「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
メロディ2016年6月号『特別編』感想
2016年04月28日 (木) | 編集 |

2か月ぶりのメロディ、前号の予告で番外編であると書いてあったのですが、ドキドキしながら読みました。


え―――――――――――――――――――――!


内容は、少々コミカルな番外編なんですけれど。
中表紙入れて28Pと、短いんですけれど。

祭り、続いてませんか?

続いてるのよね、絶対、清水先生の中で。

やっぱり青木くんより、さ、みたいな。


内容の方も、映画の公開が近づいてきていますもんね、そうですよね。

時間軸は、『可視光線』の後なんですが、本編の回想シーンが盛りだくさん。
ちょっと過去のダイジェスト、じゃないですけれど、やはり意識されてますよね。。。

最近読まれ始めた方にもサービス的な。

素敵シーンもたくさんです。


それから、雑誌表紙裏、1P目、裏表紙中まで、秘密の映画情報と宣伝がいっぱいです。

清水先生の映画に対するコメントも載ってます。
当たり前ですが、悪いことは言ってません(笑)
先生も、自分が作ったものとはまた別の作品だときっと思ってらっしゃると思います。
原作に忠実に、というわけではなく、一つの作品として見られて、映像が良かったようです。
小出しにされている情報から、ストーリー面ではだんだんと不安要素も無きにしも非ずなのですが、どんなアレンジがされているのか、プロの作る商業二次創作、楽しみにしたいと思います。



最後に、次号は新章、連載になるそうです。
表紙、巻頭カラー70P、「秘密」クリアファイルの付録つきです。
清水先生のインタビューも!
映画公開前の最後の号になりますので、宣伝に力を入れていると思います。
いろいろ楽しみです。←2か月後なのに気が早すぎ



もう、これ以上はネタバレになってしまいそうなので、畳みます。


以下、既読前提ネタバレ100%です、よろしくお願いします。あと、巻物になってます。ご注意下さい。





**************************




一言最初に、いっていいですか、っていうか言います…



鈴薪やんけー(ポッ)


薪さんと鈴木さんがお互いを見る目は、もう真っ黒でしかないんですけれど(既定路線)、内容的には「親友」ですよ。大事な友達。ええ、今回も←遠い目…

清水先生、『可視光線』で鈴薪描いて、”いい感じ”で、新装版の描き下ろしイラストも綺麗な二人はいいなー、鈴薪♪、になり、もうすっかり”すずまきすと”です。

もともと第九編終わって、あと、鈴薪を描きたいみたいなことおっしゃってたようですし、本編で少ししか描かれなくて、鈴木さんのことがよくわからなかったと思うんですよね。それで、読者というか、こういうの見たり書いたりしちゃってるファンはいったい、本音での関係はどうだったのだろうかといろいろ妄想、考察していたわけです。

それが、公式に原作で、少しずつ薪さんと鈴木さんの関係、積み上げてきた思い出を今、見せて、こういう関係でした、というのを教えてくださっているのかなとも思います。




相変わらず、前置き長いです。

ストーリーとツッコミにここから入ります←早く…


先ず、中表紙イラストから。


上着を脱ぎ、ワイシャツネクタイ姿で、一人掛けソファに足を組んで座りちょっと遠くを見る薪さん。背景はなぜか笹…

で、大好物、めっちゃ嬉しい(大興奮中)!
薪さんが長そでワイシャツ、ひじ下まで折ってまくってる―――
はぁはぁ。

あの、私、ちょっと実は半袖ワイシャツ苦手なんです、リアルで←誰も聞いてない告白
夏でも長そでワイシャツの袖まくりが好きなんです←いらない情報
特に、あのひじ下がポイントです。

美しいなぁ、やっぱり。腕から手にかけて。
いろいろ妄想させてください!

腕にはあの、ちえまる先輩が探り当ててくださった、アメリカへ発つときにしていた腕時計でしょうか。それとも変わったのでしょうか。あっさりとしか描かれてません。残念。


おっと、長くなりました。



さて、やっとストーリーいきます。


ストーリーは、「一週間 第九捜査員が総出であたった事件のデータが消えた」
という……その顛末についてです。

消えたといっても、クロスケのようなのとは違って、データを消去してしまったという凡ミスです。やっちゃったのは波多野&山城コンビらしい。
それにどう対処するのか、というのがお話です。


冒頭薪さんのダークなシーンから。
薪さん、デスクに向かっていますが、不機嫌です。
あの、「ボールペンカチカチ」やってます。
薪さん、アップで顔に影はいって、ダークな感じです。
「いつも機嫌の悪い 薪所長」って言ってますから、波多野ちゃんたちにはきっとこんな恐ろしいイメージなんでしょう。
「ボールペンで5人も人を殺してる」そんなイメージなんですか!

そこで、なぜかいた(笑)青木くん。
青木くんが、データ消去の件を伝えることになります。

青木くんの性格は「非常識ポジティブ」。うん、確かに。

そして青木くんは、かつて薪さんに優しくされたことを思い出します。
END GAME で青木くんのお姉さんのMRIを薪さんが見ることになった時のことですね。
思い出してデレる青木くん。波多野ちゃんにイラッとされる。そうか、この二人合わないな。

そして、薪さんの元へ向かいます。が、そんなに甘くない。
薪さん、ボールペン粉砕(意外と握力あり、だって拳銃の名手だからね)、すかさず、ドアの前にいた青木くんの顔面にかすめるように投げる。その粉砕されたゴミだけでも欲しい。。。

かなりご機嫌悪いようです。
そして、青木くんにデータ消去の件を言わせないほどの、オーラを発揮。
右耳に右手を当てて聞くふりをする小芝居つきで。
恐ろしくて、また泣く青木くん。
子供か、泣き過ぎ。ああもう、しっかりして。それじゃ薪さんのこと、受け止められないじゃないもう。(イラッ←波多野ちゃん風)
これだから、鈴薪になっちゃうのよ、もう青薪なくなっちゃうよ←ヤダ

ということで、「舞がまた薪さんに会いたいって…」と濁して終わる青木くん。

このセリフから、『可視光線』の後の出来事と分かります。
しかし、甘くならないなー、残念。


続いて、岡部さんがデータ消去の件を話しにいきます。

薪さんに日本酒を持参してなどと、懐柔しようとしてます。

薪さん飲んじゃってますけどー。
仮眠とって寝るだけでしょー、なんて言ってますが、ここ職場だし、ここで朝まで寝るつもりなら、家帰ったほうがとか、また起きるつもりなら、お酒飲んじゃダメだろっておもっ…

でも、岡部さん、お酒弱かったんですね。速攻絡みはじめ…
あれ、じゃあ、岡部さん、すし屋の湯飲みでお酒飲んでたんですか。

ということで 岡部さんもデータ消去の件伝えられません。


そして、雪子さんに頼みに行く波多野ちゃんたち。

ああもう、ここまで人物紹介が来ると、映画用だわ、って思っちゃいます(笑)

雪子さん、薪さんを泣かしたい痛めつけたいという、ずいぶん強気のようです。
わくわく喜んで想像しています。
雪子さん、薪さんのこと好きだった……ですよね?
本編の時と、ちょっと変わり過ぎなような。

でも、雪子さん、ツッコんでいいですか。
監察医、ネイルしないと思います。
しかも、その白衣(ジャケット?)の下、そのデコルテの出た服は???
このあとどこかへお出かけなんでしょうか。

そうそう、紹介のところに「妊婦(6か月)」とあるので、ちょっと可視光線と合わせると、この時点で2066年11月か12月ってことになってしまいます。
可視光線の射殺体解剖時(2066年7月頃?)に妊娠初期なら、可視光線の終わり(2066年11月に桜木さん母の葬儀&その後、薪さん舞と初対面)で6か月くらい。

え??

この話、舞ちゃんと会った直後くらいですか?
それとも、あのときの雪子さんは妊娠してなかった?

ま、いいか。

そんな、目的違いの雪子さんには頼めず、結局自分たちで薪さんに報告に行く波多野ちゃんたち。

素直に事実を報告し、非を認め謝ります。


でも、意外と優しい、薪さん。
って、さっき飲んでたの、どうなったの?実は飲んでない?
普通に仕事モードですけど。

ボールペンカチカチしながら、文句は言いますが、びっくりするような一言。

「よかった。」「またおまえと一緒に捜査できるんだ。」

傍らには、誰かの後ろ姿の一部が。

この、最初の「よかった。」のときの、眉の上がった薪さんの顔。好きです。
大好きな、「h/ydeさん顔」です。これです。
ちょっと遠い目になって、きりっとしてまた美しい。。。。うっとり


まあ、薪さんにはデータ消失のことは分かってたんでしょうね。
それで自分たちできちんと報告し、謝罪に来たので、認めたんでしょうね。
自分たちで来たわけじゃないから、青木くんには怖い顔をし、岡部さんの話には乗らなかった、ってことなんでしょうね。

ちょっと拍子抜けする、波多野ちゃんたち。


このセリフをかつて薪さんに言ったのは、鈴木さんでした。
きぃゃぁああ…


さすが、鈴木さん。さらっと言えるな(〃艸〃)

原作鈴薪祭り、スタート!!

もう、思い出に浸っちゃってる薪さん。
鈴木さんを思い出し、飛んじゃってます。

このセリフの時の二人。
薪さんはもう捜査したくないといいます。疲れて。わがまま言います。だって相手が鈴木さんだから。
が、鈴木さん、ここでまた薪さんの心を鷲掴み。

第九が全国展開したら、二人は離される。同じ所を目指してあたりまえのように毎日顔をあわせて一緒に仕事ができているのは今だけなんだと。

ずっと、一緒だと思ってた。どこかでわかっていたはずなのに、意識していなかったこと。

改めてその現実を突きつけられて。
仙台なんて近い、なんて薪さんは言うけれど、強気でいるけれど、そこで気付かされたいつか来る別れの実感。それを薪さんが意識したことを見て取った鈴木さん。

この二人はもう、お互いを全てわかっていて、相手に幸せになって貰いたくて、いろいろ抑えて、そしてお互い見守ってってほんと切ないくらい、いい関係です。
桜木さんに「一番大切な人」っていわせましたけど、誰かと比較なんてできるような相手じゃないんですね。もう、辛いほど。

そして、この会話のわずか1か月後に鈴木さんはなくなる…(。´Д⊂)

そこから、薪さんの回想はまた飛んでいきます。

ずっと一緒だと思っていた、意識していなかった、いつかは別になることがあるに、ということをまた実感した日のことへ。
薪さんは、あの、鈴木さんの時から、いつか別れの時が来ることを常に意識の片隅においていたのでしょうが、青木くんたちの婚約祝いを兼ねた飲み会の日に、薪さんと同じように実感してしまった、青木くんのこと。
今度はそれを見る立場で。

そこから、薪さんは、かつての青木くんたちの第九、今の第九へと。

「いずれ総てが思い出になる 過去のものになる」

「何もかも 消えて無くなる だから」


この一連のシーン、薪さんの物思いに耽るお顔が美しい。
悲しみも儚さも。でもそれが真理。そう知っている、薪さん。


あの、『鈴木』さんと『僕』だけ、鍵カッコつき…(///∇///)


そんな思いに浸っていると、声をかけられ現実に。

そして、「3人でやったほうが早い」といって、一緒にリカバリに入ります。


最後は「だからこそ 今」と、鈴木さんとのシーンの思い出です。



人生で大切なことはすべて鈴木に教わった、って言えそうなくらい、鈴木さんに導かれたいたんだな、そしてその思いは今も大切にしていると改めて思うラストです。

やー、鈴薪できれいに収まった、というより、もう鈴薪の想い出じゃん。
鈴木さんの存在の大きさをひしひしと感じます。


ああもうこれで、青木くんがどうこできるんでしょうか。
青木くん、存在がどんどん……、っていうか、もう薪さん、青木くんのことどうでもよくなってるの???
鈴木さんを描けば描くほど、青木くんは薪さんを幸せにできるのかもう、わからなくなってきます。鈴木さんの存在が大きすぎて。はぁ。
頑張れ、青木くん( ̄▽ ̄)b



ということで、少なくとも次回、8月号メロディ発売までの2か月は、またまた鈴薪祭り♪になりそうですね。


8月号からはまた、新章ということなので、また楽しみにしたいと思います。

ただし、映画公開が8月6日なので、8月末発売の10月号まではきっと、期待するような青薪要素はないのかなと。
10月末発売の12月号Act.3まで待ちます。。。
いや、1年先でも待ちます。お願いします。
青薪での切なくて美しい薪さんが見たいです。
そして、幸せになって欲しい。
「それが願いだから」←使用してすみません。。



読んでいただいてありがとうございました。

明日からGWですが、皆様良い休日を♪
休日でない方は、がんばろ!
うちもほぼ、夫が仕事なので休みは子供とですし、連休の合間は遠足でお弁当づくり。
2つ追加になるだけですけどね。今回我が家ではみんな休みがバラバラで、間違えちゃいそうです。

休み中に何かUPできるかな。どうかな。頑張りたいです。

コメント
この記事へのコメント
Re: 大丈夫!
にゃんたろーさん

お返事遅くてすみません。

> 本当に清水先生の中で鈴薪まつりが継続中………
>
> でも大丈夫!だって青木くんだから。

ありがとうございます。もう、あっちこっちで青木くんが心配、それしか言ってません。
あまりに残念な人感が。

清水先生、公式で鈴薪祭り絶賛開催中です。
そして鈴木さんがどんどん美形に、色っぽく、べたべたになっております。
美形を見るのはうれしいし、薪さんもいろいろな表情が見れるのでいいんですけれど。
先がないのが悲しいです。
あーんど、残念な青木くんとの対比が激しすぎ。

> もともと薪さん青木くんいじめて楽しんでたし、曽我さんも自分陣地に引き入れようとしてたし……
> 私は前第九のときみたいで、ちょっと嬉しかったですよ。

岡部さんにしても曽我さんにしても、青木くんのことかわいがってますから。
一緒にしたいんでしょうね。
それだけかわいい第九の末っ子、青木くん。

> うん、まあちょっとあんまりな感じはありましたが……。
>
> 青木くんやるときはやる子ですし!

これからもやるときは、やって欲しい、でもかなりぶっ飛んじゃいますが。
このままだといつか薪さんに飽きられるんじゃないかと心配です。
あれ、僕、なんでこんなやつのことみたいになったらどうしましょう。
そんなアホな子がかわいいってことにしておいてください、薪さん。お願い。

> それより、薪さんが「だからこそ今」って思っているというのがとっても進展?進歩?なんじゃないかとおもって。
> 地味だけど大きな一歩ですよ!

今、を思えるようになってるんですよねぇ。ずいぶん前向きになりましたよねぇ。
ほんと、はっちゃけたりするし、いい感じではあります。

> そんなわけで、ちゃんと薪さんには青木くんと向き合っていただいてですね……。前向きに検討していただきたいわけです¡

いつ、正面から向き合うんでしょうか。現実、まあ、映画終わらないと無理なんでしょうが。
でも、やっちゃん、手紙1年以上ほったらかしだし、薪さんもこのままが気楽でいいって感じなんでしょうか。
なんだかんだで青木くんはもう、薪さんのこと見ていることに気づいてそうだし。
2016/04/30(土) 19:57:24 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 鈴薪でしたね…(なんかすみません…)
eriemamaさん

お返事遅くてすみません。
朝早くから、コメントありがとうございました。
昨日も本日も朝、早起きです(義父が仕事)。大体3時間くらいです、睡眠時間いつも。
の、割には最近、あまりPCに時間が取れません...

お加減はいかがでしょうか。
せっかく、お休み取れそうだったのに。
体調戻してくださいね。
私も、まだ、眼が痛くてあまりよく見えないんですけれど、病院やってないんですね。合間に行っても混んでるし。

> 今回のメロディも鈴薪率高くて個人的にはヒャッホーでした。おっしゃるとおり鈴木と僕だけカッコつき(笑)。薪さんの中では依然鈴木さん特別枠、一番深いところにいるんですかね?

鈴木さんは薪さんの中で特別というか、もう他にはいない人ですからね。
15年くらい一緒にいて、働きだしてからはさすがにいつも一緒ってわけじゃないですけれど、それでも時間も共有していたひとですからね、誰にも代えがたい、そしてもういない…やだー、書いててなみだでちゃう。だからやなの、もう、鈴木さんてば。
あの、かっこって、鈴木さんと薪さんの思い出の話だから、二人にだけかっこが付いているのか、それともそれほど強調したいからかっこなのかどちらなのか、どう解釈したらよいのか悩んでいます。
なんか、青木くん、特別感が今一つ感じられないこの、名前の並び。。
名前が出てきただけいいのか…

> でも、ここまでくると逆に青木が心配という複雑な薪さん至上主義(笑)←レビューでは王子王子騒ぎましたが時々裏で青木を振り返って「だ、大丈夫?」してました^_^;

アホな子、青木ですよ、もう。今や。
あの、天然天使とかじゃなくて、もうアホな子です。
なんて残念な感じがするんでしょう。
鈴木さんに負けるとかじゃなくて(そもそも勝ち負けできる相手じゃないし)、もうちょっとしっかりして!っていうような…

> いや、だってもう、冷静に考えても考えなくても鈴木さんとは過去にいくらイチャイチャしていただいても、思い出していただいてもいいんですが、結局今の薪さんの幸せに直結するわけではないですからね(^^;)直結するのは今回ちょっと肥えた?と思わなくもなかった青木、彼だけですから(;・∀・)
> その辺の進展を期待しなくもなかったんですが、舞ちゃんが会いたがってますよ~?という再訪催促アピールに留まっちゃいましたね…あ、でもこれも結構進展?(笑)

鈴木さんとは想い出でしかもうないんですよね、いくら今もそれが自分を作る基礎となって導かれる感じはあっても。
で、前を向いたとき、そこにいるのは青木くんのはずなんですが、再訪のアピールしかできないんですか―、しかも舞ちゃんダシでという。。。いや、その催促をちゃっかり入れるのが期待できるところなのか、転んでもただでは起きない。
でもなんでしょう、やっぱり残念感がぬぐえません。

> 次からの連載では、またキリッとした青木に戻るといいですね…映画の岡田くんみたいな(*‘∀‘)

期待したいですが…
映画の青木くん設定が、「薪さんに憧れと反発」ってあって。
え―――――!薪さん絶対主義者なのに????
映画でも鈴薪だ。
2016/04/30(土) 19:47:37 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 鈴薪うぇいっ♪
ゆけさん

あれこれお返事遅くてすみません。
ひとつ前の方、ゆっくりお返事させて下さい、ってたいしたお返事でもないんですけれど。
申し訳ないです。l

> ねー、ほんとどうしちゃったんでしょう。過去が垣間見れて嬉しい限りなのですが。
清水さんの中でいつ固まったのかは不明ですが、鈴木のキャラが1巻からブレていないことを考えると、登場しないわりにウラ設定しっかりしてて、作者だけがひっそり楽しんでいたのかもしれません………それをただ今公開中!?

本編終わった時に、鈴木さん描きたいっておっしゃってたみたいだし、鈴木さんのこと本編では少なすぎて描き足りなかったんじゃないでしょうか。
どの程度、設定してあったんでしょうね。
でもきっと物足りない部分を今、描いてらっしゃるんだと、そして読者の?鈴薪熱も熱いの、きっとご存じなんだと思います!

> 私、12巻読んだ時すごいうれしかったのが、「薪さんが生きてたこと」「薪さんが生きる気になったこと」「鈴木がすごい好きだなーと思えたこと」「他いろいろ」だったんですよね(笑) 

確かに、本編読んでいる時は、薪さん、生きてーが、「読者の願いだ」ですものね。完結前から読んでいた方なら特にですよね。
そう考えると、今の薪さんって読者からすると、願いが叶っちゃったってことなんでしょうか。
青木くんと生きて欲しいなぁ、それが薪さんの希望の人だからって思っちゃったんですよね、私。
でも、今の青木くんがあんまり、これで大丈夫?みたいな感じすぎちゃって。

> でも言っても鈴木はもういませんからね。

そこなんですよ!!!!!←強調したい!バンバン
あんまりなんですよ、幸せすぎちゃっても、何かの想い出に「その〇〇か月後」とかが来るじゃないですか。
もう、薪さんが切なくて。まあ、だからこそ、美しい想い出でいられるんすけどね。

> 青木には薪さん以外、見てほしくないんです。薪さんが寂しくないようにずっと薪さんを見ててほしい。たとえ、薪さんがたまにしか振り向かなくても(勝手)。いつ振り向くかわからないけど、振り向いたときは必ずそこにいるのが使命。犬属性の青木にしかできないことかと……。

( ,,>З<)ブプ
犬だなぁ。
で、「非常識なポジティブ」ってどう?
薪さんが寂しくないように、見ていて欲しい、そうです!
でも、今の薪さん、そうやって青木くんが見ているって思っているから、余裕があるのかもしれないですね。
もうすっかり、薪さんも薪にゃんのわがままさだけは出るようになったような。。。
あとは、幸せを受け入れる薪にゃんになってほしいです。
2016/04/30(土) 19:12:14 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: ほんと鈴薪。
なみたろうさん

お返事遅くなってすみません。
GW明けたら眼科行きます。免許更新危うい。

> BON子さんの「あの子心配」に激しく同意(笑)
> ほんと、鈴薪は誰も入り込めない絆が強くて。互いを思いすぎて動けなくて、切ないです( ;∀;)

あの子心配です。本当に。
だれかなんとか言ってやってください、そんなんじゃぁ薪さん思い出に還っちゃうって。
鈴薪はそれくらいの二人なのに、先がないじゃないですか、だから鈴薪は…

> でも以前の償いのために生きて鈴木さんのそばに行きたいなんて言ってた時と違って、こんな甘酸っぱい思い出として回想できるようになったのは薪さんの進歩で、それは青木のおかげ(だと信じたい)
> 今回も「だから今を大切に」みたいな前向きな思いを持ってるなんて知って感動です( ;∀;)

そうですね、前のように償いのような、そばに行く気持ちはもうあたりまえには思ってないようなので。
しかし、前の薪さん、それにしても鈴木さんのこと、「お前は死んだんだ」とか扱いひどかった…
それがこんないい想い出をいっぱい思い出せるくらい、過去になって今を生きているんですね。
きっかけは青木くんなのだと思うんだけど。
でも、あまりに青木くんが心配。大丈夫?アレで?

> もう一歩、だから青木にはあの時鈴木さんに言えなかった想いを伝えて、
> まで行かねーかなー!!(°▽°)
> ガンバレ青木!!

あの青木くん、かわいいっておもってるのか、薪さん??
いじめっ子全開ぶりですけど、それにしてもアホで情けない姿しか…
それだけ、薪さんに余裕があるってことなのかもしれないですね。
ほんと、頑張って、青木くん。
2016/04/30(土) 18:54:14 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 鈴薪♪
たきぎさん

お返事遅くなりました。
眼痛&視力低下でした。

例の情報、ありがとうございました。結構出ているもんなんですかね?
あれで妥当な感じなんですか?
秘密以外あまり興味ないので、高い気もしてしまう…でも欲しいですね。

> みなさんやっぱり同じこと書いてて(笑)、でもメインディッシュはやっぱり鈴薪ですよね。
> 新装版のカラーイラストといい、今回のお話といい、鈴木さんの登場率すごいですよね。一体、清水先生に何があったのか……。

先生、今きっと、鈴薪ブーム来てますよね。
BON子さんのコメントで気づきましたけど、鈴木さんは色気が描けるんですよね。
やっぱりそこじゃないでしょうか。
なんとなく、青木くんでは物足りないというか。
鈴薪描いていて気付いちゃったんじゃない???

> GW、2日と6日はお休みとれなかったので、飛び石になっちゃいましたが、ヤマネ教授が登場するゲーム、開発できるかしら(笑)。

おぉ!
お疲れ様です。
私は、3日の義父のタケノコ堀りに戦々恐々で自宅待機です。←タケノコをゆでるので1日つぶれる…
ゲーム開発、ネタが溜まりますね、私もSSできたら書きたいんですけれど、集中できるかどうか。
2016/04/30(土) 18:24:40 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 鈴薪でしたねー!
BON子さん

お返事遅くてすみません。
昨日、左目眼痛&ほぼ見えないという状態に朝からなってまして。
コメント頂いているのは分かっていたんですが、読めなかったんです。
ほんと、すみませんでした。もともともう視力はかなり落ちちゃってるんですけれどね。

> あ、薪さんの袖まくり&肘下のフェロモン最高ですよね…読んでて激しく同意しました!笑

(〃艸〃) 賛同者がいて嬉しい!
薪さんも、きっと好きですよ、青木くんの腕見てましたもんね。

> 今回の鈴薪で不安になった青薪ストは多いのではないでしょうか?バカな青木と(今井•談)気障で色気むんむんな鈴木さんとじゃ勝負になりません…笑

清水先生自らの鈴薪祭りで。不安です。
気障で色気むんむん←の「むんむん」に(爆)です。
青木くん、色気が足りないんですよねぇ。はぁ残念な人。
そこが違うのか。似てるとか言われながら、どう見ても似ていないのは。妙に納得。

> 鈴薪は、ほんとに誰にも入り込めない絆がありますねぇ。画に出てます。
> 青木が漢となる日が必ず来ると信じていたいけども、今回のでちょっとグラつきました。あの子、心配です(笑)

鈴薪のきずなが深すぎて。ものすごーく深く先生、描いてらっしゃいますもんね。
青木くんは漢になれるのか、ほんとアホの子過ぎて心配ですよ、お母さんとしては。←母としての気分です、すっかり。

> GWはお子さんとの時間ですよね(*^^*)
> お出かけも、どこも人が多い時ですよね。私も後半はどこか行こうかな〜とか考えてます。

まだ、どこにもいってないんですけれど、どうしましょう。
昨日は午前中にお坊さんきたし(義母命日)、私は眼が見えなかったし、今日は宿題やって「ちゃお」買いに本屋に行って、なんやかんやで終わった…
すっかり漫画オタファミリーです。
まだ、地震の影響が残ってますから、お気をつけてお出かけ下さい。
よいGWを!
2016/04/30(土) 18:14:05 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
大丈夫!
本当に清水先生の中で鈴薪まつりが継続中………

でも大丈夫!だって青木くんだから。

もともと薪さん青木くんいじめて楽しんでたし、曽我さんも自分陣地に引き入れようとしてたし……
私は前第九のときみたいで、ちょっと嬉しかったですよ。

うん、まあちょっとあんまりな感じはありましたが……。

青木くんやるときはやる子ですし!

それより、薪さんが「だからこそ今」って思っているというのがとっても進展?進歩?なんじゃないかとおもって。
地味だけど大きな一歩ですよ!

そんなわけで、ちゃんと薪さんには青木くんと向き合っていただいてですね……。前向きに検討していただきたいわけです¡
2016/04/29(金) 11:00:35 | URL | ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA[ 編集]
鈴薪でしたね…(なんかすみません…)
朝早くから不謹慎よねぇと思ったんですが、ヤマネさん6時起き?(笑)では…とお邪魔させていただきました^_^;おはようございます。昨日の参観の後雨に濡れたら風邪ひいたみたいでしんどさで5時過ぎ起きです(笑)GW寝て過ごす羽目になったら最悪です;;;;(病院どこも閉まってるし…)

今回のメロディも鈴薪率高くて個人的にはヒャッホーでした。おっしゃるとおり鈴木と僕だけカッコつき(笑)。薪さんの中では依然鈴木さん特別枠、一番深いところにいるんですかね?
でも、ここまでくると逆に青木が心配という複雑な薪さん至上主義(笑)←レビューでは王子王子騒ぎましたが時々裏で青木を振り返って「だ、大丈夫?」してました^_^;

いや、だってもう、冷静に考えても考えなくても鈴木さんとは過去にいくらイチャイチャしていただいても、思い出していただいてもいいんですが、結局今の薪さんの幸せに直結するわけではないですからね(^^;)直結するのは今回ちょっと肥えた?と思わなくもなかった青木、彼だけですから(;・∀・)
その辺の進展を期待しなくもなかったんですが、舞ちゃんが会いたがってますよ~?という再訪催促アピールに留まっちゃいましたね…あ、でもこれも結構進展?(笑)

次からの連載では、またキリッとした青木に戻るといいですね…映画の岡田くんみたいな(*‘∀‘)
2016/04/29(金) 06:42:51 | URL | eriemama #-[ 編集]
鈴薪うぇいっ♪
ねー、ほんとどうしちゃったんでしょう。過去が垣間見れて嬉しい限りなのですが。

ただどっちかっていうと、鈴木と薪さんガー!というのももちろんあるんですが!最初のきっかけは、鈴木がいて、薪さんが十字架を背負ってなくて、そういう辛くない頃の薪さんが見たいなー、だったんですよね。
なぜか本編が終わるころにはすっかり鈴木が好きでしたけども(笑)

でも清水さん、本編では描けなかったんでしょうねえ~~。
薪さん、そんな状況じゃなかったから……。
清水さんの中でいつ固まったのかは不明ですが、鈴木のキャラが1巻からブレていないことを考えると、登場しないわりにウラ設定しっかりしてて、作者だけがひっそり楽しんでいたのかもしれません………それをただ今公開中!?

私、12巻読んだ時すごいうれしかったのが、「薪さんが生きてたこと」「薪さんが生きる気になったこと」「鈴木がすごい好きだなーと思えたこと」「他いろいろ」だったんですよね(笑) いや、青木とどうこうというのももちろんあるんですが、その前に生きる気になってくれ!という根本的なことが切実だったので……。生きようとさえ思ってくれれば、あとはもう好きにしたらいいよ…的な?(笑)
ここでもう鈴薪を発症してたんですかね!?( ̄▽ ̄)

でも言っても鈴木はもういませんからね。
青木には薪さん以外、見てほしくないんです。薪さんが寂しくないようにずっと薪さんを見ててほしい。たとえ、薪さんがたまにしか振り向かなくても(勝手)。いつ振り向くかわからないけど、振り向いたときは必ずそこにいるのが使命。犬属性の青木にしかできないことかと……。

青木が必ずそこにいる安心感が、薪さんのパワーの源だと思うので!!
(でも猫だから、気が向いたときしかふりむかないんだよね………非常識なポジティブさで乗り切って!!)
2016/04/29(金) 02:36:10 | URL | ゆけ #-[ 編集]
ほんと鈴薪。
BON子さんの「あの子心配」に激しく同意(笑)
ほんと、鈴薪は誰も入り込めない絆が強くて。互いを思いすぎて動けなくて、切ないです( ;∀;)

でも以前の償いのために生きて鈴木さんのそばに行きたいなんて言ってた時と違って、こんな甘酸っぱい思い出として回想できるようになったのは薪さんの進歩で、それは青木のおかげ(だと信じたい)
今回も「だから今を大切に」みたいな前向きな思いを持ってるなんて知って感動です( ;∀;)
もう一歩、だから青木にはあの時鈴木さんに言えなかった想いを伝えて、
まで行かねーかなー!!(°▽°)
ガンバレ青木!!
2016/04/29(金) 01:25:29 | URL | なみたろう #-[ 編集]
鈴薪♪
やっと自分のところの感想が書けたので、駆け足で巡ってます~。

みなさんやっぱり同じこと書いてて(笑)、でもメインディッシュはやっぱり鈴薪ですよね。
新装版のカラーイラストといい、今回のお話といい、鈴木さんの登場率すごいですよね。一体、清水先生に何があったのか……。

GW、2日と6日はお休みとれなかったので、飛び石になっちゃいましたが、ヤマネ教授が登場するゲーム、開発できるかしら(笑)。

2016/04/29(金) 00:28:13 | URL | たきぎ #Qi8cNrCA[ 編集]
鈴薪でしたねー!
あ、薪さんの袖まくり&肘下のフェロモン最高ですよね…読んでて激しく同意しました!笑

今回の鈴薪で不安になった青薪ストは多いのではないでしょうか?バカな青木と(今井•談)気障で色気むんむんな鈴木さんとじゃ勝負になりません…笑
鈴薪は、ほんとに誰にも入り込めない絆がありますねぇ。画に出てます。
青木が漢となる日が必ず来ると信じていたいけども、今回のでちょっとグラつきました。あの子、心配です(笑)

GWはお子さんとの時間ですよね(*^^*)
お出かけも、どこも人が多い時ですよね。私も後半はどこか行こうかな〜とか考えてます。

2016/04/28(木) 23:46:25 | URL | BON子 #7En//y/A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する