メロディ 2017年2月号『増殖-Act.4』 感想

相変わらず、プリンタに苦戦しております。
かなりの色補正をあっちこっちかけているんですが。
選んだ写真が悪かったんだな、と反省しています。。。。
ほとんど身内みたいな人にしか送らない年賀状なんで、いいんだろうけど。


で、メロディ2月号なんですけど。


前から言っていたんですが、この「season 0」って、薪さんが初めから主役で描き始めたスピンオフだったはずなんですが、「第九後」のシリーズになってからは、それぞれの話でテーマはあるけれど、全体軸として「薪さんにいろいろな事柄が降りかかって、青木くんが薪さんにつり合うように成長する」というのがテーマになっていると思います。

第九編は、初め青木くんが主役で描き始め、恐らく4巻から薪さん視点にかなり比重が置かれ、そのまま薪さんへの感情移入をして最終回まで進みます。
この第九編の4巻からの薪さんと青木くんの関係が全体テーマとしてあり、それは、薪さんと青木くんの関係を構築しなおすために、薪さんの(呪縛からの)自立・解放、前向きに生きていくための過程であったのだと思います。

そういう視点で見ると、「season 0」の1巻は鈴薪の学生時代の過去の話なのでちょっと違いますが、今、原罪から数えると4巻め、ということで「第九編後」全体を通して、主要な登場人物もだし、これから関係性が再構築されていく、というところにあるのかもしれません。青木くんの身の回りでは、母親と舞ちゃん。

但し、12巻まで行くとは思えないのですけれど。。。
清水先生が飽きなければ(笑)、書いてくださるだろう、ということでついていきたいです。

なんとなく、「青木くんの成長」ということを書いていたんですが、今回はっきりと薪さんのセリフに在った、「覚悟」、これが「season 0」のテーマですね。青木くんが成長するために必要なこと、薪さんとの関係において自ら問い直すこと、それは様々な面での「覚悟」。

いろいろ、まだまだ青木くんには「覚悟」足りてませんもんね。。。
「母親と舞ちゃん」:振り切ってしまってはいけないもの、ですが、この二人は薪さんとの関係を考えた場合、青木くんを精神的に「束縛する」ものです。これは今後どう考えてくのか。

今回の最期に出てきた、薪さんから言われた覚悟。
青木くんの生ぬるさ、優しさは誰に向けるべきなのか、自分が責任を持つことの重み、そういったことを問いただしていくことになるんでしょうね。
今回の事件だけで、単純に覚悟が決まりました、ではつまらないので、今後も大いに悩みそれから成長していっていただきたい、と切に願うところです。


さて、今月号の感想もざっくりしかいけそうもない(明日からみんな休みだし)です。
創作も書きかけなのになぁ。


では、ネタバレ、ざっくり感想です。

来年、年明け、1/5には子供以外は外に行ってくれると思うので、そこからまた再開です。
また空きますが、よろしくお願いします。



今年は、お休みがちだったのですが、たくさんのご訪問いただき、ありがとうございました。
1年のお礼、申し上げます。

まだまだ続けていきたいと思っておりますので、また来年もよろしくお願いいたします。


皆様にとってよき年末年始をお過ごしいただけることを願って。





**************************




表紙はおくつろぎ、勤務中での休憩中の薪さんと青木くんですね。
そしてカメラ目線の薪さんと、皆様に「眠っているときはイケメン」と評判の、下を向き目を瞑っているような青木くん。
う~ん、確かに、二重だしさ、あの、点、みたいなモブの目よりは、数段イケメンだわ。



はい、本編。


① 山城さんは24歳、O型だった。←どうでもいい情報
② 右肩損傷。 よかった、心臓とか頭とか狙われなかったんだね。
  って、どうして児玉は山城さんを殺害しなかったのかなぁ。そのほうがあとあと楽だったと思う。
  ↑それ言っちゃ…
③ びっくりなほどのMRI捜査の技術進歩。
  もう、どこかさ、特定部分が少しずつでも残っていれば、までいきましたねぇ。
  やー、もう映画のこと思うとさ、笑っちゃうくらい、清水先生自由でいいな、って思う。
  パラレル近未来バンザイ。薪さん天才バンザイ。
④ 何気にやはり、いい仕事をする、今井室長!!!
  ※個人的にはダニーボーイ(宇野)の活躍もしてほしい…
⑤ 波多野ちゃんいい味。かわいい。ビジュ的にも。
⑥ 「第九=魔界」と第九以外の職員に認定されているらしい
⑦ 薪所長は通常は「白雪姫」と認識されている。『姫』認定。
⑧ 薪さんの動体視力は、アラフォーになっても異常。
⑨ 「つばき園」の「ミドリ」ちゃんはハブられている
⑩ 前に出てきたとき「つばき園」には、保護者がお迎え、みたいなシーンがあったのに、「児童養護施設」だった…
  ちょっと…
⑪ 前に青木くんに声を掛けられたからか、コッソリ「BL」妄想しているのかわからんが(←それ私だけ)、波多野ちゃんは青木くんのことを割と気に入っているようだ。。。
⑫ 相変わらず、薪さんのストレス発散は青木くんへの暴力(笑)
  それを当たり前に受ける、ドM青木くん。いいんかい!
⑬ 薪さんと青木くんが話しをするときは、二人だけの世界。
  誰も寄せ付けません。そして二人ともキラキラ…(P.86右下コマ)
⑭ なぜか唐突に、タジクを思い出す薪さん。
  いいねぇ~。
  だって思考が共有できるレベルなんだからさ。
  ってことで、第九編の「雪子さん」の役回りは「タジク」です
⑮ 銃を持つこと、銃を撃つことの覚悟。
  人を守ること、それによる責任を持つこと、全ての覚悟。
  今後、成長するうえで青木くんに必要なこと。
⑯ 「つばき園」はパンドラの匣
   出ました。「パンドラの匣」…



雑ですみません、誤字脱字読みにくくて済みません。
夜できたら直します。
一旦うP

Comment

Re: おじゃまします

さらしさん

コメントの返信が一昨日に途中で終わりましてすみません。
またさらしさんのところから、お返事再開させてください。

1ヶ月前のコメントのありがとうございました。
返信遅くなり、大変申し訳ございません。

> 昨年は突然おしかけたりしまして。

ちょっと返信が最近は滞っており、非常に申し訳ない状態なのですが、突然でも全然OKです。
お気軽にお声掛けくださいませ♪
(多分、そろそろブログも復活します)

> でも、相変わらず鋭い考察のレビューを読ませてもらって、初心者なのに勝手にとても嬉しいです。

いえいえ、私も新参者です。まだハマって2年ですから・・・ふふふ。

> 紆余曲折のうえ、青木の覚悟とは何か、薪さんの覚悟とは何か、それはちゃんと交わるのか、そこを見届たいと、とてもとても思います。

そうなんですよね、簡単に出来る覚悟なら大した覚悟じゃないよ、思います。それなりに、自分の価値観、自分の周りのこと、改めて考えてみたときに今までの考え方、生き方を否定することになるかも知れないですよね。
お互いに何を考え、結論し、結果を出すのか。まだまた見守りたい(という割にはかなりの余計なお世話のツッコミを入れまくりますが)ましょう。

また今後もよろしくお願い致します。

2017/02/19 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: あけましておめでとうございます

にゃんたろーさん

ご無沙汰しています。
まさかの、
> あけましておめでとうございます!

のコメント返信です。すみません。
もうすぐ3月だよ⁉︎(平謝り)

> あの薪さんの一切反論を許さない覚悟のお話し。
> だから薪さんは鈴木さんの件があろうとも、ちゃんと銃を持ち続けているんですね……。
> 青木くんがどういう答えをだすのかとても気になります。

そうですよね。
「可視光線」のとき、薪さん、銃が撃てるのか心配でしたけれど、躊躇いなく撃てていたのは、覚悟があったからなのだと。
薪さんのブレない強さを考えさせられる回だったっと思います。
青木くんも一山超えるか楽しみです。
二人で「焦れったい」は続けてもらいたいのはまだまだなんですけれど。

そろそろ復帰していきたいのでまたよろしくお願いします。
北陸新幹線、大宮まで着きました(さっきて寝た…)
こっちはお天気いいなぁ。。。
金沢は雨と傘が壊れそうな風だったのに!

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: 今年もよろしくお願いします!

たきぎさん

お久しぶりです。
もうすっかりフェードアウトに近い状態で・・・
なんとか復帰できそうです!
コメント返信遅くなり申し訳ございません。

> この正月休みに輝夜姫にチャレンジして、ようやく清水作品を全部読み終わりましたが、やっぱり秘密が一番だと改めて思いました。

結局まだ輝夜姫も月の子も読めていないんですよ(あの1巻無料とかの分しか)
最近、眼鏡をかけないほうが細かい字が読めるんですけど(老眼は大丈夫なようです!ド近眼なだけのよう)、文庫でじが小さいのはキツイんですよねぇ。冊数が多いと。電書にするかなぁ。。。

でも「今が一番いい」ってすごいですよね、清水先生。
絵も劣化しませんし、ストーリーはながすぎないくらいのほうがいい感じがするので、今が一番合っているのかもしれませんね。
薪さん、っていう唯一無二のキャラがいますもんね。

> ヤマネさんとはファン同期なので、お互い続けていけたらいいなと思っています。

ねぇ〜、沼落ち丸2年ですもんねぇ。あっという間でした。
抜け出せませんね、まだまだ(笑)

これからもよろしくお願いします。

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: 良いお年を

柏木けいさん

ご無沙汰していおります。
コメントのお返事が申し訳ない状態になってしまって。
ごめんなさい。

> 私も青木くんの「覚悟」を
> まさにテーマとして取り上げようと
> 思っていたところでしたので
> 思わずコメントさせていただきました。

青木くんの覚悟は、やはりどこかで自覚して考えないと薪さんとはつりあわなくなると思います。
人としての深みをもう一歩進める必要があるなと。
まだまだもう一つ二つの試練があってもいいと(←対青木くんのドSオニ )

けいさんの書かれるお話、言葉遣いもリズム感もとても透明感があって大好きです。
またそちらにもコメントさせていただきたいと思います。
長町さんが好き!!!!←叫び

これからよろしくお願い致します。

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: ありがとうございます。

きこさん

お久しぶりでコメントいただきましたのに、お返事が2ヶ月近く滞りまして申し訳ありません。
これに懲りずに、またきてください(初っ端から平謝り)

> ヤマネさんの書かれた、青木の覚悟と成長、私もそこだと思います。
>
> 私は、少し、皆さんと感じるものが違うのか?と思ったりしていたので、とてもうれしかったです。

ご一緒、近い感想だったのですね!
嬉しいです。
私もいつも裏を読んだような感想で、や、そこまでいかないよ、もっと単純だよ、みたいな話も結構あって後で冷や汗もの、というのもあるんで、ドキドキなんです。←実は小者

またこれからも浮上して(ゆるゆるですが)本編の方からも感想を書いて行きたいと思いますので、よろしかったらまたきこさんの感想やご意見も聞かせてください。

ではまた今後もよろしくお願いします。
北陸新幹線、トンネルばっかりで送信・更新ない。うっ(泣)
(はい、また一つ駅が進みました。只今、飯山←ホームの出発音楽が「ふるさと」)

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: こんにちは[庵]≧∇≦)ノ ✨

粟田律さん

すみません、申し訳ないです。
お返事にお待たせいたしました。
せっかく開店されたそちらにもコメントしてませんし。。。。
いろいろ反省しています。
はい、ただいま糸魚川(北陸新幹線なう)

> 「覚悟」かぁ。「覚悟」ですよね、教授!!そうですとも!!
> 「原罪」のころは遠ざけようとしていた青木くんを
> 今回はまぁきつく当たりながらも近づくのを許している...。
> なんだか、じ~ん...(*´;ェ;`)。

薪さんが青木くんに迫った「覚悟」ですけれど、薪さん自身も仕事面ではなくて青木くんの人生だけじゃない舞ちゃんを含めたまわりの人の人生にもどう関わるのか、という覚悟がこれから必要になってくると思います。
それをおそらく実感したのが、前回の可視光線で青木くんの家に行き、生活という生々しいものに触れた時だと思います。

今回の話は青木くんが仕事の面で、正義というものに対する覚悟、が試され成長する(と期待したい)話になっていくんじゃないかなと思います。事件面はあの宗教絡みということもありますけれど、まだこの事件で清水先生が何に迫りたいのかが今ひとつわかってません。なので次回以降も楽しみにしたいと思います。

また今後もよろしくお願い致します。

北陸新幹線はトンネルが多くてなかなかセット接続できません。
今からやっとコメント送信できるんですが、このコメントの間だけで、次の駅です
はい、まもなく上越妙高駅に到着です(笑)

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: わーい!ヤマネさん復活!

ゆけさん

まとめてお返事をしていると、全くまともな返答にならなくてすみません。
もう自分でもどんな2月号の感想を書いていたのかアヤフヤになりつつあり…

とりあえずですね、また次号でも語り合いましょう(笑)

申し訳ない!(土下座寝)
次のコメントへのお返事に続く…
今後もよろしくお願いします(見捨てないで…←見苦しい)

2017/02/17 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: わーん、お元気ですか!?

なみたろうさん

お返事遅くて済みません。
ぼちぼちコメ返答させていただいております。。。。

2月号は全く解説なしでの感想になってしまって、今更な感じでもう今回の感想はいいや、と投げ出してしまってます。
先の展開もわかりませんしね。

> 確かに確かに、青木の覚悟編。
> 薪さんが青木に求めていることって…今までの設定なら、おまえは生きて、必ず幸せになれ、家族を作れ、みたいなことなんだろうけど。
> 最近薪さん、青木スキがダダ漏れですよ?
> なんだか「僕と家族になろうと言うなら」の覚悟に思えてしまうのは私だけでしょうか?

薪さんの「すきだ」からもう1年ですよ、間もなく。
ストーリーではもう少したっているのに、覚悟のところからまたやってる二人(笑)
一体いつになったら行きつくのやら…←そんな二人が愛おしい
薪さん、いろいろな意味で重い人ですから、そりゃ覚悟が必要ですよね、青木くんの思う覚悟とはたぶん少し違っている部分もある。そこが二人、合えば、ってことなんでしょうね。

> 映画で清水先生の創作意欲に火がついて、ずっとずっと続いてくれたらいいなぁ~。
> ラスト、ちえまるさんの、舞ちゃんが留学してやっと青木が薪さんにプロポーズするお話。あんなのにならないかなぁ。

今回、思いのほか長い展開になって、二人の覚悟も広がりそうなんですけど、できれば広げ過ぎずに、がいいですねぇ。
書き急いで終わってしまうのがいちばんかなしいいいいいので、まだまだ引っ張っていただきたい。
リアルに考えると、本来警察官僚なんだから、そろそろ皆、異動があってもおかしくないんですよねぇ。
展開はできる!と思うんで、頑張って沢山の事件もまだまだ書いていただきたいですね。

わたしもちえまるせんぱいのあの話、すっごい好きなんで、アレが二人の未来の理想ですね。
それくらいまで、あと10年くらいはあるので、ぜひ描いてていただけるとですね。

まだまだゆるい復帰なんですが、徐々に戻りますので、またよろしくお願いいたします。

2017/02/16 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: ヤマネさんの分析凄いです!

千尋さん

初めまして…(滝汗)
初めてコメントいただきましたのに、2か月近い放置、申し訳ございません。
反省しております。。。(本当)

今更の、年末のコメント晒すんかい、というお叱りが来そうなんですが、申し訳ないです。

> ヤマネさんの薪にゃん(初雪シリーズ)大好きです(*^^*) 凄く薪にゃんが可愛いです!

う…(恥)
薪にゃんは、なみたろうさんに感謝です。
あまりに可愛らしかったので。
イメージがあるとやはり書きやすいです。

> 全体軸の話ですが、確かに第九編だとどんどん薪さんに焦点がシフトしていってますね
> それがSeason0では青木くんの成長の物語に当てられてるというところには気づかなかったです‼

ある意味、第九編との「対比」、の書き方なんだなと思って読んでいます。
第九編は、初めは事件そのものを書いていてその時の視点として、読者を主人公目線にするために「新人捜査官=青木」の設定で始まったのだと思います。
それが、ターニングポイントの4巻(恐らくは3巻途中での清水先生の出産休暇中)で、第九編全体の方向性を決めた(一話完結の話を時間軸も厳密にせずに続けるパターンをやめた)ところから、個々の事件と第九編全体の軸という2本軸で行くことになり、ハマった人はその全体軸(薪さん再生と青木くんとの関係)の方により魅力を感じでしまったんだと思います。

なので、今のスピンオフは「その後=続編」でありますが、その全体軸はやはりあって、でも対象を変えたということで見ていいと思います。

今回のお話は、更に一展開で、着地点も見えないし、よくわからない…というのが正直なんですが。
まだまだ続いてほしいなと思います(それで、二人がじれったいままっていうのもまた良いんで。)

またブログ再開しますので、機会があったらまたお越しください。
ありがとうございました。

2017/02/15 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: レビューありがとうございます!

BON子さん

コメント放置、非常に申し訳ございません。。。。。
精神力が続かず状態でして。←怠け

忘れた頃のコメントの返信で、何を書いたかということ、今更すみません、お返事させて下さい(平伏)


> 青木の覚悟とか成長とか、凄く凄く頷きつつ共感いたしました!
>
> 薪さんが期待している。引っ張り上げている感が凄いし、青木も答えたい感が最近凄い気がします。
>
> ふたり並べた時が物語の行きつくところなのか…なんかそんな風にも思えてた最近なので、ヤマネさんの記事を読んで、もんの凄く、そうなんだ!と納得したりしました(//∇//)


青木くんも第九編から見れば、もうキャリアも積んで一応第八のボスなわけですから、その自負とまだまだというところの狭間でしょうね。
なので、ここでせっかく薪さん(=天才上司)との絡み(共に仕事ができる=学べる)ができるというのであれば、やはりステップアップしたいと思ってもらいたいところですよね。

薪さんって、恋愛勘定抜きにしても青木くんのこと捜査官として大事にして評価もしていると思うんで(自分とはタイプが違うことを含めて)、自分と同じ所に少しでも引き上げたい、それには自覚している以上の(もしくは青木くんの信念を変えるほどの)覚悟を持つ必要があることを教えたいんだと思います。
ただの「いち捜査官」なら、そこまでは薪さんも期待しないでもいいんだと思いますけれど。

青木くんの価値観、信念がどう動いていくのか、薪さんがどう出るのか、それが気になります。
(↑え??、教団の事件はどうでもいいんかい??)

だって、あまりに先が読めないですもん、事件の着地点が…


とかなんとかな、お返事でううっ…すみません。


で、ちゃんとそろそろ浮上しますので読み逃げじゃなくてちゃんとそちらにもコメに行きます…←いつやねん
今後もよろしくお願いします。(「しそわかめ」すっかり我が家の定番になりました)

2017/02/15 | ヤマネ[URL] | Edit

おじゃまします

ヤマネさん

あけましておめでとうございます。
昨年は突然おしかけたりしまして。
でも、お返事いただきましてありがとうございました。
お体大丈夫ですか?
でも、相変わらず鋭い考察のレビューを読ませてもらって、初心者なのに勝手にとても嬉しいです。

冒頭の青木の成長話は、なるほどな~と凄く納得です。そして以下のところ

> 今回の事件だけで、単純に覚悟が決まりました、ではつまらないので、今後も大いに悩みそれから成長していっていただきたい、と切に願うところです。

本当にそう!と。
紆余曲折のうえ、青木の覚悟とは何か、薪さんの覚悟とは何か、それはちゃんと交わるのか、そこを見届たいと、とてもとても思います。

なんか小学生みたいな感想で申し訳ないんですが、またお邪魔させてくださいませ。
寒いですし、年明けの忙しさもあると思います。
お体お気を付けくださいね。



2017/01/03 | さらし[URL] | Edit

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!
昨年はいろいろとありがとうございました!

で、年末のあれこれ忙しい時期のメロディ、罪ですよね。
年末に思い切りすごいのぶっこんできたなと……。

あの薪さんの一切反論を許さない覚悟のお話し。
だから薪さんは鈴木さんの件があろうとも、ちゃんと銃を持ち続けているんですね……。
青木くんがどういう答えをだすのかとても気になります。

また本年もいろいろとお話しできると嬉しいです!

どうぞよろしくお願いいたします!!


2017/01/03 | ねこじゃらしにゃんたろー[URL] | Edit

今年もよろしくお願いします!

ヤマネさん
その後、体調はいかがでしょうか。
相変わらず大変そうですが、こうしてヤマネさんのレビューが読めて嬉しいです。
この正月休みに輝夜姫にチャレンジして、ようやく清水作品を全部読み終わりましたが、やっぱり秘密が一番だと改めて思いました。
ヤマネさんとはファン同期なので、お互い続けていけたらいいなと思っています。
それでは、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

2017/01/02 | たきぎ[URL] | Edit

良いお年を

ヤマネさん、ご無沙汰しております。
私も青木くんの「覚悟」を
まさにテーマとして取り上げようと
思っていたところでしたので
思わずコメントさせていただきました。

激しく同意いたします。

そして、今年度は
大変お世話になりました!

こうして薪さんを通じて
出会えたことに
感謝でいっぱいです。

お身体お大事に。
良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。





2016/12/31 | 柏木けい[URL] | Edit

ありがとうございます。

ヤマネさん、お久しぶりです。
お加減はいかがですか?
どうぞ、穏やかな新年を迎えられますように!

ヤマネさんの書かれた、青木の覚悟と成長、私もそこだと思います。

私は、少し、皆さんと感じるものが違うのか?と思ったりしていたので、とてもうれしかったです。

また、示唆に富んだご意見、伺わせてくださいね。

2016/12/30 | きこ[URL] | Edit

こんにちは[庵]≧∇≦)ノ ✨

ヤマネ教授✨こんにちは(*´▽`*)✨

お手数をおかけしては、と遠慮して申し上げていなかったのですが
粟田の庵の立ち上げお祝いくださりありがとうございます(´-`*)♡
なんて縁起の良い寿ぎ✨
嬉しゅう存じました。これからもよろしくお願いいたします(^人^)✨

そんでもってヤマネ教授の考察の凄さにビックリ!!
すごすぎ~!!
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

「覚悟」かぁ。「覚悟」ですよね、教授!!そうですとも!!
「原罪」のころは遠ざけようとしていた青木くんを
今回はまぁきつく当たりながらも近づくのを許している...。
なんだか、じ~ん...(*´;ェ;`)。

では寒い日が続きますがお体お大事になさってくださいませ。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を~✨
(≧▽≦)ノシ✨

2016/12/30 | 粟田律[URL] | Edit

わーい!ヤマネさん復活!

もう!ヤマネさんといえば、これこれ!
な感じもお久しぶりですね… (//∇//)
なるほどでした!おもしろい!
ヤマネさんの感想を受けて、またお話ししたいことがいっぱいできたのですが、年末年始のあれこれもあるかと思いますので、またゆっくり伺います…(笑)

いっぱいお話聞いてくれて、いっぱいお返事書いてくれて、いっぱいお世話になりました!
どうぞよいお年を。
来年もまたよろしくお願いします!

2016/12/30 | ゆけ[URL] | Edit

わーん、お元気ですか!?

ヤマネさん体調いかがですか?( ;∀;)
相変わらずお忙しそうだけども。とりあえずMelody読めたみたいで良かった。
また教授の分析つきレビューが読めると思うと嬉しいです!

確かに確かに、青木の覚悟編。
薪さんが青木に求めていることって…今までの設定なら、おまえは生きて、必ず幸せになれ、家族を作れ、みたいなことなんだろうけど。
最近薪さん、青木スキがダダ漏れですよ?
なんだか「僕と家族になろうと言うなら」の覚悟に思えてしまうのは私だけでしょうか?

映画で清水先生の創作意欲に火がついて、ずっとずっと続いてくれたらいいなぁ~。
ラスト、ちえまるさんの、舞ちゃんが留学してやっと青木が薪さんにプロポーズするお話。あんなのにならないかなぁ。

次は年明けでしょうか?
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願いします!( ・∀・)

2016/12/29 | なみたろう[URL] | Edit

ヤマネさんの分析凄いです!

ヤマネさん初めまして!千尋と申します。
ヤマネさんの薪にゃん(初雪シリーズ)大好きです(*^^*) 凄く薪にゃんが可愛いです!

全体軸の話ですが、確かに第九編だとどんどん薪さんに焦点がシフトしていってますね
それがSeason0では青木くんの成長の物語に当てられてるというところには気づかなかったです‼
「覚悟」…言われてみれば確かに!その直前の展開に気を取られすぎてスルーしてしまっていましたが、重要なポイントですね
青木くんには枷がある… 第九編で滝沢さんが「恋人や家族の存在はウィークポイントになる」みたいな事を言ってたのを思い出しました…

過去のヤマネさんの考察を読むととても深くまで物語を掘り下げられていて、凄いと思います!とても細かいポイントにも気付かれていて脱帽します
詳しい感想お待ちしています(^^)

2016/12/29 | 千尋[URL] | Edit

レビューありがとうございます!

ヤマネさん、お久しぶりです。
お忙しいのにレビューありがとうございます!
お身体の具合は如何でしょう…
年末年始、ママさんはお忙しいですよね…

青木の覚悟とか成長とか、凄く凄く頷きつつ共感いたしました!

薪さんが期待している。引っ張り上げている感が凄いし、青木も答えたい感が最近凄い気がします。

ふたり並べた時が物語の行きつくところなのか…なんかそんな風にも思えてた最近なので、ヤマネさんの記事を読んで、もんの凄く、そうなんだ!と納得したりしました(//∇//)

増殖で少しはこの関係動くのでしょうか…

しかし、先が全く見えない今号の終わりでした(^^;;

ヤマネさん、今年はたくさんお世話になりました。
新参者のわたくしを構ってくださってありがとうございました!ヽ(;▽;)ノ
本も貸して頂いて!あ、あの感想もまだ書けていないので、きっと来年…

来年もどうぞよろしくお願いします!

2016/12/29 | BON子[URL] | Edit

        

10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR