小春日和

これから帰るところなんですけれどね、初日にヒマで書いた、ショートストーリーがあるので、あげます。
短いんです。
出来れば、この続きを書いてリベンジしたいという思いもあるんですけれど。ちょっとわかりません。
家に帰ったら、何もできないなぁ。お返事も遅くなるかもです。すみません。

私、SSを書くときは最初と最後を決めて、最後に向かって書くんですが、今回は最後はイメージだけで、文を書かないでいたら、全く予想外に。薪さんに悶えてもらいたかったのに。


可視光線のあと、どんな事を薪さんが考えていたかはそれぞれのみなさんの中にあると思いますので、たぶん、え〜、ってなると。ということで、まあ、そんな解釈もあるのね、と言えそうな、心の広い方だけ、お読み下さい。
薪さん、独白。その1

その2は書けるかどうか、でもリベンジはしたい。薪さんには青木くんの手を思い出してもらいたいから。


以下、捏造の独白編。


ということで、公開して、下で会計して自宅に帰ります♪
(あげ逃げε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘)




*************************************





僕はその日、朝食を終えると、断ったのだが、どうしてもという青木の言葉につい甘え、福岡空港まで青木に車で送ってもらった。


昨日(さくじつ)のことを思うと、恥ずかしくもあるのだが、あの後、青木達と過ごした時間は僕に緊張と新鮮な喜びをもたらしてくれた。

僕は事件以外で子供と過ごすことがない、ということを改めて知ったこともまた驚きだった。
僕は、自分が子供という立場しかほぼ、体験していないということだったのだ。

両親の死の真相を知る為に、僕は僕を保護し共に過ごしている人のことを疑い続けて少年時代を過ごした。だから、そんな罪深さを感じていたし、いつの頃からか、僕は僕が子供を持つということは全く考えることは無くなっていった。
子供のことは決して嫌いではないのだが、自身の子供を持つということは僕自身のことからそれは、無理であるとわかっていた。
だから親としての立場で子供を見て接する、ということは自然と無かったのだと思う。

青木は、どうしたら青木のようになれるのだろう。
舞がいたから?
いや、舞を引き取り、育てるという決意そのものが青木の強さなのだろう。
舞に、自分を父として育てるのではなく、あくまで、伯父として、両親はいると、写真を見せながら育てると言うのは、常に自分自身を正し責を日々胸にし、いつか来る、真実を教える日が来る痛みを感じながら生きるということなのだ。

僕は、わかっていたと思っていた。
でも、僕は何もわかっていなかった。

毎日仏壇に手を合わせ、此処に存在しなくなった存在を胸に抱く。
日々の暮らしの中で、小さな区切りの中で、小さな愛おしい存在の傍に本来存在すべき存在がいない、罪の意識を。

そうして、6年、生きてきたのだ。
本当に責を負うべきは僕であるのに。

青木はこれからも、「父親代わり」として生きてくのだろう。決して「父親」になることをせずに。
僕は?

舞は僕の罪を知らない。知らずに向けてくれた笑顔。
いつか、僕も一緒に受けよう、青木の責を。ふたりで。
その日はそれ程遠くないのかもしれない。

けれど、責だと思っていた存在は、希望でもあったのだということも知った。
あの無垢な、青木に似て自然と誰の心にも入っていくことができる瞳。
動き続け、発することが楽しくてという唇。
艶やかに揺れる髪。

僕は青木しか見ていなかった。
今、僕は、青木が愛おしむ存在を僕も愛おしく思う。

あの、笑顔を守る一人に僕もなりたい。共に。


青木は、空港で別れ際、いとも簡単に言った。
ではまた今度。

だから、僕も。
ああ、また今度。


『今度』はいつになるだろう。
でも、もう、『今度』は、叶わぬいつかじゃない。
きっと近い、当たり前の、いつか。

福岡から東京まで、澄み切った青空が続いていた。





あれ、青木くんの"がしっ"を思い出してもらうはずだったのに、全然違うこと考えてるよ、薪さん…
次回、思い出してもらいたい。リベンジなるか…

Comment

Re: 素敵なおはなし…

BON子さん

お気遣いありがとうございます。
なんやかんやで連チャンでお誕生会のような感じで疲れました←マジで。

> 薪さんが青木くんの生き方をある種尊敬している。

そう、薪さん、青木くんだけじゃないですけれど、それぞれの生き方とか、考え方を真っ向から反対っていう人じゃないんですよね。そういう、深さみたいなのがある人なんだと思います。
なので、青木くんも単に好み♪というだけじゃなくて、青木くんの生き方、その姿勢みたいなものを認めているんだと思います。
そこを含めて青木くんのことが好きなんだと思います。

> 舞ちゃんが「希望」。素敵です。
> 私、青木くんが舞ちゃんを育てることになった時に、もの凄く不謹慎ですが!あぁ、薪さん子供を持つことできるかもしれない…と思ったんですよ。不幸な事件から生まれた関係だけど、何か新しい絆のような。

まぁ、素晴らしい。私、全然考えませんでした(相変わらず読み方浅っ…)
そうですよねぇ、薪さん、子供持てませんもんねぇ←決めつけるな
でも気が付けば、舞ちゃんも6歳ですよ、早くした方がいいです。
やっぱり『子供』の小さいときの無条件でのかわいさっていうのは、失われていくものですから(しみじみ…)

> そして、青木と……すみません、なみたろう師匠の突然腐る技に感銘を受けたのですが
> 浮かばず…笑(やめときゃいいのに)

えー、残念(←そこに反応?)
BON子さんの妄想ワールドにぜひ、また飛んでください(〃艸〃)

2016/03/22 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: No title

けいさん

お気遣いありがとうございます。
退院してやっと少し動けるようになってきました。
お返事遅くなり、すみませんでした。

> 薪さんの未来を変えていくのは
> 前に進む力になるのは、
> 舞ちゃんという存在なのではないかとすら
> 思っております。希望も込めて。

薪さん、強気だけれど、自分のことは抑えてしまうから。
何か、誰か、が動かさないと、動かない…
青木くんも微妙な感じなんで(え?)、岡部さんもどうよな感じで(ヒドイ)、こうなったら舞ちゃんしかいません。
舞ちゃん6歳に期待をかけるという…(笑)
早くと思う反面、このもどかしさが薪さんなのだという楽しみでもあるような。
青木くんの考える家族、薪さんの考える家族、いつか交わるといいなと思います。

2016/03/22 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: 退院おめでとうございます

eriemamaさん

お返事が遅くなりすみません。
いろいろお気遣いありがとうございます。

自宅に帰ってからちょっとダルくなってしまい…
この数日、横になっただけのつもりが、眠ってしまっているような状態でした。
あまりにひどいので、めまいの薬をやめています。

さすがにやることが溜まってまして(-_-;)、やってくれていたんですけどね、でもね、って感じです。
ゆっくり戻していきたいところですが、今日を含めてあと3日!で春休み…

> 薪さんは今後、今までの離れて見守るスタイルを変えてくれるでしょうかね?似た境遇を経てきた桜木さんと向かい合った経験がどんな風に作用してくるのか、薪さんの青木への態度、気持ちがどんな風に変わっていくのか…一番気になるところです(事件をよそに^^;)。

事件をよそに!!まさに!!(笑)
今回の事件は、薪さんのプライベートな部分を見つめなおす(誰もそんなこと考えているとは思わないだろうけれど)一つのポイントとなるのではないかなぁと思います。
とはいえ、薪さんですからね、甘くない。
いつになったら、自分の気持ちを少しでも出せるようになるのか、これからも見守りたいです(大きなお世話)。

2016/03/22 | ヤマネ[URL] | Edit

素敵なおはなし…

ヤマネさん、ご退院おめでとうございます!
今夜は、お子様のお誕生日仕切り直しでしょうか?(^ ^)

そして、素敵なお話をありがとうございます。

薪さんが青木くんの生き方をある種尊敬している。というのが、なんて言うんでしょう、ヤマネさんが言葉にされると、すんなり入ってきて感動しました。行間読んで思うことにズバリ!という感じです。

舞ちゃんが「希望」。素敵です。
私、青木くんが舞ちゃんを育てることになった時に、もの凄く不謹慎ですが!あぁ、薪さん子供を持つことできるかもしれない…と思ったんですよ。不幸な事件から生まれた関係だけど、何か新しい絆のような。

なので、こちらを読んで震えました(喜び)
薪さん、ほんとにこんな風に思い始めるはずだと思います!(確信)

そして、青木と……すみません、なみたろう師匠の突然腐る技に感銘を受けたのですが
浮かばず…笑(やめときゃいいのに)

失礼しました。

2016/03/19 | BON子[URL] | Edit

No title

やまねさん、ご退院おめでとうございます!

うんうん、うなずきながら読ませていただきました。

薪さんの未来を変えていくのは
前に進む力になるのは、
舞ちゃんという存在なのではないかとすら
思っております。希望も込めて。

薪さんの想いはやまねさんの書かれているような想い
そのもののように感じるほどに共感しました。

青木君の考える「家族」というものを、
今回薪さんは青木君の実家に行くことで
感じられたのではないかなと思います。




2016/03/19 | 柏木 けい[URL] | Edit

退院おめでとうございます

退院おめでとうございます。もう微熱は引きましたでしょうか?術後に元気なんてこともないと思うんですが、とりあえずお元気そうで良かったです。今頃は留守中の分お子さんにべったりされてきっと大変でしょうね(笑)旦那様も同居のお義父様もお疲れなのでは(⌒-⌒; )

薪さんは今後、今までの離れて見守るスタイルを変えてくれるでしょうかね?似た境遇を経てきた桜木さんと向かい合った経験がどんな風に作用してくるのか、薪さんの青木への態度、気持ちがどんな風に変わっていくのか…一番気になるところです(事件をよそに^^;)。

また今度、が当たり前になっていくと、ほんとにいいなぁって思います(^^)今回もあたたかいお話、ありがとうございました。

2016/03/19 | eriemama[URL] | Edit

Re: いいお話~( ;∀;)

なみたろうさん

>ヤマネさん退院おめでとうございます!

ありがとうございます。グータラしております(笑)
結局、朝9時半頃に自宅に電話したら朝御飯食べてないとか言うんで(義父はパンを食べて仕事にいったらしい)、パン屋に寄ってから帰りました。
コアラの顔が付いたミニチョコパン&ホイップ入りメロンパンで息子の懐柔は成功した!←安い。ぷぷ。

>舞ちゃんが「責であり、希望でもある」ってところに首がもげるほど頷きました。

マッサージ……モミモミ
薪さん、受け入れて良いんだよー、そして、舞ちゃん自身は、そんなのお構いなしにスクスクと育って欲しいです。

>きっと今までも青木の手紙やら写真やらでそう感じていただろうけど、あの対面で薪さん自身にとっても希望として存在するようになったのでは。

今までのってどこか観念的というか、陰ながらこっそり見守るだけだったと思うんです。もう一歩、手を伸ばせるところまで来てくれたらなぁ 。

>て言うとホームドラマ化しそうですが、それは薪さん自身の背負ってるものを正面から向き合って受け止めていつか消化して幸せになるための一歩な気がする。

ここでこそ「家族だ」です。
支え合って、繋がって、手を差し出せる、それでもういいと思います。

>そうやって柔らかくとけた薪さんをちょうどいいところで青木君にですね、←突然腐る。

ええ、夜にはもう、それは美味しく……← 以降、腐につき自主規制

2016/03/19 | ヤマネ[URL] | Edit

Re: むしろ

Sさま

嬉しいです。原作からこちらに落ちる感じなんて。おそれ多いです(汗)

そうですね、これはオリジナルSSじゃなくて考察なんですけれど、多分に私の希望的解釈が含まれています。

色々お褒めいただいてもう、滝汗……

12巻ラストで、薪さんが写真をみて二人を「まもりたいもの」として受け止めたんだと思うんです。
でも、それは「遠くからそっと見守る」ということだったと思います。ささやかに慎ましく。

でも、青木くんの家に行ってみたら、そんなに軽いものじゃないし、かといって苦難というものでもない。
そして、舞ちゃんの屈託のなさ。
もっと近づいてもいいと感じて欲しいな、そう思いました。
薪さんが正面から向き合ったら、きっと舞ちゃんに対しては、青木くんだけじゃなくて「共に」って考えてくれると思いたいです。

薪さん鍋パーティin青木家→お泊り は確定事項です!!
(清水先生、すみません……)

退院への心遣いありがとうございます。
もう、お気遣いなく( 〃▽〃)
治療に関しても、こんな公のところで書いちゃってるので、ご心配なく。
まあ、なんとかなるんじゃね?、くらいです。←いいの??

私、ホントに手抜きのグータラです(笑)
全然尽くしてないもん←どうなの?
まわりに恵まれてるんです。感謝。

真面目で真摯‼……また、滝汗です(笑)
ゆるゆる、復帰します。
いつもありがとうございます。
お互い無理せず、出来る範囲で。そして、息抜き大事♪

2016/03/19 | ヤマネ[URL] | Edit

いいお話~( ;∀;)

ヤマネさん退院おめでとうございます!
…って今ごろ大変ですよね( ;∀;)
のんびりでいいので、また遊んで下さい。

舞ちゃんが「責であり、希望でもある」ってところに首がもげるほど頷きました。
きっと今までも青木の手紙やら写真やらでそう感じていただろうけど、あの対面で薪さん自身にとっても希望として存在するようになったのでは。
一緒に舞ちゃんを守って行こうと思ってくれたら嬉し~~。
て言うとホームドラマ化しそうですが、それは薪さん自身の背負ってるものを正面から向き合って受け止めていつか消化して幸せになるための一歩な気がする。
そうやって柔らかくとけた薪さんをちょうどいいところで青木君にですね、←突然腐る。

2016/03/19 | なみたろう[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/19 | [] | Edit

        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR