漫勉に清水先生!

どうも、なかなか浮上しなくてすみません。
前回の記事へのお返事、なかなかですみません。

日曜日にこちらに帰ってきたんですが、帰省中に箱根になんか無理やり行きまして、非常に尾てい骨が痛いです。
スーツケースを持っていたせいで、その上に母と姉の荷物を上に乗せられ、一人で荷物を運ぶという苦行をさせられました。
坂道と昇りの階段が響きました。。
80を超えた母と、いろいろな病んでいる姉なんで、短い間ですが一緒にいる間でできることはしてあげたい(温泉に付き合うのも荷物持ちも)と思いましてね。

で、まだ尾骨痛みが治まりません。長く座ってられないし。
円座のお世話になっています(笑)
うん、人の世話より自分の世話だね…しみじみ。


で、表題の通り、twitterでメロディをフォローされている方はご存じだと思いますが、
漫勉についに清水先生登場ですよ!

浦沢直樹の漫勉 シーズン4


NHK Eテレ 2017/03/02(木) PM10:00~
(再) Eテレ 2017/03/05(月) AM1:30~


放送ですよ!

番組HPに清水先生と、薪さんの絵が(先生がペン入れしているところ)が
出ています。薪さん麗し…


正直昨年、浦沢さん週刊誌ネタになっちゃって、漫勉再開いつになるのかなと思っていたんですが、普通に再開してよかったです。

この番組のページに出ている薪さんは、今号(2017年2月号)の表紙ですね。(背景とすらなっていない青木くん、哀し…)

でも嬉しいですね、今回のシーズンの初回ですよ。(ということは見逃されることも…)


で、次の回が「伊藤潤二」ってね…
ホラー漫画ですねぇ。ちゃんと読んだことがあるのは、雑誌でしかなくて覚えていない。
けど、めっちゃ絵も怖いんですよねぇ。
先日から香港でもなんと展覧会やってるんですよねぇ。すごいタイムリーだな。伊藤潤二。
↑伊藤潤二に反応してるの、たぶん私だけだよね。うん。知ってる。

個人的に昔から今の「Nemuki+」という雑誌が割と好き。全部は読まないけど。
で、いろいろね。
ちなみにこの雑誌の今のお勧めは、「鵺(ぬえ)の絵師」 猪川朱美というもの。
1話読みきりなんだけど、う~ん、何回か泣いてる。(朝日出版 既刊4巻)

ちょっとマイナーな雑誌の掲載なので、単行本も見かけないかもしれませんが、非常に画がうまい方です。
好きな人は好きかもしれない。



ということで、皆さん、お楽しみに!
(リアタイできるといいな、でも予約しとこ)

※明日、またコメント返信いたします。すみません。

Comment

Re: こんばんは[庵]≧∇≦)ノ ✨

粟田律さん

こんばんわー。
お返事忘れた頃ですみません。

漫勉見ましたか?
録画でしたので、何度でも見返せます!(ちゃんと見ました)

> 粟田的漫勉の事件は
> 萩尾望都と
> 山下和美と
> 池上遼一(出演依頼私は尊敬を込めて変態じじいとお呼びしています!)
> と
> かわぐちかいじと
> 髙橋ツトムと藤田和日郎とさいとう・たかを、ですが・・・
> (他の作家さんは単に粟田がそれまでよく知らなかっただけ)

うぁー、さすがです!
私あまり見れていないんです。
さいとうたかをと、藤田さんと、あと誰だっけな。
何人か見たんですけど。
粟田さん、まさかの「サンクチュアリ」(笑)←マニアックネタすみません

取り合えず次回の伊藤潤二は観たいです。

漫画家さんは顔出しNGの人もいるから、なかなか難しい人もいるんだろうな、というのと、画のこだわりが漫勉って中心な気がするので、ストーリーの人は出ないのかもなぁと思います。ちょっと残念。

> もしも漫勉のシーズンが再開しなかったら
> 粟田の呪いで●春を倒産させるところでした...。

ほんと、そうですよ。
ああいう話題って、私個人としては、それぞれの個人でやってくれ、解決してくれって思うんですよ。
いちいち世間に広めて赤の他人がバッシングとかどうでもいいんで。
そんなことより、価値のある人っていうのは絶対にいるのだからねぇ。

> NHKがぐっと好きになる漫勉に清水さんが出てくれて
> 嬉しい~~っ!!!!

なかなかNHK、清水先生推しなのか???

で、今更ですけれどね、BSプレミアムでシリーズでもう一度、「秘密」作り直してくれって思う。
1回か2回で、1話分の放送にして、できるだけ、原作に忠実に、もちろん薪さん→青木くんっていうの絶対に入れてさ。
要望出そうかしら。(あんな脳データ取り出しの拘りいらないから。)

GEOに行くたびに「秘密」のDVDが目に入って、イラッとする(笑)
↑だけど、準新作で100円とかになったら夫に見せるために借りる。

話しがいろいろずれましてすみません。

復活したんですが、ちょっとコメント書けなくて。
続きはまた明日で、すみません。

2017/03/06 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: 渦もありますね。

きこさん

漫勉、ご覧になりましたか?
清水先生の回、いろいろ興味深かったですね。
いよいよ次回は、伊藤潤二!ですよ。。。
反応される方がいるとは思いませんでした!

> 伊藤潤二!
> 反応しますよ。
> 「富江」チョーこわかった!なんだか、ぐるぐるする感覚が、ホラーです。

ほんと画も怖いんですけど、内容がじわじわとくるんですよね。
「富江」「うずまき」…
アメリカや中国で大人気(笑)
今、他にも「朝日新聞出版」とか、「おそろしや」などで無料で公開されています←マニアック…

> 「Nemuki+」は、読んだことがないですが、HPを見たら、諸星大二郎があった。
> この人の世界観も目眩がしそうですよね。

ふふふ。。。
けっこう、いるんですよね、こういう系統の方。

> 「墓場の鬼太郎」が好きだったので、時々、不思議なものを見つけると、うれしくなります。雑誌「怪」、結構、見つけて、読みます。

「怪」、あまりこちらでは見かけないんですよ。
たまに見かけるんですけど、やはり置いてある書店は限られてますね。
や~、マニアック(笑)

> 「鵺の絵師」見つけてみますね。

ぜひぜひ!
大人の女性が読みやすいタイプの漫画だと思います。
ストーリーもそうですが、画も油絵専攻の方だけあって、デッサンがしっかりして人にちゃんと体重がある感じの絵です。

> 私は、少年・青年漫画の方が、読んだものが多いかもしれません。
> 抵抗のあったものでも、だんだん読めるようになる・・・

私も、この15年くらいは、秘密や、昔から読んでいたもの以外は少年・青年漫画のほうが多いです。
大体、ゴルゴの8割方、130冊以上持っている女の人居らんがな(笑)←母と私で買っていた分

たぶん青年誌のほうが、少女マンガよりストーリーのバリエーションが今、多いんだと思います。
その点で、メロディやフラワーズなんかは、バリエーションの豊富な、年齢層の高めの少女漫画ですね。

> また、機会がありましたら、お勧めを教えてください。
> あっ、お返事は全然いつでも、OKですので、気になさらないでね!

本当に遅くなりました。すみません。
こちらこそ、またよろしくお願いします。

2017/03/06 | ヤマネ[URL] | Edit

こんばんは[庵]≧∇≦)ノ ✨

やまね教授こんばんは~(*´▽`*)♡
さすが教授!!
お耳が早い!!「ご存知だ。」ですね!?ご降臨っ!!
粟田もめっちゃ嬉しいです( ;∀;)✨

粟田的漫勉の事件は
萩尾望都と
山下和美と
池上遼一(出演依頼私は尊敬を込めて変態じじいとお呼びしています!)

かわぐちかいじと
髙橋ツトムと藤田和日郎とさいとう・たかを、ですが・・・
(他の作家さんは単に粟田がそれまでよく知らなかっただけ)

まさかまさかの
清水玲子様ご降臨!!!

もしも漫勉のシーズンが再開しなかったら
粟田の呪いで●春を倒産させるところでした...。

NHKがぐっと好きになる漫勉に清水さんが出てくれて
嬉しい~~っ!!!!

楽しみですね~(*´Д`)♡✨

2017/02/25 | 粟田律[URL] | Edit

渦もありますね。

伊藤潤二!
反応しますよ。
「富江」チョーこわかった!なんだか、ぐるぐるする感覚が、ホラーです。

「Nemuki+」は、読んだことがないですが、HPを見たら、諸星大二郎があった。
この人の世界観も目眩がしそうですよね。

「墓場の鬼太郎」が好きだったので、時々、不思議なものを見つけると、うれしくなります。雑誌「怪」、結構、見つけて、読みます。

「鵺の絵師」見つけてみますね。

私は、少年・青年漫画の方が、読んだものが多いかもしれません。
抵抗のあったものでも、だんだん読めるようになる・・・

また、機会がありましたら、お勧めを教えてください。
あっ、お返事は全然いつでも、OKですので、気になさらないでね!

2017/02/24 | きこ[URL] | Edit

        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR