「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
吉野朔実さん(別漫画)
2016年05月02日 (月) | 編集 |
GWの真ん中、みなさま楽しくお過ごしでしょうか。

なんだかかんだで子供もウチにいるとやることが増えてしまい、なかなか、皆様のところへのコメントもいけず、あまりワイワイできなくてちょっと寂しいのですが、また落ち着いたらかまってください。

それと、まだなんとなく、もやもや感もあるし、いろいろちょっともやもや。

メロディでは青木くんがあんなだし、映画でも青木くんの設定そりゃないわーだし、あおまきすととしてはちょっともやもやな春です。少し整理がついたらまた、まとめ書きます。



で、ここからは、「秘密」とは関係ないので、たたみます。

ちょっと本日、訃報を知ったある漫画家の方、吉野朔実さんについて。

もし、よろしければ、ご覧になってください。

※2016/05/03 flowers2016年6月号の次号予告とじ込みチラシページの画像追加しました。
(「ポーの一族」新作、萩尾望都先生と山岸涼子先生の対談の予告など)

**************************



今日というか、先ほど知ったんですけれど、漫画家の吉野朔美さんが亡くなったそうなんです。
4月20日に亡くなっていたそうです。57歳。また57歳です。プリンスと一緒…
ご冥福をお祈り申し上げます。

今月発売の月刊flowers6月号で読み切りが掲載されていたので、やっぱりきれいだなー、買おうかなって思って買わずにいたんですけれど。まだあったら買いに行こうと思います。


今現在も活躍されていた方なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

私はまだ「ぶーけ」という雑誌があったころ、読んでいました。
「少年は荒野をめざす」や「月下の一群」というのを、高校生の時に友達から回ってきて(皆でそれぞれの持っている漫画を回し読みしていた)借りて読んだのですが、絵柄も、選ばれた言葉も印象に今でも残ってます。忘れられない作品の1つです。

「少年は荒野をめざす」はその後、全巻買い揃えたんですけれど、結局いろいろ処分しなくてはいけなくて、売ってしまったんですけれど。また買い戻したいもののひとつです。先ほどから本気で注文しそうです(;´∀`)
結局、この頃からこういう、苦しい話が好きだったのか……
それ以上に、言葉での表現に惹かれたのかもしれない……

その後の作品もいろいろあって、絵柄もなんとなく変化していったりもしたような気がします。
このころの絵柄が一番好きだったので、結局だんだん、なんとなくになっていって、もうここしばらくはずっと読んでいないので、ちらっと見ただけですけれど。
でも、きっとあの、言葉と表現は変わらないのだろうなと思います。
いまでも印象に残っていて、影響を受けた一人です。

「ぶーけ」って雑誌、もう20年以上前に廃刊になってしまった雑誌なので、ご存じない方も多いと思います。
個人的にはすごく好きでした。
今もそこで掲載されてコミックス化されたもののうちのいくつかは、私の中では貴重本として持っています。

「ぶーけ」の廃刊を機に、人気があったのに描くのをやめてしまったり、その後少しだけ描いてやめてしまった方もいて、漫画家さんの中でもちょっと特別な雑誌だったのかもしれないです。

美しい絵柄と美しい言葉、漫画の表現、というのが少女漫画の世界での極限までいっていた雑誌のような気がします。
よく、文学漫画とか、哲学漫画と言われていましたね。
毎号買っていたわけじゃないんですけれど、なんとなく、廃刊になって、そのころから私も漫画自体をあまり読まなくなっていたので懐かしい想い出です。


ちなみに、吉野先生の作品の掲載されていた、今月の月刊flowers6月号は大ニュースが裏表紙に出ていて、密林ではすでに完売で中古で1000円からの値がついています。

それは、ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、萩尾望都先生のあの、「ポーの一族」の新作が40年ぶりに来月号(7月号)に掲載される(前後編なのかな)らしくて、そのイラストが予告ページにカラーで出てるからなんです。
もう書店店頭にしかないんだろうな。もし、気になる方がいらしたら、ぜひ、見てみてください。
来月号の予約ができないとか、もういろいろ噂になってますが、真偽のほどは不明です。
それほど、一部コアなファンとしては、外せない、となっているみたいですね。
うん、私も読みたい。


↓以下、結局flowers残り1冊を買ってきました。
これが、中綴じのチラシです。

2016_f06_3.jpg

あと、裏表紙にも同じイラストで予告。
flowers15周年ということで、頑張っているみたいです。
この、中綴じチラシの裏には21名の漫画家さんの直筆プレゼントの色紙のイラストが出ていました。
ちなみに今号の付録は竹宮恵子先生の別冊漫画。
小学館、頑張ってます。がんばれ白泉社!


コメント
この記事へのコメント
Re: なんと!
すばるさん

こちらこそご無沙汰しております。
お忙しいところ、見ていただきありがとうございます。
でも、お気になさらず、無理なさらずにいつでもまたどうぞ。

>でも先日NHKのオンラインで吉野さんの訃報を知り、思わずこちらに駆けつけた次第です。だってやまねさんなら絶対、吉野作品を知ってると思って...!
>やはりご存じだった。

ふふふ。私も、すばるさんはご存知だろうなと思ってました。読んできたもの、結構被ってますものね。しかも、ちょっとディープというかマニアックというか。で、それをごく当たり前に読んでいたという……。
吉野さん、ショックですね。まだ若いのに。本当に急死らしくて。まだまだ描きたいことがいっぱいあるようでした。
今月のflowersは短篇の読み切りだったし、私も久しぶりだったので、あの吉野さんの濃さがないのが、今回の作品の合わせたものなのかどうかわからなかったんですけれど。
でも、初期の頃のは、画といい、言葉といい本当にインパクトがあって雰囲気もぶーけらしかったですよね。

たぶんですけれど、清水先生含めた世代位までが萩尾先生とか竹宮先生とかの、あの普遍的な哲学的なテーマを描く、作家精神の影響を強く受けていて、それを作品に反映させているんだと思います。
なので私はそういう作品を読んでこられたのは幸せだなと思います。

ポーの一族は40年ぶりの新作で前編らしいんですけれど、後編が次々号でないみたいなんです。8月号も9月号も続々、別の作家さんの読み切りが登場!みたいにかいてありました。うーん。

なんとすばるさん、アランを!
これは、ぜひ、新作を。
ちょっとゲットが大変かもしれませんが。私も田舎で入る冊数が多くないのですが、お互い頑張りましょう♪
2016/05/06(金) 23:24:44 | URL | ヤマネ #oezNE9Qw[ 編集]
なんと!
お久しぶりです。お身体の方、良くなってきているようで何よりです。
私も子供達のことで何だかんだと忙しく、なかなか訪問出来ないうちに今に至り...。
でも先日NHKのオンラインで吉野さんの訃報を知り、思わずこちらに駆けつけた次第です。だってやまねさんなら絶対、吉野作品を知ってると思って...!
やはりご存じだった。

ぶーけは私も初期の頃は読んでました。そうか、廃刊になってたのか..。
そして!! 「ポーの一族」の新作!? なんと目出度い!!コミック全巻持ってましたよ。中学生の頃、お昼の放送の時間に「リデル森の中」の放送劇をして、アランの役をやった覚えがある(笑)

フラワーズか~。こちらの日系書店には常に2冊ぐらいしか置いてないなあ。
頑張ってゲットします。
貴重な情報をありがとうございます。
2016/05/06(金) 18:58:12 | URL | すばる #-[ 編集]
Re: ぶ~け!!
ゆけさん

すいません、前の前のコメントのお返事まだです。
でもいっぱい書くと思います。その時は許してください(汗)

ぶーけ、ご存じのかた、またいらした(笑)ふふ。
昔の初期のぶーけって、結構緻密な画を描かれる方多かったんです。
なので、ちょっとふわふわして、きれいで、背景も描かれて、でも内容は結構重い、言葉は文学的なというのがありました。
全部じゃないですけれど。
でも、読んでる方少ないな、やっぱり。マイナーですもんね。
さすがたきぎさん、でした(よくかぶります)

> デヴィットボウイとかプリンスとかショックですよねー!
> デビュー当時を知ってるとか、かっこいい…////

はははー。
歳、なだけですけど。
デヴィッド・ボウイはまだ少し上だから(とはいえ、クラプトン元気じゃん)、プリンスはねー。悲しいです。
時代を先に行きすぎると早く逝ってしまうのかしら。

> (最近、スタンドバイミーを映画も曲も知らない、と立て続けに言われて、おののいています…)

そっかー。スタンドバイミー!
リヴァーくんですよ、リヴァーくん。
たきぎさんとコメントしてたバナナフィッシュの映画化は絶対、リヴァーといわれていた、リヴァー…
っていうか、曲も知らないんですか。そうか。
せっかくいい映画なのにな。
映画も曲もいいものは残って聞いて欲しいな。って思います。
なので、私も子供に読んでもらいたい漫画は、また集めます!(ってことで、たぶん、「少年はー」は買えたら買います)

体調は大分復調しました。めいまいがありますけれど。
いつもお気遣いありがとうございます。
2016/05/03(火) 19:46:04 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 吉野さん…
BON子さん

> 作品は多分読んだことないんですけど、絵柄が思い浮かびます。文学的な内容なんですね?読みたくなってきました!
> ぶーけも懐かしいです。ありましたね!ちょっと大人な内容?でその頃は読んでなかった気がしますが、本屋にならんでるぶーけは思い起こすことができて何か凄い懐かしいですね。

ちょっとはご存知の世代(笑)
吉野先生、初期の方が文学的だったような気がします。
特に、「少年はー」は本当に使われている言葉もすごく印象に残るもので、傑作なのだろうなと思います。
中学生の少女と少年のお話なんですけれど。それぞれの自由みたいな部分と大人になっていく部分の恋愛とはちょっと違うような、自分探しみたいな話なんですけれど、当時のぶーけ、っぽい作品の一つだと思います。

> で!ポーの一族!!(≧∇≦)
> 高校生の頃一緒に文庫読んでた友人からLINEで知らせが来てキャーキャー言って喜びました。友人は昔の画でお願いますとハガキ出したいとか恐れ多いこと言ってましたが、私もそれ希望です♪( ´▽`) しかし、そんな手に入りにくそうな状況なんですね⁉︎焦ります。
> 青春時代のバイブルだったので、絶対にゲットしたいと鼻息荒くなってます!笑

ええもう、ポーのお好きな方は絶対だと思います。
私の貼ったチラシ画像は小さいので(おまけに広告文字入ってるんで)flowersのHP見た方がいいです(笑)
でも、消されなければ、こちらでずっと残せるので、載せておきました。
発売日ゲットを目指してください、ぜひ。
付録もポーなので、争奪戦になるかもです。
2016/05/03(火) 19:33:13 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: びっくりでした
たきぎさん

> 今日ニュースで見てびっくりでした。ぶーけは読んでませんが、少年は荒野をめざすはねぇ……。内容は忘れてしまいましたが、読み返してみようかな。

ねえ、57歳ですって。急に亡くなられたらしいですね。前日まで普通だったみたいですし。
flowers読んだんですけれど、内容は淡々とした感じで、あの文学チックな感じはなかったですし、今の絵柄ですからちょっとかもでした。インタビューも掲載されていて、まだまだネタもいっぱい持っているようでしたので残念です。

> ポーも驚きでした。この前、萩尾望都さんのSF原画展行ってきましたが素晴らしかったです。
> フラワーズの原画展も7月にあるので行こうと思ってます。

あー、すごくいいですねぇ。絶対美麗と思います。すっごく。一枚一枚、丁寧な感じがもういいです。
見てみたいです。
フラワーズの原画展も、全体的にきれいな絵柄の方が多いので、見ごたえありそう。

> 最近、小学館の動きがヤバすぎて動揺してます。コミック文庫フェアでバナナフィッシュの手ぬぐいプレゼントとか、真剣に悩んで買うの止めましたけど……欲しい。
> 山岸凉子さんの原画展もあるみたいで、今年は24年組ラッシュじゃないですか?

どうしちゃったんでしょう、小学館。
週刊サンデーは編集長が変わって連載が終わっちゃったりで大幅変更があってびっくりしていたんですけれど。
コミック文庫フェア、私もみて、かなり動揺しています。どうしよう、ほんと、バナナフィッシュの手ぬぐい欲しいです。
全員にもらえるらしいじゃないですか。
最近は漫画レンタルで頑張ってるのに。

山岸さんもあるんですか、原画展。すごい。
皆さん頑張ってらっしゃる。そんな時に東京にいられないのが悲しい。
ぜひ、見てきてレポートお願いします。需要は私くらいかもしれないかもですが。すみません。
2016/05/03(火) 19:22:55 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
ぶ~け!!
なつかしい!
いや、名前だけはよく見かけましたよ…
吉野朔実さん、知らなかったので検索してみました。なるほど。
中高生の時に人気があった、いくえみ綾さんもこういうタッチの時期があったので、影響力大きそうですね…!←勝手に決める

デヴィットボウイとかプリンスとかショックですよねー!
デビュー当時を知ってるとか、かっこいい…////
すごい損失だなーって思いますよねー。20代の子、昔をさかのぼって音楽聴く子が昔より減っているような気がするので、もったいなくてしょうがないです
……
(最近、スタンドバイミーを映画も曲も知らない、と立て続けに言われて、おののいています…)

いいものは残っていってほしいですよね。
おかげん、大丈夫ですか?
2016/05/03(火) 03:06:25 | URL | ゆけ #-[ 編集]
吉野さん…
こちらで読んで驚きました!
作品は多分読んだことないんですけど、絵柄が思い浮かびます。文学的な内容なんですね?読みたくなってきました!
ぶーけも懐かしいです。ありましたね!ちょっと大人な内容?でその頃は読んでなかった気がしますが、本屋にならんでるぶーけは思い起こすことができて何か凄い懐かしいですね。

で!ポーの一族!!(≧∇≦)
高校生の頃一緒に文庫読んでた友人からLINEで知らせが来てキャーキャー言って喜びました。友人は昔の画でお願いますとハガキ出したいとか恐れ多いこと言ってましたが、私もそれ希望です♪( ´▽`) しかし、そんな手に入りにくそうな状況なんですね⁉︎焦ります。
青春時代のバイブルだったので、絶対にゲットしたいと鼻息荒くなってます!笑
2016/05/03(火) 00:52:30 | URL | BON 子 #7En//y/A[ 編集]
びっくりでした
今日ニュースで見てびっくりでした。ぶーけは読んでませんが、少年は荒野をめざすはねぇ……。内容は忘れてしまいましたが、読み返してみようかな。

ポーも驚きでした。この前、萩尾望都さんのSF原画展行ってきましたが素晴らしかったです。
フラワーズの原画展も7月にあるので行こうと思ってます。

最近、小学館の動きがヤバすぎて動揺してます。コミック文庫フェアでバナナフィッシュの手ぬぐいプレゼントとか、真剣に悩んで買うの止めましたけど……欲しい。
漫画が売れなくなってるから、大人買い出来る層を取り込む作戦でしょうか。

山岸凉子さんの原画展もあるみたいで、今年は24年組ラッシュじゃないですか?
2016/05/02(月) 23:59:06 | URL | たきぎ #Qi8cNrCA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する