`)┌


>次回の貝沼も楽しみにしてます

あーうー、これはオチは真面目なんですよ、でも、爆弾&暴言です。こんなとこーっていう注目点なんで、追放されそう。ゴメン!(先に謝ります。でも、どうしても言いたいことってあるでしょ?)

2015/05/31 | ヤマネ[URL] | Edit

お疲れ様ですー!

一連の鈴薪まつり読ませていただきました!

いやーほんとに鈴薪は謎だらけで。

とくに鈴木さん……精神的におかしくなっていた、だけでまとめようとしないでー!というくらい不思議な箇所がいっぱいで……
絶対貝沼のアレを見られるより、鈴木さんを殺してしまったという十字架のほうが重いですよね。

>鈴木さんを誰にも渡したくない、渡すくらいなら自らの手で命を奪いたいくらいがあれば(ダークだな)、
これね、二次創作でもたくさんあったし、切ないですし収まりはいいんですけど、わたしは違うと思うんですよね。
薪さんってびっくりするくらい潔癖じゃないですか。甘ったるいじゃないですか。もっとなんていうか……人間くさかったらありうるかもしれないんですけど、彼の性格からしてなんか考えられないんです。もし自分の欲望にしたがって鈴木さんをコロすくらいの人なら、青木くんももう食べられちゃってると思うんですよ。(問題発言)あともし自分の意思だって思ってたらもちょっとサバサバしている気もするんですよねー……

でも結局なんか狂気の世界にひきずりこまれたから、でうやむやになってる気がしてモヤモヤ。
自分のとこにも書いたのですが貝沼の願望(好きな人にころしてもらいたい)が見た人に移っているというのも、もしかしたらあるかもしれませんけどね。

あー、長文すみません〜。
次回の貝沼も楽しみにしてます

2015/05/30 | ねこじゃらしにゃんたろー[URL] | Edit

Re: んむむむ。

> 難しいですよね、ここ。
>
> なぜ薪さんに十字架を背負わせるようなことを?
> 薪さんの「鈴木もそう思ったのだろうか、僕に合法的に殺されたいと」てのが合ってるなら、
> 薪→青木 と同じく 鈴木→薪 だったとゆうことになりますか。好きなのは知ってる(笑)でもそこ、厳密にはイコールかなあ?

ここが、ずーっとなんで?なんです。
状況だけで推測すると自分の脳を破壊するために、自分の頭を撃とうとしたけれど、撃てずにいたら薪さんが来てしまい、首つりも飛び降りも脳に損傷を与えられそうなことは止められるからできそうにない、でも、なんとか破壊したい、ならそこに来た薪さんにやってもらおうになるのかと思ったんですけれど。でも薪さんなんですよ、状況だけじゃ厳しい。

薪さんのセリフの「合法的に殺されたい」のところって、前後の文脈からいろいろ解釈の仕方があると思うんですけど、そのままとると、好きな人にとになりますよね。
おっしゃる通り、薪→青木 と 鈴木→薪 は違うと思います。好きの種類というか好きに含まれる意味合いの比重というか。薪さんのはほぼ恋情だから「甘美」かもですが、鈴木さんは薪さんに殺されることに「甘美」な響きはないと思うんですよね。
だけど、どうせなら、一番大切な人にというのは結局自己陶酔だから、「自己満足」に近い酔い方で、薪さんのとは違うけれど、鈴木さん的にはありなのかもしれないと思ったのですが、どうかなぁ。


> なぜ鈴木さんを撃ったのか。

私はどちらかというと、こちらのほうが納得できなくて。
えー、撃っちゃうの?って思うんですよ。
この場合、逃走するわけでも向かってくるわけでもないので、足を撃つ必要すらない。
(何かの事件の)犯人でも凶悪犯でも、いきなり、心臓はないと思うんですよ。
EndGameのハゲのような殺し屋に命を狙われている場合以外は。

> これは薪さんが意図を持って、、とゆう設定でお話書かれた方がいらっしゃいますねぇ…。

そうなんですよ、だから、二次創作やこの二人を考えるときに「両想い」じゃないかって考える方が多くなるんじゃないかと思うんです。それが一番、収まりがいい気がするから。

それが恋情の「両想い」とは微妙に違うかなぁと考えると、撃たせたのも撃ったのもどうしてだか、わからないで悩むことに。

様々な解釈があっていいと思うので、これからも皆さんの意見を聞いていきたいです。


> ところですっかりヤマネさんの文章にはまってます。もっと私を論破して下さい。←どこのM。

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
なみたろうさん、Sじゃなかったんですか?Σ(=o=;)ギク!!

このあとまだ、数回貝沼編続きますが、徐々に普通(ってかナメた?)文章に戻ります。
また2巻に入ると、こんな文になりそうで怖い。

2015/05/30 | ヤマネ[URL] | Edit

んむむむ。

難しいですよね、ここ。

なぜ薪さんに十字架を背負わせるようなことを?
薪さんの「鈴木もそう思ったのだろうか、僕に合法的に殺されたいと」てのが合ってるなら、
薪→青木 と同じく 鈴木→薪 だったとゆうことになりますか。好きなのは知ってる(笑)でもそこ、厳密にはイコールかなあ?

なぜ鈴木さんを撃ったのか。
これは薪さんが意図を持って、、とゆう設定でお話書かれた方がいらっしゃいますねぇ…。
あれは、ほんとに、ほんとに切なかった。
「これできみはぼくのもの」
ってフレーズが。泣いたーー。
物凄くダークだけど、それもまた愛で。

ところですっかりヤマネさんの文章にはまってます。もっと私を論破して下さい。←どこのM。

2015/05/29 | なみたろう[URL] | Edit

        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR