映画「秘密」観ました、はい今頃やっとです…

映画公開からもうすぐ1か月。
いつ、上映終了になるかと怯えておりましたが、なんとか今年の始業式がギリ、8/31だったお蔭で、最終午前上映日に無事観ることができました。
観れるよう、願ってくださった皆様、本当にありがとうございます。


では、感想ですが、一言で言うなら、

「思ったより、普通に面白かった」

です。

点数をつけるなら、50点かなぁ。かなりいいほうです。
でももし、優、良、可、不可、ならギリギリ、可に入れてあげてもいいと思います。
もう一度見てもいいか、といったら、地上波TVなら見ない。DVDなら観る。映画館ではどちらでもいい。

いろいろありますけど、総合的にみたら、まあ面白いけど、可もなく不可もなく、たぶんですね、一番きつい言い方かもしれませんが、私の中ではこれから先、「印象に残る映画にはならない」、「忘れていってしまう映画」だと思います。
一時的な、エンターテイメントとしては面白かったですけど、すっごく嫌でもダメでもなかったので、どうにも残らないと思います。

原作はこうしてブログを書くほどに、いろいろ変わったくらい、人生に影響を与えましたけれど、そういったものは皆無です。


この「思ったより面白かった」というのは、酷評、辛口、という感想が上がっていたので、そりゃ、ひどいもんだろうと思っていましたので、心の準備ができていたせいと、既に公式でもあちこちで映画の解説をしちゃってくれちゃっていたので予習ができていた、というのが大きいと思います。

わからないところが多かった、という意見はありましたが、それほどでもなく、また、分からなくてもいいじゃないかな、と思えるような感じでした。

原作ファンがダメ、イヤ、嫌い、最悪、というのもわかりました。

原作との違いを意識することを完全に断ち切って、でも、基礎知識はある、という状態で見れば、それなりに映画としては面白いと思います。

ただし、前半の勢いのある面白さが後半になると失速してしまい、映画が観客を引っ張っていけていない。
長時間で、観客も疲れるので、後半ももう少しリズミカルに進め、全編に渡り、脳内映像を生かしたほうがよかったです。
あと、メリハリが欲しいです。ちょっとだらけてしまうと、ツッコミどころが気になってしまいますから。



もちろん、あれこれ言いたいことはたくさんあるんですけれど、本編ではここまでにします。

ストーリーや個別の事項に関しては次回以降の記事にします。

ここから先の、たたみ記事は、『どうして原作ファンがダメと思うのか』をストーリーの個別内容とは別に、考えたことを書いています。


次回以降はなんだかんだで、面白かったという割にキツイことばかりになると思うので、「面白かった」でとどめておきたい方は、この記事までにしておいてください。

良かったところもたぶん、最後までにはちゃんと書くとは思います。





パンプとムビチケ
*************************



原作ファンが受け入れがたいのは…


映画として何が言いたいかわからなかったし、出来が悪いという方もいらっしゃると思います。


でもそれ以上に、たぶん、フラットに観よう、と思ってもかなりの設定やビジュアルの違和感から、どうしても、違う、って思うシーンがどこかであったと思います。

それがもしかしたら、最初の遺体の解剖室からかもしれないし、青木くんのキャラなのかもしれないし、第九の部屋や、建物のクラシカルな感じなのかもしれない。
天地や今井さんの見た目や設定なのかもしれない。

早い段階で、その「ちがう!」という気分が襲ってきたと思います。
それもかなりのインパクトで沢山…

ここで、「ちがう、そうじゃない、(原作は)こうだもん」という、映画に対する原作の自分なりの解釈が入ってしまうと、原作が好きであればあるほど、その乖離がひどく感じられて、映画の展開についていけなくなる。
一瞬で、映画から離れて集中して入っていけなくなります。もう冷めた目線でしか見れなくなります。

これはいいとか、悪いとかじゃなくて、仕方がないんです。
どんな映画でも一度、気持ちが離れてしまうと、(特に原作を知っている分、)いろいろなことが目につく。
もう戻れないです。

当然、原作を知らない人でも、どこかこの映画でおかしいとか、わからないとか思考が止まってしまった場合や、単純に好みの問題もあって、面白くないと思う人もたくさんいらっしゃると思います。


でも、どんな映画でも、どこかで、「え~!!!」ってなるシーンはあったりするんです。
で、そこからはやっぱり気持ちは戻れなくて、批判的な印象しか残らないです。

私の場合、どんな面白い!って言われる映画でも、ハリウッド映画の「家族愛」が醸し出されてくると、もうアウトです。
どんどん見る気がおきなくなって、気分が冷めてしまう。
残念感が強くなって、自分が見てしまったことを後悔する、早く終わって欲しいな、と思う。一応最後までは見るけど。

たぶんですが、多くの原作ファンの方が、かなり早い段階で、この私の「冷めた目線パターン」に陥ったと思います。


こうなったら、ずっと、

ちがう、そうじゃない、もっとこう、あれが、なんであれ言わないの、あんなことあの人言わない、ああもう、余計なキャラがいらない、じゃま……

というのが続いていったんじゃないでしょうか。

なんというか、全然別人だとわかっているのに、ちょっとばかり似ている気がするからと好きな人の面影を探して、違うと云うことばかりに気がついて、どんどん辛くなる……
たぶん悪い人じゃないんだろうけど、でも好きで良いところを沢山知っているから、その人じゃないとダメなんです、やっぱり合いませんでした……
という感じ。

余計、分かりにくくてすみません……(汗)


意外と面白かった、そういう原作ファンは、もう、違う設定は違うということでそのまま、他の映画を観る気分で原作との違いをあえてするのを意識的にやめた人だと思います。

もちろん原作との乖離ではなく、映画の設定の中でのアラや矛盾なんかもあって、あれやこれや思うとは思うんですけれど、それは別に他の(原作がなかったり知らなかったりする)映画と同じように、細かい違いで止まるより、映画そのものを追いかけていったと思います。

そうすることで、めちゃめちゃ面白かった、という映画ではないけれど、いろいろ言いたいことはあるけれど、まあ原作も元々解釈もいろいろあるし、説明それほど原作だってしていないし、2つの話を繋げちゃって難しいからと大目に見て(原作ファンの贔屓目で)、思ったんじゃないでしょうか。

例えば、
・タイトルの出方はかっこよかった
・脳内映像のあのぶれ方とか視点とかいい感じ
・大友監督の「脳を視るとロクなことない」っていうのは、全部、真鍋刑事に投影させてたんでしょう
・斉藤さんは絹子や貝沼と何かあるのかもしれないしないのかもしれないし、そこは謎だけど、ああいう人もいるから、斉藤さんじゃない人かもしれないけれど、そんな誰が関わって人は変わったり、モノを手にしたりしたんだろう

とか、多少良い様に考えられて「面白かった」に繋がったんじゃないでしょうか。


全体的に、こうして欲しかった、という印象はまた別に書きます。

今日はここまで。
ありがとうございました。



Comment

Re: お疲れです!

しづさん

お返事遅くなってすみません。
ちょっと、夫が具合悪くなったり(←ウチにいるってこと…)、子供の運動会があったりでバタバタしてました。
更にまた、先ほど健康診断で体調悪くなっちゃって、帰ってくるって…

映画観ました!
もうそろそろ公開終了のところ、出てきていますよね。
ウチのほうは、ほとんどシネコンなので、1日1上映ギリまだやっていたりもするんですが。

皆さん、お疲れ様でした!
いろいろ考察的な見方をしてしまったり、単純にタルかったり、長かったりいろいろなんでしょうけれど、お疲れ様…まさにそんな感じです。

> そうか~、ヤマネさん、辛口の評判を聞いてたから、ある程度覚悟して観たんですね。わたしは逆で、監督さんと俳優さんが優秀な人たちだったから、すっごく期待しちゃってたんですよね。
> 50点と言う点数はさほど変わらないのに、(わたしは45点でした。平均よりちょっと低いかなってくらい)印象がマイナス方向に傾いてるのは、期待度の違いかもしれませんね。

しづさんも平均前後、というところでマイナスですか。
私、本当にマイナス位の気分で観に行ったんです。←そこまでして観に行くか(笑)
だから、思ったよりいけるじゃん、っていう、めっちゃハードルが低くて可でもいいという評価。
あと、脳内映像と前半が割とテンポが良かったというところが、好印象です。

> わたしも「ないわー」と思ったところは1,2箇所で、後は普通に……やや漫然と観てたせいか、長く感じましたね。
> 一緒に観てたオットは時々船を漕いでいたので、その都度蹴り飛ばしましたが。

「ないわー」って思い始めちゃうとたぶん、止まらなくなっちゃいそうで。
あのストーリーならまあ、しかたないというかそうか、と思ってみました。
本当に後半がテンポは悪いし、緊張感はないし、疲れてくるしで。
全体的に画面が暗い(特に第九のシーンと絹子の家)、というのも眠気を誘うような気がします。

> 原作は概要しか知らない&二時間ドラマ大好き(笑)な彼の感想ですが、
> 「ストーリーは理解できたけど、タルかった。良かったのは真鍋と絹子。あの二人が出てくると、何が起こるか分からないからドキドキした」って言ってました。他の人は予想もつかない行動はしないように思えたから、薪さんや青木さんのシーンは退屈だったみたいです。
> 「真鍋さんがうるさすぎ」という感想が目立つ中で、希少な肯定意見ですよね。やっぱり男の人だからかな?

「2時間ドラマ大好き」なら真鍋さんがポイントと感じたのもわかりますね。
ああいう、ドラマの中に刺激というか、一つのリズムを崩したり、というは2時間ドラマでは必須です。
原作を知らなければ、絹子の次はどうなるか行動が読めないのも、サスペンスドラマらしい、気がします。

薪さんや青木くんのシーンは二人ともずーっと、仏頂面だし、つまらないかもしれないですね。

いろいろな見方があるんですね。楽しいなぁ、感想って。ふふ。

2016/09/12 | ヤマネ[URL] | Edit

お疲れです!

ヤマネさん、どうも!
映画、ご覧になられたんですね。お疲れさまでした。
映画観てお疲れさまっておかしいか(^^;) 自分が疲れたもんで、つい。

そうか~、ヤマネさん、辛口の評判を聞いてたから、ある程度覚悟して観たんですね。わたしは逆で、監督さんと俳優さんが優秀な人たちだったから、すっごく期待しちゃってたんですよね。
50点と言う点数はさほど変わらないのに、(わたしは45点でした。平均よりちょっと低いかなってくらい)印象がマイナス方向に傾いてるのは、期待度の違いかもしれませんね。

わたしも「ないわー」と思ったところは1,2箇所で、後は普通に……やや漫然と観てたせいか、長く感じましたね。
一緒に観てたオットは時々船を漕いでいたので、その都度蹴り飛ばしましたが。

原作は概要しか知らない&二時間ドラマ大好き(笑)な彼の感想ですが、
「ストーリーは理解できたけど、タルかった。良かったのは真鍋と絹子。あの二人が出てくると、何が起こるか分からないからドキドキした」って言ってました。他の人は予想もつかない行動はしないように思えたから、薪さんや青木さんのシーンは退屈だったみたいです。
「真鍋さんがうるさすぎ」という感想が目立つ中で、希少な肯定意見ですよね。やっぱり男の人だからかな?

2016/09/08 | しづ[URL] | Edit

Re: よかった

にゃんたろーさん

お返事遅くなり、すみません。

> 無事鑑賞おめでとうございます!
>
> でもわりと楽しまれたご様子!!よかった!

はい!(笑)面白かったです。
あそこまで酷評されてましたし、皆さん、辛口、って感想を鍵付にされていたので、さぞやと思ってましたから。

> そうですね〜〜私は……脚本………かな……。

脚本は、残念ですねぇ。いろいろ。
ストーリーの構成も、映像とセリフの使い分けも残念な気がします。
一つのシーンでも、ちょっと変えればいい感じだと思う、という個所が何か所も感じられました。

> どうしたって近未来とはいえ警察(に属する組織)が舞台なわけですから、あまりにも法律無視、規律無視な感じがどうしても違和感があって。

特に真鍋刑事絡みですよね。
青木くんもそうですけれど、単独行動とか、所轄なのになのにとか。
むしろ原作のようにほぼ第九だけ、でいったほうが自由度が高いです。
が、”正式機関”じゃないし…
あれこれ問題の多い設定で、私もいろいろ思いました。

> 映画自体は結構別物として観れたような気がするんですけど……。せめて事件の筋だけは通して欲しかったなあ。じゃないとなんのためにみんなが動いているかわからなくなってしまって、しらけてしまうので……。

事件も二つを無理につなげたから、誰が何のためにというのがはっきりしなくなったところがあります。
だから感情移入もしにくいです。

> 難解なのを楽しめるのって、結局「うわーっ面白かった!わかんないとこいっぱいだったけど!」っていう、なにか一本筋がないと難しいような気がします。

そうですね、ミステリーやSFは特に、”よくわからない設定や状況”とかあると思うんですけど、でもそれを飲み込ませるだけのもの、”筋”、が必要だと思います。
今回の映画は、ちょっとそれがなかったと思います。

> あ、でも前半はけっこう面白いかも、って思いながら見たんですよ!!後半、ほんとだれちゃって………前半のペースのまま行ってくれたらよかったのになあって思いました。ホント。

いろいろ違っていても、前半は面白かったです。
あのペースが続かなかったのは、無理やり貝沼事件に繋げた、そして、「第九最大の秘密」ってなんだかんだで意外とあっさり…
(結局薪さん一人で苦しんだだけ、しかも鈴木さんの誰にも見せたくなかった秘密が、青木くん以外の全第九メンバーと雪子さんに知られるという…)
やっぱり、後半大事だと思います。残念。

> でも映像はけっこう完成度たかくて、ちゃちい感じはなかったのはよかったかも……。世界観の好き嫌いはあるかもですが。

映像だけ、使って欲しいなぁ。
脳内映像とか、全体的にきれいに撮っているのとか、はよかったと思います。私は好きです。
だから、前半は特に楽しめたのかも。
変にCGやSFXのない映画だったからかもしれませんけど。
ああ、それだけにストーリー、無駄な設定が残念でした。

2016/09/05 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: 良かった〜

eriemamaさん

お返事遅くなりました。すみません。

> ご覧になられたんですねー?良かった〜。私はリベンジを考えていたんですが、地元じゃもう夜しか上映がなくて…。しかも来週で公開終了みたいです(^^;;1ヶ月ちょいで終わりってT^T←そんなもの?

皆さんが応援してくださったので、観ることができました!嬉しかったです。
ええ??そちらではもうそろそろ公開終了ですか。残念です。
県内のイオン系、そのほかも1日1回の上映ですが、まだ終了未定のようです。(しかもなぜかどこも今週は午後から上映…)
なんとなーく、なのですが、こちらはどの映画でもまあ、そんなにめちゃめちゃに人が入るっていうわけじゃないので、どの映画もダラダラと1日1回ぐらいの上映で続けるのかもしれませんね。
やはり、たくさん観客の入る映画館では、入りのいい映画、に早く切り替えていくのかも。

> そして「冷めた目になっちゃう理論」すごくわかりやすい…そう、それだったんだ!と思いました…;;;;うん、私も主にハリウッド映画でこれ、日本人のつもりなんだよね?という違和感の塊みたいな日本人が出てきたらすぐアウトです(笑)まぁキャラに違和感、というだけでもなかったですが、入り口としてそういうのもあったと思います。

皆さん、別物、という覚悟は持って見に行かれたんだと思います。
それでもなんとなく納得していた生田薪さんなどと違って、全体的な違和感とか、小さななんか違う感、というのが次第に気になって、「素直に映画に没頭」というのができなくなっていったんじゃないでしょうか。
「ハリウッドの日本人」も、またか、と(笑)
あの、すっと冷めた感じになるのが、今回は徐々に、だったとは思うんですけど(覚悟していた分)、その積み重ねで次第に、残念感が募ったような気がします。

> あと、冒頭の『秘密』っていうタイトルが出るところは私もものすごく良かったと思っています。あれは音楽も含め鳥肌でした。どんな重厚な物語がこの先にあるんだろう!?という期待で胸いっぱいになり…そのあとはまぁ、未だ感想を鍵付きで放置している状況へとなだれ込んでいくわけですが(^^;;

あのタイトルのところは、よかったですねぇ(しみじみ…)。
期待しないつもりが、期待してしまった、結果…でしょうか(^_^;)

まだ詳細感想が終わっていないので、ereimamaさんの鍵付感想を読んでいないんです。
(みなさん、鍵付にされているから…)
終わったら、じっくり読ませていただこうと楽しみにしています。
その時はまたよろしくお願いいたします。

2016/09/05 | ヤマネ[URL] | Edit

よかった

無事鑑賞おめでとうございます!

でもわりと楽しまれたご様子!!よかった!

そうですね〜〜私は……脚本………かな……。

どうしたって近未来とはいえ警察(に属する組織)が舞台なわけですから、あまりにも法律無視、規律無視な感じがどうしても違和感があって。
映画自体は結構別物として観れたような気がするんですけど……。せめて事件の筋だけは通して欲しかったなあ。じゃないとなんのためにみんなが動いているかわからなくなってしまって、しらけてしまうので……。

難解なのを楽しめるのって、結局「うわーっ面白かった!わかんないとこいっぱいだったけど!」っていう、なにか一本筋がないと難しいような気がします。

あ、でも前半はけっこう面白いかも、って思いながら見たんですよ!!後半、ほんとだれちゃって………前半のペースのまま行ってくれたらよかったのになあって思いました。ホント。

でも映像はけっこう完成度たかくて、ちゃちい感じはなかったのはよかったかも……。世界観の好き嫌いはあるかもですが。

2016/09/02 | ねこじゃらしにゃんたろー[URL] | Edit

良かった〜

ご覧になられたんですねー?良かった〜。私はリベンジを考えていたんですが、地元じゃもう夜しか上映がなくて…。しかも来週で公開終了みたいです(^^;;1ヶ月ちょいで終わりってT^T←そんなもの?

そして「冷めた目になっちゃう理論」すごくわかりやすい…そう、それだったんだ!と思いました…;;;;うん、私も主にハリウッド映画でこれ、日本人のつもりなんだよね?という違和感の塊みたいな日本人が出てきたらすぐアウトです(笑)まぁキャラに違和感、というだけでもなかったですが、入り口としてそういうのもあったと思います。

あと、冒頭の『秘密』っていうタイトルが出るところは私もものすごく良かったと思っています。あれは音楽も含め鳥肌でした。どんな重厚な物語がこの先にあるんだろう!?という期待で胸いっぱいになり…そのあとはまぁ、未だ感想を鍵付きで放置している状況へとなだれ込んでいくわけですが(^^;;

詳細な感想、楽しみにしてますw


2016/09/02 | eriemama[URL] | Edit

Re: おおー、ありがとうございますっ!!

ゆけさん

> まずは、無事鑑賞おめでとうございます!よかったですー、ほんと間に合って。

みなさんが、祈ってくださったおかげです。ありがとうございます。

> 私の場合はまたちょっと違うかもで、違わないかもしれないんですけど、前情報の途中らへんで、原作への気持ちがあったらとてもじゃないけど観れないなぁと思ったのと、監督の言ってることがかなりあさってな感じだったので、
> 「わかった。 私の望むものはそこにはきっと何もない。 じゃあ…せめて監督から見た秘密の魅力ってものがなんなのか、それをどう伝えたいのか、それだけは見届けて来よう」
> っていう気持ちで行ったんですよねー。

ああ、わかります。
初めは、そういう気持ちで見に行くつもりでいました。
私は、あまりに酷評されたし、もうオレ様映画だな、と思ったので諦めつつ、最後まで頑張って観るのを目的に行きました。
そう考えたら、あまりに低すぎるハードルなんですね、私…
そりゃ、そのハードルなら、「面白かった」になるわ、私ってば。


> そしたら、映画のつくりが、すごい私の好きじゃないパターンだった、という…(笑)。
> なんか、富豪の自主制作映画を見せられたような感じっていうんですか?エゴがすごいっていうか…。

オレ様感ハンパない、ですよね。
ちなみに、私の次の記事のタイトル、「オレ様映画」っていうんで…
オレ、すごいだろ、こんなこと考えたの、見てみて、って感じですもん。


> 私、けっこう映画、単純なものでも感動するっていうか、単純なものほど感動できるっていうか、どストレートに観る方だと思うんですよ。
> ハチ公物語とかでも号泣できる感じ。北の国からとか(←ドラマ;;) フランダースの犬とか(←アニメ;;) とかでも、超単純にハマります(笑)。

それは、今回のは完璧にダメなパターンじゃないですか…
もっとエンターテイメントに徹してもよかったんですよ、どっちつかずなんですよ、この映画。
だから、映像的にはきれいだし、おお、ってなるし、まあ面白いところもあるし、みれるんですけど、結局可もなく不可もなく、印象に残らない、長すぎる割に内容ないから。

> …もしかしたらなんですけど、単館系のアングラ映画しか好きじゃないって人の中にだったら、あれを良しとする人はいるのかもしれない…っていう気もしないでもない…ですかね。どうだろう……

あれを絶賛するのは、大友監督大好き、って方じゃないでしょうか。
新しい、素晴らしいって。
一般人には受けないです。たぶん。

> こうしてほしかったの方!楽しみにお待ちしております♪

ありがとうございます。
今日は、まだ全体的な、こうしてほしかったなぁ、みたいなのです。夜遅くなると思います。
個別の事項は明日以降です。忘れないうちに書いてしまいたいけど、明日は土曜日。
頑張ります。

2016/09/02 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: キタキタキター!!(≧∇≦)

BON子さん

> 間に合って良かったですー!
> いつ、打ち切りかと…汗

ギリでした!
昨日から夕方の上映しかありません!


> 教授的には、思ったよりも(大分ハードル下がってましたよね笑)よかったと!
> 私は、楽しみに、期待半分不安半分で行ったので怒りを覚えました(笑)

そうですね、期待してしまうと怒り、残念、無念、ですねぇ、あれは。
たぶん、最後まで見れるかどうか、最初の10分で耐えられるか、と思っていたので(笑)
半ば、暗示を掛けながら見ました。
これが、天地、これが今井さん、ここが第九。この青木くんはかっこいい…
原作がよぎりそうになると、映画映画、って考えないようにして(笑)
実は努力のたまもの…ぷぷぷ。

> 原作通りでなくてもいいんですけど、やはり面白い映画にして欲しかった…(笑)
> ヤマネさんが仰る通り、後半というか、前半中盤から辺りからダレます。テンポ良ければのれたかもしれないのにジェットコースターどころか鈍行列車に揺られてました(笑)

最初はよかったですよ、脳内映像とか青木くんの夢とか、真鍋刑事が脅迫みたいに捜査に加えさせられるところとか。
貝沼や、鈴木さんの話になって、でも途中、絹子も出てきて、ってなってから非常にテンポが悪くなりました。
あれは脚本ですねぇ。
無理やり違う話を繋げる力には、相当の能力が必要です。
なので、せっかくなので、いろいろなところで脳内映像挟んで、リズムを作ればよかったのになぁと思います。
あと、個人的には不要のシーンとかも感じました。

> 詳しい感想楽しみにしてますー!(≧∇≦)

まだ次は、全体的な感想なんです。すみません。

その次が個別の、ああしたらよかったのに編です。

一通り終わったら、BON子さんたちの怒りの感想を楽しみに伺います!

2016/09/02 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

なみたろうさん


> 観れたんですね…( ;∀;)良かった。

はい!ありがとうございます。ちゃんと自分の眼で見ました!
朝のあんな時間に、観客10人くらいいましたよ。


> そして教授の考察キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
> さすが論理的かつ冷静沈着。
> 確かにタイトルの出方はカッコ良かった。ゾクゾクした。

これから、めっちゃめっちゃなの、忘れないうちにまとめたいんですけど、もう金曜日だー。
できない、忘れちゃう…
とりあえず、今日も1つだけ後でUPします。

> なみたろうが一番気に入らないところは……
> 色々とすっ飛ばして(原作と違う、じゃなくて説明や描写を)おいて、どうだ難解な映画だろう悩んで考えてそれを楽しんでくれたまえ、的な?そのくせちょいちょい自らメディアで説明してみたり、公式HPでものすご説明してる件。挙げ句に原作読めばわかる!とか。何がしたいんだろう。

あれ、だって”オレ様”、やりすぎちゃったから…(笑)
いろいろ入れてみて、ああですよね、こうですよね、って言って欲しかったんだと思います。
それが思ったより、反応がなくて、わからない、っていうコメントばかりがあちこちで上がるから。
すっきりしたストーリーにモチーフ入れたり、一部解釈自由っていうのにすればよかったのに、やり方間違えたと思います。
大友監督、ちょっと焦ってるのでは?

> 難解な映画は大好物ですが、見終わった時に「うっわーそう来たか!?もっかい最初から観て伏線全部見つけたる!!(°▽°)」てなるのが醍醐味で。

伏線じゃないですもん、今回の。
伏線バリバリの、推理的な難解さもありません。だから、「そうきたかー!」は無いんですよ。

哲学ものでもないので(映画は脳を見る良し悪も、哲学的なテーマもピックアップされていない)、解釈の自由といってもそれは説明されていない部分を、どう補うか、っていう意味でしかない。
本当の意味での、解釈の自由がある、難解な映画ではない。

だから、ちょっとずれていると思うの、この映画。

> うん、薪さんが倒れるところぐらいかなぁもっかい観たいの(笑)

うーん、私、薪さんが倒れるところ、貝沼のところは意味があるけど、最初の階段のところは意味がないので、あれは無くしてほしいくらいなんです。倒れれば薪さん、っていうわけじゃないもん。

コメント読んで、どうして、「普通に面白かった」という感想なんだろう、って思われちゃいますよね。
でも、思ったより見れたから、面白かった、っていう感想なんです。ふふふ。

まだまだ、感想続きます…すみません。

2016/09/02 | ヤマネ[URL] | Edit

おおー、ありがとうございますっ!!

まずは、無事鑑賞おめでとうございます!よかったですー、ほんと間に合って。

なるほどですねー。ヤマネさんのおっしゃること…すごくわかる気がします。
冷めた目か…。

私の場合はまたちょっと違うかもで、違わないかもしれないんですけど、前情報の途中らへんで、原作への気持ちがあったらとてもじゃないけど観れないなぁと思ったのと、監督の言ってることがかなりあさってな感じだったので、
「わかった。 私の望むものはそこにはきっと何もない。 じゃあ…せめて監督から見た秘密の魅力ってものがなんなのか、それをどう伝えたいのか、それだけは見届けて来よう」
っていう気持ちで行ったんですよねー。

そしたら、映画のつくりが、すごい私の好きじゃないパターンだった、という…(笑)。
なんか、富豪の自主制作映画を見せられたような感じっていうんですか?エゴがすごいっていうか…。
私、けっこう映画、単純なものでも感動するっていうか、単純なものほど感動できるっていうか、どストレートに観る方だと思うんですよ。
ハチ公物語とかでも号泣できる感じ。北の国からとか(←ドラマ;;) フランダースの犬とか(←アニメ;;) とかでも、超単純にハマります(笑)。

…っでもダメだったーーー。
…もしかしたらなんですけど、単館系のアングラ映画しか好きじゃないって人の中にだったら、あれを良しとする人はいるのかもしれない…っていう気もしないでもない…ですかね。どうだろう……

こうしてほしかったの方!楽しみにお待ちしております♪

2016/09/02 | ゆけ[URL] | Edit

キタキタキター!!(≧∇≦)

間に合って良かったですー!
いつ、打ち切りかと…汗

教授的には、思ったよりも(大分ハードル下がってましたよね笑)よかったと!
私は、楽しみに、期待半分不安半分で行ったので怒りを覚えました(笑)

原作通りでなくてもいいんですけど、やはり面白い映画にして欲しかった…(笑)
ヤマネさんが仰る通り、後半というか、前半中盤から辺りからダレます。テンポ良ければのれたかもしれないのにジェットコースターどころか鈍行列車に揺られてました(笑)

詳しい感想楽しみにしてますー!(≧∇≦)

2016/09/02 | BON子[URL] | Edit

キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

観れたんですね…( ;∀;)良かった。

そして教授の考察キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
さすが論理的かつ冷静沈着。
確かにタイトルの出方はカッコ良かった。ゾクゾクした。

なみたろうが一番気に入らないところは……
色々とすっ飛ばして(原作と違う、じゃなくて説明や描写を)おいて、どうだ難解な映画だろう悩んで考えてそれを楽しんでくれたまえ、的な?そのくせちょいちょい自らメディアで説明してみたり、公式HPでものすご説明してる件。挙げ句に原作読めばわかる!とか。何がしたいんだろう。

難解な映画は大好物ですが、見終わった時に「うっわーそう来たか!?もっかい最初から観て伏線全部見つけたる!!(°▽°)」てなるのが醍醐味で。
うん、薪さんが倒れるところぐらいかなぁもっかい観たいの(笑)

2016/09/01 | なみたろう[URL] | Edit

        

10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR