「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
| Login |
映画「秘密」は
2015年11月30日 (月) | 編集 |
いろいろ、みなさんの配役イメージやご意見をうかがって、面白かったです。

私はねー、なんだろう、最初いろいろモヤってたんですけど、今はすっきり。

なんでかというと、すっかり思い直したんです。

映画は、いっぱいお金と人を掛けた、商業目的の壮大な

「二次創作」

なんだって。しかも作者公認の。
まるでルパンやガンダムじゃん。。。

私、二次創作好きだし。皆さんの読んで楽しいもん。
あおまきすとだけど、薪さんが結婚してても、子供がいても、年取ってても、「にゃん」でもいいもん。二次創作なら。
そもそも「薪にゃん」最初にお話化しちゃったの私だし。
そりゃ、ラブいの読みたいです、二次創作では。でも意外とイケルんだな、なんでも(笑)
ってことで心を強く持つことにしました。

たっぷり愛情もって作られたものなら、きっと「二次創作」はイケルんだと思います(私の場合)

ま、大沢監督の「秘密」愛がどんな愛情なのかはわかりませんけど。←ダメじゃん


て、ことで、あれこれぶつくさ長々と言っているだけなんですけど。お付き合いいただければ。





**************************


ストーリーは、なんとなくですが、いろいろなこと詰め込んでいる気がします。
精神科医が出たことで、薪さんのトラウマは精神科医とのやり取りで回想シーンとか。
貝沼の事件があって第九の職員が皆亡くなって、鈴木さんは薪さんが撃ったと。

多少貝沼の話もあると思うんですけど、あくまで薪さんのトラウマの説明的で。
だから貝沼が事件に至った訳、その心理なんてのは、私や、にゃんたろーさんのところで沼ったようなもんじゃなくて、あっさり、
「万引きを責められず施しを受けて、倒錯した愛(もしくは歪んだ感情)から薪さんに似た少年を次々殺害し、その手口が残虐で貝沼脳を視た捜査員たちの精神を狂わし、死に至らしめた。鈴木も狂い、薪に銃を向け薪は鈴木を撃った」
的な、床屋で待ち時間に読みましたくらいのサラッとしたもんじゃないかなぁ。
これだって決して間違いじゃないから。

ただもっと深いよね、貝沼も鈴木さんももっともっといろんな理由があってさ、って言うところなんですけど、チャッと読んだだけならこんな感じ?みたいに纏められるんじゃないかなぁ。
だってあんなに深い理由とかって、映画で2時間程度の枠でって無理だと思う。そこだけに拘ればいいけど。エンターテイメント映画としては重いと思う。(純文系の映画でミニシアターならね)

事件としては、絹子の事件がメインなのかな。
絹子のキャスト発表はされてないですけど。
あれ、MRIがあって初めて事件の真実がわかるって、MRIあってよかったね、的な部分がありつつ、犯人がわかっているのに、絹子の罪を問えなかったりとか、最終的にZIP(犬)のMRIで衝撃の事実(絹子が殺害した男性たちの遺体の在処)がわかるとかドラマとしても面白いと思います。
またあのエンディングが秀逸なんですけど、かなりアレンジもされちゃうでしょうから、無くなるかも。あれ、青木くんの成長物語的な部分があるので、映画は薪さんがメインだから。
それと、「秘密」のテーマである、人の本当の内に秘めた気持ちは誰にもわからないとか、知られたくない秘密があるとか、秘密を知ってでどうなる/どうするという様々な要素が含まれていて、いいのかなと。青木の家族話は省かれそうだけど。

父親からの強姦も、未成年者が連続で殺害するのも最近の映画やドラマでは全くないわけではないので、それほどタブーではないのかもしれません。
ただ、父親に見せつけるように男性を自宅に引き入れて情事を重ねていたところとかは、そのままやるのかなぁどうでしょうか。

でもどうしても「所轄の刑事が重要な役」とか、「アジア系外国人のエキストラさんたくさん募集」とか「廃墟」とか、「古時計の屋敷」とか、「海」とか「森」?とか「プール」とか、まったくどうつながるのかわからない。。。
せいぜい「森」が絹子が遺体を放置した物置に行く道?とかしか無理。
まして「近未来」とか拘った「コスチューム」とかになると???


大沢監督が「秘密」という材料を使って、映画としての面白さ(映像や短時間での集約した内容や、キャスティング)を考えたとき、どんなものができるのか、そう考えるとちょっと距離を置いて、楽しめるような気がします。
私は今まで発表されたキャストで、好きな俳優さんが特にいるわけではないので余計に、離した見方になるのかもしれません。
あ、逆に嫌いな俳優さんも出ていないからかもしれません。。。

できれば、無理に似せたりしないでほしいなぁ。いろんな面で。かえって比べてがっかりしちゃうから。
だって薪さんが絶対に無理な人なんで、そういう設定(天才第九室長で美形でトラウマ持ち、華奢とかは諦めて)だけでもういいやって気がしてるんです。
漫画じゃなくて小説からの映像化だと、いくら本文中に書かれていてもやっぱり読む人によって、登場人物や場所のイメージとかって千差万別だと思うんです。だからそんな感じで。
ビジュアル、映像的には、一旦、薪さんを含めて設定を文章にして、それを映像化したと思った方がいいのかなと。

とかなんとかいいつつ、すみません、意外と松坂桃李くんのクランクアップかな、の写真の鈴木さん、ワイシャツ開襟+ネクタイ&袖まくりとがっしりした体型(とくに腕の筋肉具合)が鈴木さんぽくて、薪さん好きそうで…、よかったです!

ストーリーもどこかにポイントを絞らないと尺に収まりませんし、見る人の注意も引けないですから、他は浅くしちゃうと思います。
そもそも、「秘密」は読む人によって、解釈や見方が分かれる話でもあって、絶対にこれが正しい解釈っていうのがないものだと思います。
原作を読んだ人はどうしても自分なりの想いがあるので納得いかないけれど、原作を読んでいない人が映画単体でも楽しめるものがまた、エンターテイメントとしての「映画」でもあると思います。

それを作る人がどう考えてアレンジして作り上げるのか。
例えストーリーが原作ベースでも、大沢監督作の「秘密 二次創作映画」って思ってしまった方がいい

実際、じゃあ、映画をみてとか映画化って知って原作を読むのと読まないで映画だけ見るの、どちらが多いかと言ったら、原作読んでないほうが多いと思います。それだけで原作の評価はしないです。確かに間違った原作のイメージにはなるかもしれないけれど。
そんなもんじゃないでしょうか。

だから、映画は映画で面白いものになればいい。

原作を読んで映画にがっかりや、映画を見て原作にがっかり(というかちょっとグロとかBLぽくて引くとか)より、正直大ベストセラーじゃないので、映画単体で「秘密」って面白いなって思ってくれてもいい。そしていい評価をされて欲しい。元ネタの評価が上がるような。

映画前、映画後のいつかでいい、原作を読んでその深さに考えてくれる人が一人でも増えることを考慮すると、私個人としては、映画化はよかったのではないかと思う。私がその一人なのだから。


コメント
この記事へのコメント
Re: あっちょっと言い間違えた……
ゆけさん

ごめんなさい、今回もコメントたのしかったです!うれしい。

> 批判もたぶんそんなにないというか、原作ファンも「元」原作ファンって感じで、原作子供向けっぽい気がしたので、今も熱狂的なファン、ていう人はほとんどいないんじゃないかなぁ……?(・_・;?←そもそもリアルタイムの頃、まわりにファンはひとりもい
なかった(失礼か!)

↑これ、ヒドイ(笑)
でもなんとなくわかるような気もする。っていうか夫は好きだったそうですよ。連載。
(いまだにサンデーを買っている夫。そして小2の娘が一緒に読んでいるという。。。しょ、少女漫画はいいのぉ?母、心の声)

> 私たぶんちょっとトリップ癖があって(あぶねー)、誤解を招く書き方しかできなかったんですけど、原作にまったく思い入れないので、どこを端折られても痛くも痒くもないんですよ。←Σ(゚д゚lll)なに!?

どうしよう、もう、ここ、めっちゃ面白かったんですけど。ええぇ???って感じで(笑)

> 要は、予告の佐藤健くんのビジュアル再現力がすばらしくて、興味を持っただけで……
>
> 健くんのブレイクダンスは必見の価値ありだったなって思いますし、実は一番のビジュアル再現力功労者は吉川晃司さんじゃないかとか思いますし、伊勢谷友介さんカッコよかったし、江口洋介さんめっちゃカッコよかったし、江口洋介さんめっちゃカッコよかったし!(笑)←2回ゆった!

ははっ。健くん、年齢不詳にみえる、ちょっと子供っぽさの残る顔の剣心より、きりっと男前になってましたしね。
って、あの映画でブレイクダンス??
彼が上手なのは知っていましたけど(仮面ライダーの脚本が突然「ダンスを踊りながら登場」みたいなムチャブリだったため、それ以降やたら踊るシーンがある(~_~;))
江口、そんなにかっこよかったのか。見てみよう。好きでも嫌いでもないが。
全体的にビジュアル再現はよかったのか。

そう思うと、今井さん、哀れですな。一人底上げから漏れ、ビジュアルダウン。なんでたろ。
(再現不可能な薪さんを除く)

るろ剣、気が向いたら時間が合ったら、一度見てみます(3部作は長い)
2015/12/02(水) 17:37:44 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: いいこと言うなあ…
たきぎさん

> 私は100%映画館には行かないので、DVDレンタルか、みなさんの感想しだいではテレビ放映を待つかな~。

意外とテレビ放映早いかもしれませんね。有名監督作だし、他の作品の宣伝とかあってその前にとか←相変わらず黒読み

私もリアル、夏休みの公開じゃないですか!無理ですって、見に行くのどうしようって。
ちび二人置いていけないし。がっくりですよ。9月までやってくれたらいけると思う(泣)
登校日もなー、11時くらいには帰ってきちゃうし。

> 公式に、
>
> モニターに映っていたのは、事件以来行方不明になっている、その男の娘、絹子のナイフを持った姿だったー。驚愕する青木たち捜査官。
> ただ、それは、これから起こる事件の序章に過ぎなかった

ホントだ。ツイッターも同じ写真ばっかりだから元をたどってなかった。←だめじゃん

> って書いてあるので絹子は出ても事件はオリジナルでしょうね。これから起こるってことは過去の犯罪を暴くというより、リアルタイムで起きている事件を熱血刑事の力を借りて解決していくかんじ?
>
> 脚本に韓国人らしき名前の人がいる(外国語シーンあり)
> アジア系エキストラ(海外犯罪組織)
> 熱血刑事(相棒のいたみさんキャラ系)
> 廃墟(犯罪組織の隠れ家)
> 古時計の屋敷(絹子の死体置き場)

すっごいありえそう。あたりですよ、結構。
絹子の事件って、どう、読唇術がいるのか(天地設定)がわからなかったんですけど、他にもMRIにおなりになる方が出るってことですね、露口以外で。
映画なのに、MRIが一件って、確かにつまんないですね。や、あくまで「映画」という商品としての話。
だからいくつかMRIも見るんだろうなー。
で、現在進行形の話もあって、それを所轄の刑事が追ってるのか。

でもオリジナル作品としてみれば、その方がいいと思う。痛みが少ない。
「秘密」のテーマだけを残して、面白くなればなー。
あの、薪さんにアクションだけはさせないでほしいけど。(薪さん警備員伸しちゃうけど)
2015/12/02(水) 16:24:56 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
あっちょっと言い間違えた……
すいません、るろ剣映画おもしろいと思います。ぜひ見てください!

批判もたぶんそんなにないというか、原作ファンも「元」原作ファンって感じで、原作子供向けっぽい気がしたので、今も熱狂的なファン、ていう人はほとんどいないんじゃないかなぁ……?(・_・;?←そもそもリアルタイムの頃、まわりにファンはひとりもいなかった(失礼か!)

逆に原作知ってる方が、楽しめると思います。(知らないとわからないことがいっぱいあるし、主にビジュアル再現力と懐かしさを楽しむための映画だと思うので…どうだろう…)

私たぶんちょっとトリップ癖があって(あぶねー)、誤解を招く書き方しかできなかったんですけど、原作にまったく思い入れないので、どこを端折られても痛くも痒くもないんですよ。←Σ(゚д゚lll)なに!?

この時、比較しながら秘密のことしか頭になくて、ここを端折るってことは秘密だと……、これをこうしちゃうってことは秘密だと……ってそればっかり考えてたので、なんかるろ剣に不満、みたいな感じになっちゃいましたが申し訳ない限りです……(。-_-。)
秘密もこうなっちゃうのかーという諦めを伴った不満なだけです、全部。←結局不満なんかい!いやーもう諦めです…
(だって、大作の後ってえてして失速…ゲホゴホゴホっ…キャスト的にもそれ以上はな…ヘックシュン!ズビー)

失礼を先にお断りしておきますが、連載当時、私ジャンプ読んでたんですけど、るろ剣だけ読み飛ばすという荒技をやってたぐらい元はどちらかというと苦手なマンガで……(;^_^A

要は、予告の佐藤健くんのビジュアル再現力がすばらしくて、興味を持っただけで……

健くんのブレイクダンスは必見の価値ありだったなって思いますし、実は一番のビジュアル再現力功労者は吉川晃司さんじゃないかとか思いますし、伊勢谷友介さんカッコよかったし、江口洋介さんめっちゃカッコよかったし、江口洋介さんめっちゃカッコよかったし!(笑)←2回ゆった!
(でも役者さんが一通り出揃ったあたりで、おなかいっぱいになってチャンネル変えちゃった……比較のために2回目見るの、なかなかのもんでした……)

まったくの言葉足らずでしたが、冒頭に一言だけ書いたように、監督や映画をdisるつもりはまったくない!ので、心置きなくるろ剣楽しんでください♪( ´▽`) ←言ってることが支離滅裂!?説明がへたでごめんなさいっ
2015/12/02(水) 02:21:18 | URL | ゆけ #-[ 編集]
いいこと言うなあ…
壮大な二次創作。なるほどね~、さすがヤマネ先生。
私は100%映画館には行かないので、DVDレンタルか、みなさんの感想しだいではテレビ放映を待つかな~。

このまえテレビでやったるろ剣、秘密の監督さんだ!って思ってテレビの前に座って見てたんですけど、15分で飽きてチラ見しながらパソコン始めちゃったので、結局内容わかりませんでした。てへ。

公式に、

モニターに映っていたのは、事件以来行方不明になっている、その男の娘、絹子のナイフを持った姿だったー。驚愕する青木たち捜査官。
ただ、それは、これから起こる事件の序章に過ぎなかった

って書いてあるので絹子は出ても事件はオリジナルでしょうね。これから起こるってことは過去の犯罪を暴くというより、リアルタイムで起きている事件を熱血刑事の力を借りて解決していくかんじ?

脚本に韓国人らしき名前の人がいる(外国語シーンあり)
アジア系エキストラ(海外犯罪組織)
熱血刑事(相棒のいたみさんキャラ系)
廃墟(犯罪組織の隠れ家)
古時計の屋敷(絹子の死体置き場)

さあ、いくつ当たるかな? ってクイズじゃないから…。
2015/12/01(火) 23:06:08 | URL | たきぎ #Qi8cNrCA[ 編集]
Re: 私……
ゆけさん

るろ剣情報ありがとうございました。

私、るろ剣、少しだけ読んだんですけど、レンタル返却日が来て読めなくて結局読まなかったんで、初めの方と、あの雰囲気だけしか原作は分かりません。すみません。
でも、映画は批判はあっても見てみたいなぁと思います。

もうあれ、宣伝から「アクション大作」みたいな書き方で、ああ、そこに絞ったんだなぁ、エンターテイメント(チャンバラの迫力)に拘ったんだなって思います。
割り切るならそれでもいいと思ってるんですよね。たぶん、原作好きな人から見たらどうかな。

でも、男の人って意外と原作と違ってもいけるみたいなんですよ。それはそれ、みたいな。
たぶん、るろ剣みた人って、健くんとか役者さんのファンの人って30巻弱のジャンプコミックス読んでないと思う(笑)
原作好きな男の人ってあのアクションシーンが、動画で見れるってことでよかった、って思ったんじゃないかと。

主役の健くんも、るろ剣は原作が好きだったらしいんです。でもそんなに違うっていう映画に出て、そんな脚本で演じてるわけですよね。プロですから、そこは監督の作品作りに徹したってことなんでしょうけど。
だからラストも、剣心の心理を静かに描くっていうより、迫力とか見栄えとかを優先させたってことじゃないでしょうか。
それが、大沢監督の「映画としての」「商品としての」るろ剣の解釈だったんでしょうね。

まさに、どれがイイとか悪いとかはなくて、やっぱり見たいところ、見せたいところ、そちらが重視されるタイプの方なんでしょうね。

きっと監督が違えばまた全く違う「秘密」が出来上がるのでしょう。
それは好みなのかな。
ゆけさんには残念な感じ、ですが。
期待しないほうが、結果よかったと思えますし、いいかもです。。。
私も、距離を置いて見ることで気持ちが楽になるかなぁって思ってるだけなんで(笑)

「秘密」の予告は早くても半年くらい前じゃないでしょうか。洋画だと早いことありますけど。
最近映画館に行ってない(最後に見たのプリキュア…(泣))ので、わかりませんが。
ああ、でも予告編みたいなぁ。単にあの桃李くんの「鈴木さんの二の腕」が見たいだけ。。。すまぬ。
↑薪さんどうでもいいんかい!←うん、漫画&皆さんの二次で補充
2015/12/01(火) 18:52:54 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
Re: 私も
にゃんたろーさん

> 以前SS書いたときの裏話でも、同じようなこと私も書いてるんですよ!進撃の巨人とからめてですけど!
>
> 「ああいう人気作の諸々を見ていると、原作付きの映画というのは壮大な二次創作なんだな、と思います。
> だからそこには原作への愛情と、尊敬の念があってほしいものですね。」と……

そうでしたね。にゃんたろーさんもおっしゃってたんですね。。
進撃も商業二次創作多いですねー。映画もですけど、漫画も。
あと私の中では、やっぱりガンダムかなー。
ガンダムはアニメも小説も漫画も二次創作のオンパレードだなっていつも思ってます。
冨野監督の名前が入っていたりしますけど、関与してない(笑)

だから二次創作の商業化がいけないとも思ってないんですよ。

少女漫画でも、サイドストーリーとかを別の作家さんにお願いして作ったノベルスとかもありますよね。
もうドラえもんも、サザエさんも、クレヨンしんちゃんだってみんなそう。
でも子供向けだから誰も何も言わないし、違和感もない。

それが、実写になるとやっぱりきついんですよね。どうしても。
そっくりにはできないし、完全オリジナルストーリーじゃないと特に。

どれだけ似ているか、じゃなく、どれだけ、その作品の本意を汲んで表現されているか。
原作が好きな人は、自分なりの解釈と思いがあって、それをどれくらい汲んでくれているのかって見るんですよね。
その見方自体がやっぱり、人それぞれなわけで、絶対はない。
けれど、これはやっぱり違うというのはある。その違和感が強いと受け入れられない。

でも、違ってても、ああ、この人はこの作品が好きなんだなっていうのが(リスペクト)感じられたら、いいなと思います。

> 大友監督も、「他の人が映像化するのは絶対嫌だった」というくらいですから、情熱と愛情と尊敬をもって作っていただきたいな〜と。また男性だから、女性とか捉え方がかなり違うだろうなあとも思ったりもしてます。

映像作家として「MRI」の映像化を表現したかったようですね。
普通に機械に掛けてざらついた様な、そんな表現でもいいんでしょうけど、そこは拘りありそうですね。
ストーリーのテーマも
「原作が取り上げるテーマは、私たち人間存在の心の奥底に突き刺さります」
とおっしゃってたので、そういうテーマは持って作られたと思います。
最終的に、それがどんなグッとくるようなものになっているか、興味があります。

> まあでも、映画化って功罪どっちもあるとおもいますが、やっぱり功も大きいと思う!
> いや、わたしのブログも多分功のほうなので……(罪!?)

にゃんたろーさんのブログは功ですよ。
私のは微妙(読み方によってはアンチっぽいから)…
2015/12/01(火) 18:20:24 | URL | ヤマネ #-[ 編集]
私……
もっとぎゃーぎゃー言い続けると自分で思ってたんですけど……
でも、そういうもんだからそれもいいだろうと思ってたんですけど……
1回思いっきり怒ると、気がすんじゃうみたいです(笑)
変なんですけど、天地のことが頭にきすぎた…なんでだろ……?天地に思い入れないのに(笑) ←そうなの!?

そう、ブログ見てるのと同じでねー( ̄▽ ̄) ま、人それぞれだろうと。ブログと同列です、映画。
商業的な影響の大小なだけで。ブログを覗くつもりで見に行くと思います(笑)
好きなシーンが違うのは個人差ってことで。

ざくっとるろ剣の原作比較をね…したら、あー私この人とは相性が悪いなーってわかって……。端折っていいポイントが合わない……
監督や映画をディスるつもりは全くないので、くれぐれも……!
でも気が合わなそうなので、優しいコメントじゃなくなりそうでごめんなさい……eriemamaさんの方に書かなかったことだけ書きます…

るろ剣をご存知かわかりませんが、最後、4対1 (1が敵) で戦ったんですけど。あれがけっこう特徴的だなーと思ったんですよ(・ω・)

4の内の1人の伊勢谷友介さんも、ほんとはワンピースで言う所のフランキーぐらいのエピソードはあるんですけど。
でも原作ファンいわく
「最後4対1っていう形を取りたかったから、伊勢谷さんをふわっとさせてでも無理やり持ってきたんだろうなあ。まあ映画の迫力的にはそうしたかった気持ちはわからないでもないし、いっそいない方が良かったけど、まあいいや〜」とのことで。

ほんとは剣心、満身創痍の中、ひとりで最後まで闘うんですよね。仲間たちの目の前で。俺の闘いだから手を出すなって。
藤原竜也くん(敵)をああいう風にしてしまったのは、自分のせいだっていう負い目があるから。
(藤原竜也くんは別に炎の魔法使いなわけではない…)
でも、そのへんをカットして、バトルの迫力を取ったと。(。-_-。) それもある意味では正解かなとも思う…
エピソードを絞ってそこだけをしっかりやる方が、私好みなだけで…

まあ映画の撮り方にどっちがいいとかないかなって思うので(理系と文系みたいなもの?)、私もいいとか悪いとか言っているわけではなくてσ(^_^;)
そういう傾向の人なんだなあと。

ほんとは、敵もあんなに一同に介さないですからねー。
なんかドバーーって出たなぁーっていう感じ(;^_^A あんなにいっぱい必要かしら…なんて(笑)←やっぱり相性が悪いみたい

あ、お話重視なら一番余計だな、と思ったのは、福山雅治さん(すみません…)。あれで尺を取られまして…
師匠(福山さんの役)は出て来なくてもよかったんですけど、映画における俳優のインパクトって大事方式だなーって(笑)
手っ取り早いですからね〜( ̄ー ̄ )ウンウン
江口洋介さんもすごい押し出されてるなって思いました。(ひとつ屋根の下コンビ!)

京都から大阪まで馬ですぐ着くとかムリですからー、とかね。はやる気持ちの中、1日かけて行ってたのに…とかはあるけど、それもしょうがないか、って思ったりはします…
ワンシーンで、はい1日たちました、とかはできたはず…とは思うけど(*゚▽゚*)

こうして、描いたものと削ったものを見てみると、こまけーことはどうでもいいから、トータルのバランスと迫力が大事なんだよ!という方なのかしら……という気がしてきましてね……
映像に凝り出すと、そこに執着してしまうというのもよくある話で…
逆にそういうところは確かにすごそう……

不安解消のために比較をやってみたんですけど、すっかり割り切れてしまった理由がこんな所で…(;^_^A
男女の差は大きい気がします…
気が合わないのは、もうどうしようもない!(笑)


秘密のあのなんともいえない、こ、これでよかったのか…みたいな読後感を出すには、「誰も知らない」(柳楽優弥くんがカンヌの賞を取った)の是枝監督や、「それでも僕はやってない」の周防監督がすごそうだな、とは思うんですけど、あの人たちは、逆に画面が地味な所がよかったりするので、華は足りなくなるだろうなぁ〜なんて……むー。

でも観た後の落ちっぷりはほんとすごいんですよね…!誰も悪くないような、みんな悪いような、自分の無力感にどーーんと落ち込む…。
(邦画をあんまり見ないので、知ってる監督が少ないんですけど……(笑)

結局、漫画というフィールドとはいえ、両方持ってる清水玲子さんが特異なジャンルすぎるんでしょうねえー……(。-_-。)

そういえばTwitterで、映画見に行ったら秘密の予告が流れた、って言ってる人がいましたけど、これいわゆる釣りってやつですよね…?編集終わってませんよね……?
公開が近づくに連れガセネタが増えそうなので、踊らされないためにも、できるだけ早めに観に行こうと思います……(;^_^A

(今回ほんとはすっごいいろいろ思ったので、またしても嫌がらせのような長さでほんとにごめんなさい……今後、なんかお前冷めてんなってなるかな…って思って、個人的な理由を説明しとこうと思ったらこうなりました…orz 映画の尺的にムリなのは前提の上でのお話ですから……映画化はもちろん宣伝効果としては抜群だと思います!)
2015/12/01(火) 03:55:37 | URL | ゆけ #-[ 編集]
Re: 姐さん!(°▽°)
eriemamaさん

> 私も桃李くんのクランクアップの二の腕、あれに関してだけは、私が監督でも「ユー、鈴木やっちゃいなヨ!」ってジャニーさんのように言いたくなるかもな、と思いました(笑)←だってああゆうの薪さん大好物そうなんですもん、あからさまにはしないけど(^_^;)もしや監督、薪さんをしっかり受け止めてくださってるのか?と思いました(笑)

もしかして、そうなのか!!
薪さんの好み、忍ばせたのか!
あの腕、ホント良いですよね(〃ω〃)
薪さん、きっとあれは喜んでいると思う!

>今までにも何度か原作に惚れ込む→映像化に感激→別物感にがっかり、という流れを経験してしまっているだけに悪い想像だけは先にしてしまえるから、ショックを先取りしてるのかもしれません(笑)

つい期待してしまう、のは当たり前なんじゃないでしょうか。
でも余程、情景描写が多く占めるような原作でない限り、ストーリーははしょらなくちゃならないし、ポイントも絞られてしまう。
そのポイントは多分ですけど、原作を知らない人が楽しめる(その方が割合的に多いから)様に、また客層やエンターテイメント性を考慮したもの+監督の興味や好みや主張なんだと思います。
ドライな見方ですが。映画はビジネスですもん。

>秘密という作品の世の中との接点、その間口が広がったことは喜ばしいことだと思っています。

ええ、映画化がなければ、本編の新版も出なかったと思います。多少でもお手頃価格で、買いやすいサイズでまた出版されるので、流通するんだと思えば嬉しいです。あのままだと、数年経てば本編は本屋的に置かなくなって、手に入りにくくなっていったと思いますから。
2015/12/01(火) 00:59:37 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
Re: 素晴らしい。
なみたろうさん

悟りを開こうと苦心中のヤマネです(笑)

>確かにその通りですね~壮大な、豪勢な二次創作ですね~( ;∀;)

原作者が脚本書いている訳でもないし。勿論、清水先生としてのハズせない処は伝えてはあるとは思いますけれど、映画は監督が作るものですからね、二次創作ですよ、二次!
原作が映像化されるのではない、別の意思、解釈によってつくられるんですよ、きっと。

>(私は薪さんが女とどうこう系は無理ですけどね)ボソッ
>(だって薪さんの根本的な願い、想いがゆがめられてるんだも( ;∀;))

いやー、それで良いんじゃないですか。
私も自分では青薪以外のCPは無いです。
薪さんは鈴木さんの方が青木くんより好き、一生ね、っていうのも最初は抵抗ありました。
でも、きっとだから今の薪さんがあるとか、その方が薪さんには幸せだとか、皆さん色々考えてそうなったんじゃないかと思います。好み、って場合もあるでしょうけど。
薪さんが女性と~、私にはないけれど、BLが嫌とか、薪さんはたまたま青木くんを好きになっただけ、って思う人は別の幸せをって願うんでしょうね。特に本編の頃は薪さん、今ほど青木好きをあからさまにしてませんでしたし。
結局 、我々「秘密」読者の二次創作の多くは、それぞれの作者の方が自分なりに考える「薪さんの幸せ」を与えたいんだ思います。薪さんの幸せを沢山読みたくて、私は何でも読んじゃうだけなんです(´▽`;)ゞ

>私もその方向で受け入れていきたいと思います。清水先生が認めてるんだもの。喜ばなければ。

ああでも、ダメなものはダメって言って良いと思うんです。
私、原作好きな漫画のドラマはまず見ないもの。←ヒドイ
アニメは見るんです。放送回数も多くて比較的セリフやキャラもそのまんまだから。それが動いたり音楽が付いたりで良いのも多いです。でも実写はキツイのありますもん。

>そして原作も有名になって、ホンモノ薪さんの魅力がしれわたるといいなあ。

少しずつ、注目されてきたかな。豆屋も示野も売場に小さいですけど、「映画化」の仕切りみたいなの、置かれるになりましたもの。
2015/12/01(火) 00:34:49 | URL | ヤマネ #OeByIKfA[ 編集]
私も
私もそう思います!

以前SS書いたときの裏話でも、同じようなこと私も書いてるんですよ!進撃の巨人とからめてですけど!

「ああいう人気作の諸々を見ていると、原作付きの映画というのは壮大な二次創作なんだな、と思います。
だからそこには原作への愛情と、尊敬の念があってほしいものですね。」と……

大友監督も、「他の人が映像化するのは絶対嫌だった」というくらいですから、情熱と愛情と尊敬をもって作っていただきたいな〜と。また男性だから、女性とか捉え方がかなり違うだろうなあとも思ったりもしてます。

だから絹子話まったく違ったものになっちゃうんじゃないかなあ?という懸念もありますが……
まあでも、映画化って功罪どっちもあるとおもいますが、やっぱり功も大きいと思う!
いや、わたしのブログも多分功のほうなので……(罪!?)
2015/11/30(月) 23:56:34 | URL | ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA[ 編集]
姐さん!(°▽°)
すみません、とっても考えさせられる記事を読ませて頂いてふざけるわけじゃないんですが、私も桃李くんのクランクアップの二の腕、あれに関してだけは、私が監督でも「ユー、鈴木やっちゃいなヨ!」ってジャニーさんのように言いたくなるかもな、と思いました(笑)←だってああゆうの薪さん大好物そうなんですもん、あからさまにはしないけど(^_^;)もしや監督、薪さんをしっかり受け止めてくださってるのか?と思いました(笑)

ヤマネさんの映画は壮大な二次創作、説得力ありますね(゚∀゚)プロジェクト秘密、的な?
私も少しはクールダウンしてきましたがやっぱりまだ悟りの境地には至らない…かな(-_-;)今までにも何度か原作に惚れ込む→映像化に感激→別物感にがっかり、という流れを経験してしまっているだけに悪い想像だけは先にしてしまえるから、ショックを先取りしてるのかもしれません(笑)人生経験を中途半端に積んでしまうとやっかいなものです…。

映画による波及効果についてはおっしゃる通りだなあと…。私もがちゃがちゃ騒いでいますが(^_^;)、映画化してくれたことについては関係者の方々にとっても感謝しています。秘密という作品の世の中との接点、その間口が広がったことは喜ばしいことだと思っています。…真面目なん最後の方だけですみませんでした<(_ _)>
2015/11/30(月) 22:00:39 | URL | eriemama #-[ 編集]
素晴らしい。
ヤマネさん、悟ってしまわれたのですね?
しかし「二次創作」とは!!(°▽°)うまいことゆうた!!
確かにその通りですね~壮大な、豪勢な二次創作ですね~( ;∀;)

(私は薪さんが女とどうこう系は無理ですけどね)ボソッ
(だって薪さんの根本的な願い、想いがゆがめられてるんだも( ;∀;))

私もその方向で受け入れていきたいと思います。清水先生が認めてるんだもの。喜ばなければ。
そして原作も有名になって、ホンモノ薪さんの魅力がしれわたるといいなあ。
2015/11/30(月) 19:34:01 | URL | なみたろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する