映画「秘密」観ました、はい今頃やっとです…

映画公開からもうすぐ1か月。
いつ、上映終了になるかと怯えておりましたが、なんとか今年の始業式がギリ、8/31だったお蔭で、最終午前上映日に無事観ることができました。
観れるよう、願ってくださった皆様、本当にありがとうございます。


では、感想ですが、一言で言うなら、

「思ったより、普通に面白かった」

です。

点数をつけるなら、50点かなぁ。かなりいいほうです。
でももし、優、良、可、不可、ならギリギリ、可に入れてあげてもいいと思います。
もう一度見てもいいか、といったら、地上波TVなら見ない。DVDなら観る。映画館ではどちらでもいい。

いろいろありますけど、総合的にみたら、まあ面白いけど、可もなく不可もなく、たぶんですね、一番きつい言い方かもしれませんが、私の中ではこれから先、「印象に残る映画にはならない」、「忘れていってしまう映画」だと思います。
一時的な、エンターテイメントとしては面白かったですけど、すっごく嫌でもダメでもなかったので、どうにも残らないと思います。

原作はこうしてブログを書くほどに、いろいろ変わったくらい、人生に影響を与えましたけれど、そういったものは皆無です。


この「思ったより面白かった」というのは、酷評、辛口、という感想が上がっていたので、そりゃ、ひどいもんだろうと思っていましたので、心の準備ができていたせいと、既に公式でもあちこちで映画の解説をしちゃってくれちゃっていたので予習ができていた、というのが大きいと思います。

わからないところが多かった、という意見はありましたが、それほどでもなく、また、分からなくてもいいじゃないかな、と思えるような感じでした。

原作ファンがダメ、イヤ、嫌い、最悪、というのもわかりました。

原作との違いを意識することを完全に断ち切って、でも、基礎知識はある、という状態で見れば、それなりに映画としては面白いと思います。

ただし、前半の勢いのある面白さが後半になると失速してしまい、映画が観客を引っ張っていけていない。
長時間で、観客も疲れるので、後半ももう少しリズミカルに進め、全編に渡り、脳内映像を生かしたほうがよかったです。
あと、メリハリが欲しいです。ちょっとだらけてしまうと、ツッコミどころが気になってしまいますから。



もちろん、あれこれ言いたいことはたくさんあるんですけれど、本編ではここまでにします。

ストーリーや個別の事項に関しては次回以降の記事にします。

ここから先の、たたみ記事は、『どうして原作ファンがダメと思うのか』をストーリーの個別内容とは別に、考えたことを書いています。


次回以降はなんだかんだで、面白かったという割にキツイことばかりになると思うので、「面白かった」でとどめておきたい方は、この記事までにしておいてください。

良かったところもたぶん、最後までにはちゃんと書くとは思います。





パンプとムビチケ

08 | 2016/09 | 10

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR