「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
| Login |
初雪(薪にゃん)
2016年01月13日 (水) | 編集 |
今年になっても相変わらずのグータラですみません。

新装版の3巻の感想、やってますけど。。。まだです。

昨年、PCの調子が悪くてHDを変えたりなんなりで、バックアップを取っていたのを先日、ちょいと夫に「himitu」フォルダがバレまして、なにこれ?って言われて、めっちゃ焦りました。
とりあえず、以前、清水先生の英語版インタビューの記事のファイルを解凍したものだったので、事なきを得たのですが、もう一個のフォルダが下書きフォルダで危うくという…
たぶんですけど、前回のRはまだバレていないと思う…
その晩は夫が寝るまで、私も起きて決してPCに触らせないようにしましたよ。ふぅ。

今は削除したりして大分いいんですけど、まだちょっと危険。
いくつか感想を書いている途中の原稿があったりまあいろいろ。
フォルダ名を変えたりなんなりしております。

って、そんな日常はどうでもいいですね。前置き長くてすみません。

そんなこんなで、本編3巻目の感想、まだ途中っていうか、途中まで書いていたの7月だった。書いてる途中で鈴薪祭りに参加しちゃってそれっきりだな。明日から本腰入れて頑張ろう、と思う←思うだけ

今日は、創作です。
Rは無いです。だれでも大丈夫、軽くかわいい薪にゃん&青木犬。
完全創作で、原作考察系の創作ではありません。

まあ、薪と名のつくものであれば何でも食べます、という方向きです。

先日、なみたろうさんが描かれた薪にゃんイラスト「初雪」をみて、イメージしました。

いやん、なみたろうさんの絵を汚さないでという方、すみません。

なみたろうさんのイラストはいつも、薪さん愛にあふれていて、かっこいい薪さん、かわいい薪にゃん、エロい薪さん&薪にゃん…
いつもごちそうになっています。ありがとうございます。
きっと皆さんも大好きな、なみたろうさんのイラスト。

ご承諾いただけたので、UPさせていただきました。

なみたろうさんのサイト:なみたろうのブログ
創作の元イラスト:薪にゃん(初雪)


**2016/02/01 追記**
 なみたろうさんに、追加のイラストをいただきました!
 挿絵にして追加させていただきました。
 元のイラストはこちら→薪にゃん(ヤマネさんの初雪)

***追記終了***


なみたろうさん、ありがとうございました。こちらです。
薪にゃんが可愛すぎて、珍しくカワイイ系ですヨ(^_-)
え?続き……



《補足》
※はじめましての方!いきなり「薪にゃん」って何??で、すみません……

『薪にゃん』とは:
一部「秘密」ブロガー内で薪さんを擬猫化した存在。
猫耳と尻尾は共通で存在しますが、あとは自由。
薪さんって猫っぽいからよね、から始まり、薪さんができない、薪さんにはさせられない、アンナコトコンナコトをさせちゃったり言わせちゃったり。
二次創作万歳な原作非公認のツンデレキャラ。

なみたろうさんのところの薪にゃんは、青木くん(人間)に飼われて?実地経験を仕込まれ中。イタズラがすぎると『お仕置き』されます(///∇///)
(『season0 創世記』の「実地の経験はない」の薪さんの台詞から。マニアックですみません…… )

以下の創作では「僕=薪にゃん、オレ=青木くん」ですが、薪にゃんにとっては青木くんはお世話係なので、犬扱いです。




**************************


猫より犬のほうが偉いなんて誰が決めたんだ。
なんで僕が犬の言うことを聞かなきゃいけないんだ。


だって、朝から雪が降っていたから。
あまりに綺麗だったから、外に行きたかったんだ。
空を見上げたら、僕のことを呼んでいたんだ。
おいで、おいで、そんなお部屋にこもってないで、出ておいで、って。

それなのに、僕の犬はダメだっていうんだ。
手が冷たくなって、しもやけができてしまいますよ。
かわいい膝小僧がカサカサに真っ赤になりますよ。

そんなこと、どうでもいいのに。

風邪をひいて熱が出ますよ。
咳も洟も出て、喉が痛くなりますよ。
だからお部屋にいましょうね。

なんて。


だから僕は悲しくなったんだ。
そして空にこういったんだ。

僕が外に出るまで、止まないでって。


僕はずっとずっと窓から外を見ていた。
ずっとずっと動かないで。



どれくらいたったのだろう。
僕の犬がやってきた。


少しだけですよ。
着替えますよ。さあこっちに来てください。

僕はセーターを脱がされた。
くしゅん。


オレはその白い肌がほんのりピンク色に染まるのを気付かないふりをしなくちゃいけなくて、急いでオレの綿シャツを着せた。
綿シャツのボタンを留めると、またセーターを着せた。少し暖かくなったみたいだ。
袖口を折り返してやる。細い手首が覗いた。
隠れているとはいえ、何も穿かずに外に出たら風邪をひいてしまう。

外出用に買ってあった長の短めの下着とローライズのパンツも穿かせた。
コートにマフラー、手袋、猫耳付きの帽子を被せ準備万端に整えた。
できる限り肌を出さないように。

さあ、これで外に行けますよ。
でも、少しだけですからね。あまり冷やさなように。


玄関では薄茶色のムートンブーツがちょこんと置かれていた。
足を入れるとほわっと包まれるように、柔らかくて気持ちがよかった。
僕は思わず玄関のドアに手をかけた。

が、犬がすぐに僕の手の上から待ったをかけた。
邪魔な、犬め。
僕はすぐに外に行きたいんだ。
雪がやんでしまうかもしれないじゃないか。
早くしろ。


いいですか、公園まで遊歩道を歩きます。
公園を一周したらまた遊歩道を歩いて帰ってきます。
わかりましたか。

興奮して、しっぽを出したり、帽子を脱いだりしてはいけません。
お約束ですよ。
もし、守れなかったら、そこで外出は終わりです。
いいですね。

ああもう、しつこい、五月蠅い。
でも仕方ない。
僕は、うん、と返事をした。
公園まではほんのわずか。それでもこの雪の中を歩けるのであれば。


外に出ると、もう5センチほど雪が積もっていて、歩くときゅきゅっと音がした。
間もなく、雪は止み、少しだけ日が射して誰も歩いていない、白い雪が眩しかった。
雪の間の地面から小さな花が見えて、寒そうだったけど、そんな景色も楽しくて僕は上を見たり、下を見たり、右を見たり左を見たり、忙しかった。

公園までは、僕の犬が僕の手をつないでいたから、僕は自由になれなかったけれど、僕の歩く速さに合わせ、僕が止まると止まり、僕がしゃがむと一緒にしゃがんだ。
僕らは同じものを見て、同じ冷たさを肌で感じたんだ。


よほどこの雪の中を歩くのが楽しかったのだろう。
オレが一人で歩いたら、5分くらいの距離なのに、公園まで30分以上かかっていた。
公園で手を離すと、オレの目をじっと見たから、微笑み返すと、にっこりして駆け出して行った。

ゆっくり歩いて追いかけたが、途中で見えなくなって焦って周りを見渡した。
パシッ、っと何かが背中に当たった。

クスクスッと声がした。

もう一度、飛んできた。
でも今度は避けられた。

ちぇっっと悔しそうな声がして、身軽に翻して、また走り出していった。

オレは慌てて走り出した。こんな雪道なのに、思いのほか素早くて、なかなか追いつけない。

見失ったか、と思ったら、池の前の柵に寄りかかって噴水の上の空を眺めていた。
また少し、雪の降りだした空に吸い込まれていきそうだ。
白い頬がほんのり染まって、白い景色のなかでどこにいても見つけられる、そう思えた。あまりにその横顔が美しくて、近づけなかった。


初雪


立ち止まって僕のほうを見つめている、犬がそこにいた。
犬はもっと雪が大好きで、外を走り回るんだろ?
なんだ、僕より遅いじゃないか。

僕は僕を見つめる犬がそこにいたから、駆け寄った。


すっと、抱きしめられた。

汗をかいてますよ。このまま冷えたら風邪をひきます。
なんてまたいらぬことをいう。つまらない。

だから、一緒になんていてやらない。
そう囁くと、また走り出した。


今度は見失わないように、そう思って、最初から駆けて追いかけた。
オレのほうをちらちら振り返りながら、クスクス笑って逃げていく。
何もかもがどうでもいいくらい、その笑顔が嬉しくて楽しくなった。
低木の間から時々覗く、彼の肩や猫耳帽子を追いかけ、二人で走り回った。

やっと追いつき、腕に捉えたとき、振り返った彼の小さな頭から、猫耳帽子が雪の上に落ちていった。彼の髪に雪が次々と舞い降りていった。柔らかい耳がピクンと動いた。

オレは猫耳帽子を拾い上げ、雪を払うと、タイムアウトですよと言って、彼の頭に帽子を被せた。

ちょっと悔しそうに、でも次に満足げに微笑んだ。


先ほどからまた降り出した雪が少し強くなって、僕の犬のメガネにも雪が着いていた。
だから帰ろうって思った。

帰り道も僕の犬と僕は手をつないだ。だけど、今度は僕のほうから手をつないだ。
初めての雪はきれいで冷たくて、楽しいものだった。
またきっと。
だからちゃんといい子にしなきゃ。


遊歩道の終わりで僕は、もう一度だけ、空を見上げた。
ありがとう。楽しかったよ。またね。
犬とも遊べたよ。
空は雪を降らしながら、僕の胸の中の声を全部吸い上げていった。


玄関を開けると、上機嫌だったはずの彼は、暑い暑いと言い出した。

お姫様はいつでもわがままだ。
でもそんなお姫様がたまらずかわいくて、許して傅いてしまう。

はいはい、では、マフラーと手袋から。
コートを脱がすと、ズボンは嫌いだという。

そしてさっさとズボンを脱いでしまった。

汗をかいたから、お風呂に入る。
そういうと、セーターもシャツも全部脱ぎ捨てて浴室へ行ってしまった。

ああもう、これ以上ない、わがまま姫。
お風呂を沸かしてあるのも当たり前に思ってるんだから。

脱いだものも脱ぎっぱなしで。

オレは服を拾い集めると、洗濯機に向かう。

自分の服も全て脱ぐと、浴室の扉を開けた。

こんなお行儀の悪いわがままな猫は、お風呂でも、お風呂を上がっても、たっぷりお仕置きですよ。

そういうと、耳ぎりぎりまで湯船の中に沈み込んで隠れた。
その耳の内側が赤くなっているのは、外が寒かったせいでも、走って暑くなったせいでも、お風呂で温まったせいでも、じゃない、きっと。
不満げな泡が、水面にブクブクと浮かんだ。

オレは可笑しくなって、その泡の一つを突いて割った。



コメント
この記事へのコメント
Re: 綺麗なお話ですねぇ
eriemamaさん

>白い景色の中じゃれ合う2人が目に浮かびますね(*^^*)

ふふ。あのなみたろうさんの薪にゃん、かわいくて、ちょっと意地悪。でも青木くんのことは本当に好きなんだと思いますよ。だから、結局、いつでもどこでもじゃれあってるんです( 〃▽〃)
でも薪にゃんだって薪さん並に甘くない(笑)

>ワンコの方(笑)は、目の前の人が綺麗すぎて近づけない、これほんと青木っぽいですねw

青木くんはたまにポエミストになりますからね。それなりに自分の世界に入っちゃうんです。目の前にしながら。
ええもう、お互いええ加減にせいや……

>そちらは今週結構な雪なのでは…。

の、はずなんですけど。
今日は夕方まで雨とミゾレでしたが、その後は暴風のみ!
気圧が急激に下がりつつあったみたいで、胸の圧迫が酷くてダウンしました。
早く雪か雨降っちゃって欲しいです。
雪が降ってもまたべちゃってして重そう。普通の積もる雪がこの冬はまだないです。こんなに初めて!

結晶の見れる雪は山の方へ行かないと。家の辺りではたまにしか見られないですね。東北のようなきれいな雪、羨ましい!あれ、ホント、痛いけど(*_*)

eriemamaさんも色々大変だったようで。
まわりの力、もっともーっと、頼ちゃっても良いんですよ、きっと。うん。
休息が取れますように。
2016/01/18(月) 23:59:20 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
Re: なんとかわゆいファンタジー…
ゆけさん

またお返事お待たせしてすみませんでした。ダウンしてた……根性と体力増強を今年の目標としたいです。

>外に出るまでは、清水さん初期作品の高見とアイリがよぎっちゃいましたよ!

あら、本当に?ありがとうございます。先生の作品、どれを読んだのか昔のは記憶が定かでなくなってて。

>外に出てからは、少年感が満載で、あー…薪さん、あんなことがなければきっとこんな天真爛漫な子供時代を送れたんだろうな……なんて、なんだかメランコリックな気持ちにも…(/ _ ; )

薪にゃんが、ショタすぎだったようなー。ああどうしよう、少年感……
続き書いちゃったらマズイのか……←気になるとこ、そこ??

あのジェネシスのときのお子さまのつよしくん、天使でしたよね。両親の愛情を一身に受けて。あのままだったら、今の薪さんとはきっと違く成長したんだろうなぁ。

はい、薪にゃんは青木くんの過剰なほどの愛情を受けていますから!きっと幸せ。そう信じてます。←の、割には「お仕置き」&「お仕置き待ち」
2016/01/18(月) 17:45:36 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
綺麗なお話ですねぇ
白い景色の中じゃれ合う2人が目に浮かびますね(*^^*)
絵本の中の世界みたいなのに、「邪魔な、犬め」なんてとこが甘すぎなくて薪にゃんらしい(笑)

ワンコの方(笑)は、目の前の人が綺麗すぎて近づけない、これほんと青木っぽいですねw
眩しすぎて、とか綺麗すぎて、とか…薪さんからすれば青木の方がそうなのだろうけれど(^^;;この二人ってばお互いに…もう、好きにして(笑)

そちらは今週結構な雪なのでは…。うちの地元では降っても粉雪みたいなのとは違ってべちゃっとしていることが多くて、たまに積もってもすぐ溶けちゃいます。まぁそもそもほとんど積もることなんてないんですが…お話を読みながら、昔雪国に旅行で行った時見た雪の結晶を思い出してました。あの時の雪は本当に綺麗で、コートについた雪を、見てみ、結晶が見えるよ、って教えてもらって見たんですけれど…未だに印象に残ってます。すごい吹雪で痛いくらい寒かったのに一瞬忘れました(笑)思わず「持って帰りたい!」って言って笑われましたよ(⌒-⌒; )

2016/01/18(月) 01:18:39 | URL | eriemama #-[ 編集]
なんとかわゆいファンタジー…
外に出るまでは、清水さん初期作品の高見とアイリがよぎっちゃいましたよ!
高見→アイリの世話係、見返りを求めない慈しむような無償の愛情
アイリ→星が買えるほどの銀河系超お金持ちの無菌室お嬢様
なんですけども。2人の子供時代を見てるみたいでした…いいですねー(しみじみ)←いろいろ倒錯している

外に出てからは、少年感が満載で、あー…薪さん、あんなことがなければきっとこんな天真爛漫な子供時代を送れたんだろうな……なんて、なんだかメランコリックな気持ちにも…(/ _ ; )
でもきっと!その分も青木が薪にゃんを愛してくれるから!!…ですよね?( ´▽`)
2016/01/17(日) 01:16:38 | URL | ゆけ #-[ 編集]
Re:
たきぎさん

もうね、なみたろうさんの薪にゃん、だいぶイメージ出来上がってますものね。よかったー。ふう。

>お母さんといえば岡部さんの専売特許かと思ってたら、薪にゃん相手なら青木くんもイケるじゃないですか♪

にゃんたろーさんにコメントいただいて気づきましたよ。青木くんもイケますね!あ、でも下心があるのか(笑)

>耳が真っ赤になってる理由が……え? 言葉責め? 高度だわ~www
>お仕置きも是非よろしくお願いします。

『お仕置き』が薪にゃんのキーワード……
ってお仕置き編、なみたろうさんのところで「ファンタジー」って言ってもらったのに。いいの?(笑)

>紙芝居おじさーん!! ←同じく呼んでみた(笑)

本家、紙芝居おじさーん!!←オイ
2016/01/14(木) 22:22:36 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
Re: ラブラブですね
にゃんたろーさん

>かわいー!薪にゃん!

よかったー!
なみたろうさんの薪にゃんは本当にカワイイですからねー。

>そっと寄り添う青木犬もいいですね。
>途中の青木犬がまるで小さい子とお出かけするお母さんなんですけど!

はははっ(笑)
お母さん、ここにもいた!
薪さんのお母さんは岡部さん、薪にゃんのお母さんは青木犬。
心配性のお世話係です(*´∀`)

>そしてなにげに最後全部服脱いでるし!(笑)

二人ともー( 〃▽〃)
うんもう。
この後、お仕置きは決定事項ですから!
2016/01/14(木) 22:00:57 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
なみたろうさんのイラストのイメージまんまのお話ですね。エロ可愛い♪

お母さんといえば岡部さんの専売特許かと思ってたら、薪にゃん相手なら青木くんもイケるじゃないですか♪

耳が真っ赤になってる理由が……え? 言葉責め? 高度だわ~www
お仕置きも是非よろしくお願いします。
紙芝居おじさーん!! ←同じく呼んでみた(笑)


2016/01/14(木) 21:59:28 | URL | たきぎ #Qi8cNrCA[ 編集]
ラブラブですね
かわいー!薪にゃん!

そっと寄り添う青木犬もいいですね。
途中の青木犬がまるで小さい子とお出かけするお母さんなんですけど!
ふふふ。微笑ましいですねー。

そしてなにげに最後全部服脱いでるし!(笑)

2016/01/14(木) 18:27:41 | URL | ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA[ 編集]
Re: ふー、ふー、ふー。
なみたろうさん

>一番乗りゲットです!(待ってた)

待っててくださったとは!
ありがとうございます。ちょっと誤字があって直してました。

>いひゃーん、めっっっっっっちゃくちゃ可愛いですよおおおおおおお!(≧▽≦)

よかったです。ホッ(ノ´∀`*)
あのまんまるお目目のカワイイイメージが崩れないように、できましたか。

もう、なみたろうさんのところの薪にゃんの印象のまま、書きました。だからきっとなみたろうさんの薪にゃんが可愛いんです♪

>「僕の犬」ってあなた…飼われてるんだかお世話させてるんだか。

薪にゃん的には青木くんはお世話係ですよ!だって、にゃんだから。ふふふ。

青木くんもお姫様扱いして、お仕置きしながらも、下僕なんです。ワンコだから!大事で大事でたまらないでしょうね♪

>あーもうこのままこの続きの夢見たい!薪にゃんぜってーおしおき待ちだし(笑)

紙芝居おじさーん!!←呼んでみた(笑)
お仕置き待ってる、うん。待ち(///∇///)
続き?どうかな……

>あと、このお出掛けファッション可愛いですね( ´∀`)んもう、技術が許せば描いてみたいです。

なみたろうさんが描いたら、すんごく可愛くなりそう!楽しみ。

>こんなにふくらませていただいて、ほんとにありがとうございました!

いえ、こちらこそ、いつもネタにさせていただいてありがとうございます。
2016/01/14(木) 00:07:55 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
ふー、ふー、ふー。
一番乗りゲットです!(待ってた)
いひゃーん、めっっっっっっちゃくちゃ可愛いですよおおおおおおお!(≧▽≦)
うわ~感動しちゃった、なんか薪にゃんファンタジーになってる。薪さんエッセンスもあるし仔猫のやんちゃさと青木ラブの裏返しの意地悪も、全部可愛いです!「僕の犬」ってあなた…飼われてるんだかお世話させてるんだか。

青木も大切で大切で堪らなくて、逃げていってしまったらどうしよう的な、綺麗な肌にしもやけ作ったらどうしよう的な、で時々美しすぎて時間が止まっちゃう感じ、いいですね~キュン死にできそうです。

あーもうこのままこの続きの夢見たい!薪にゃんぜってーおしおき待ちだし(笑)
あと、このお出掛けファッション可愛いですね( ´∀`)んもう、技術が許せば描いてみたいです。

こんなにふくらませていただいて、ほんとにありがとうございました!
2016/01/13(水) 23:27:46 | URL | なみたろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する