スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.27 (Tue)

メロディ 2018年2月号『冬蝉-ACT.3』 感想

ご無沙汰です。

相変わらず自宅庭の雪は融けません。
なのにインフル→子供の怪我→姉滞在→宿題のためにあれこれ

なので、スキーにも行ってないよ(いや、姉が来た時には行ったけどスキーのできない姉に付き合ってた)
なんだかなぁ、な、なのになぜかいろいろあってPCにも触れなかった(泣)

さて、関西方面では今日、4月号の発売で、既にゲットされた方もいらっしゃるのかも、なのに、年末に発売された2月号の感想、
それもざーーーーと、です。

なかなか今日も時間がないのですが、ちょろっとだけやっとです。

やっつけみたいな感想ですが、自分の備忘録。

で、明日の発売が楽しみだ――
(明日は雨らしいけど、とりあえず買い物に出る!←ガソリン入れなきゃ…)


ってことで今更、畳む必要もないんですけど一応、畳みます。



【More】



**************************



ざーっと、結論だけ言うと、予想内の展開だったかな。
前回の冴子の状態から、冴子が細川教授を殺害したことが明らかになるものの、冴子は亡くなるだろう、とは思ってました。
ただその先はどうなるのかなー、っと思っていて、でも今回はそこで終わってました。

結局は冴子の、言い方は悪いけれど欲望のために何人もの人が脳を暴かれ、細川教授に至っては殺害までされてしまった。

冴子は自分の論文を作成させたい、要は研究したいという研究者の欲求なんだろうから、故人の私生活なんて興味なかっただろうし(事実おっさんばっかりだしさ、)、故人であるのだから今更貶めるとか、そんな必要もなく、視ていた脳データだってほんと、研究に関することだけだったんだろうと思う。

で、多くの故人はその意志が冴子とは限らず、仲間に脳データを視て役立ててほしいっていうのがあったし、事実それによって「すいせい2号」は完成したのだから、誰も損はしていないのかもしれないよね。
でもこれは本当に、まれだったわけで。

実際にはそこを許してしまったから、細川教授殺害に、『殺人』っていう、やってはいけないことすらどこか許されるはず、という犯罪へ進んでしまったのだから、やっぱり、「脳は観てはいけないもの」なんだ、という結論になっている、っていうのが今回のお話なんだと思う。

で、ここまでなら、普通のお話で、薪さんが「MRI捜査」にどれほどの想いを込めて、正義をもっているのか、っていうのが分かるので終わっちゃうんだけど。

ここでこのシリーズは終わっていないので、この後、何か展開があるんだろうな、で、そこが「The・清水玲子」って感じなのを期待してる!



いくつかツッコミ。


・急性白血病とはいえ、もうちょっと前から分かっているなら、骨髄移植とかいろいろ対処あったんじゃね?って言ったらダメなんだよね。

・牧野博士の通夜では洋装だったのに、なぜか(葬儀だからなのか?)着物の喪服を着ていた冴子。
 地味に面倒じゃね?髪も結ってるし?

・清水先生の「才女」のイメージがちょっと固定化?
 冴子と雪子の雰囲気が似ていると思ったのは私だけじゃないはず。

・何気にやっぱりできる男、岡部さん。
 そりゃ、全人類が好きになるよ、岡部さんのこと。←え?

・薪さんは意外にも甘いものが好き。
 八橋が好物!

・薪さんは「ブラック」が入った時、壮絶美しい。
 今回もそこかしこ、ライバル(ではない)冴子に対峙するときが一番美人さん。

・冴子は夫を愛していたんじゃなくて、「絶対的に崇拝してくれる人」として必要だっただけなのか。
 そう思うと、住田教授がな―――――
 愛されている方の上から目線なのかなぁ。
 かなり自己本位でごめん、共感できなかったわ。

・この頃、まだ薪さんに怯えていた筈なんだけど、既に薪さんのことを身体的に庇う青木くん。
 (住田教授に薪さんが殴られた後、再度住田教授が歩み寄ってきたとき)

・相変わらず、清水先生の細かなリアルすぎる蝉。
 ちょっと昆虫苦手な人にはキツイよ。私は大丈夫です。←ならいいじゃん。


ってことで、終わります。


明日が楽しみ---------------
住田教授がどう出るのか、世論がどうとかなのかな?

今回は頑張れば、早く感想書けそうだし、頑張って買い物行って、明日中に読みたいです。

では!

19:04  |  「秘密」 Melody連載中  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。