「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
| Login |
メロディ 2016年8月号『増殖-Act.1』感想2
2016年06月30日 (木) | 編集 |
こんばんは。

遅くなりましたが、何とか巻物できました。
家のリフォームミスもやっと大工さんが来て直りました!

昨日は役員会が夜11時過ぎまで掛かって、いまだちょっとごたごたもあるんですけど、でイマイチ頭が働きません。

今回の感想はツッコミは多少入っていますが、次回に。
あまりないんですけど。
また、いろいろ別途考えたことも次回以降で。

中表紙の感想までは、前回の記事でUPしたので、ここからは本文の感想に入りたいと思います(←やっとかよ…)


先ずはちらりのネタバレありの感想。

① 「映画」が題材になった話。清水先生の関心もやはり映画?
② 映画版を少し意識したのかな、今まで出てこなかったアノ人も出てます。
  第九編のメンツも出してきましたもんね。
  ヒント:ダニー&初顔出し
③ MRIは最初の貝沼と同じ幻覚ものでも、幻覚の原因は?
④ 薪さんのまたまた表情が楽しい
⑤ いい線いってるんじゃない?青薪??(←上から目線…)


と、まったくなんだかわからん感想というか、ネタバレなんですけど、
こんな感じで、細かくいきます。

でもですね、今回、感想つまんないです。
お話自体は面白いんですけどね。
遅いUPの割に面白くないってどうだろう、って思うんですけど。。。。


以下、ネタバレ100%の感想のため、たたみます。
(今度は本当に感想入ります)

※巻物なので、濃い文字のみ追いかけてください。薄い文字はあらすじ部分です。

[READ MORE...]
まだ書けていません…
2016年06月29日 (水) | 編集 |
えっと、今日も通院があって、これから、夜に児童部役員会もあるので(たぶん10時過ぎまで掛かる)、おそらく、今日中には感想UPできません。終わって帰ってきたら、たぶん、夫も帰ってくるころだし。

まだ、半分くらいしか終わってません。
一通り書かないと、ツッコミもまぜこぜで書いているので編集しないとUPできないんです。

明日は、例のリフォームミスの修繕をやっとやりに大工さんが来るので、バタバタしますけれど一日家にいるのでたぶん、できると思います。

ということで、本当に、ごめんなさい。

明日、お会いしましょう。。。
皆様のところへもまだ、お伺いできませんが、また遅くなりますが、伺います。

今日、来ていただいた、皆様、ありがとうございました。




メロディ 2016年8月号『増殖-Act.1』感想1
2016年06月28日 (火) | 編集 |
先ほどは失礼しました。

ほぼ情報だけの叫びでした。

ここからは、お話の感想を書いて、どれくらいになるかわかりませんけど、あと、付録とかの感想も別にしたいと思います。


この記事は、たたみ以下、100%ネタバレです。
既読前提で、感想を書いていきます。ご了承願います。




[READ MORE...]
メロディ 2016年8月号『増殖-Act.1』 雑多(叫び)
2016年06月28日 (火) | 編集 |
メロディ 8月号読みました!

今回はお話は新章、ということで、ただ今、清水先生が関心のあることが描かれると思うので楽しみにしていました。

でも、なんとなく、そんな気もしていました(笑)
軽いネタバレすると、やはり、映画の公開を意識した部分もあるし、映画そのものにも触発されたり関心があったりしたのだなと感じました。

表紙は初の、生田薪さんと清水画薪さんの並びです。俳優さんファンの方も買いますよね…
本屋さん(※豆屋←わかるのなみたろうさんだけですけど)でいつもの倍近く置いてありました。

中を開けると、映画のお知らせと、「season 0 可視光線」と「秘密パーフェクトプロファイル」の発売のお知らせ。
次のページには、生田斗真さんと岡田将生さんのインタビューです。

付録は、映画と原作の比較?みたいな小冊子でした。
それぞれのキャラクターの設定を写真と簡単な説明で書いてあります。
原作未読の人には、原作はこうなのかぁ~と見るための、原作ファンには映画の設定は?みたいな冊子です。
原作側から映画の紹介みたいな感じなのかな。

そしてさらに、清水先生のサイン会のお知らせ!

今回のお話の最終ページの次にサイン会のお知らせがありました。

大阪です!

紀伊國屋書店 グランフロント大阪店 8/20(土) 14:00~ です!

↑ みなさん一斉にどうぞ、がーん_| ̄|○ il||li il||li

いや、私はどこでやっても行けないですよ、地方に住んでるんだし、地獄の夏休みだし。

でも、大阪。微妙に日帰り頑張ればって希望を持ちたいところです。
もういっそ、家族で大阪行っちゃう?とかさ。
が、その日は、児童部でお泊りのキャンプ…←役員だから(泣)

―号泣―


サイン、家宝にしたかった…
自分の名前入れてくださるんですよ???

これ、読んでから立ち直れなくて、お話読めなかった。

正直、映画より、ずっと大事。


まあ、詳細は白泉社のHPで、と紀伊國屋グランフロント大阪店のHPで。

白泉社
 → http://www.hakusensha.co.jp/sign/shimizu/

紀伊國屋書店グランフロント大阪店
 → https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Grand-Front-Osaka-Store/20160628095506.html


7/30 AM.10:00~受付
 「可視光線」と「パーフェクトプロファイル」をセットで電話予約(1名/1電話)
 事前(8/20の当日可)に受け取り(購入)→整理券に名前を記入
 当日、身分証とともに整理券で本人確認あり
 
※ 「可視光線」か「パーフェクトプロファイル」のどちらか1冊に、清水先生がサイン+フルネームで為書き(自分の名前)を入れてくれるそうです。


お話のほうは、巻頭カラー。

MRIで観るもののテーマはおそらく、「幻覚」なんでしょうけれど、「幻覚」は最初の貝沼事件(催眠による幻覚)でもありましたし、連続殺人?という点でも貝沼事件と共通ともいえるので、そのあたりも意識したのでしょうか。
MRIで、「幻覚」は必ずしも貝沼事件だけではないので、広く出てくることですけれど。

ということで、映画祭で映画をみた人々が2か月後に、全国で子供の幻覚を見て、次々殺人を犯したり、自殺したり、ショック死したりと死亡するという事件があり、それがSNSを通じて「見たら死ぬ映画」としてうわさが広まっていく、という話です。

今回は、まだ連載の初回なので、事件が起こり、これからどうやって捜査し、事件が明らかになっていくのかの、まだまだ導入です。どんな深い暗いことがこの映画にはあるのか、犯人の意図は?というところが、「秘密」の事件として面白くなっていくといいなと思います。


って、ことで、表紙から何から何までの感想はネタバレ100パーセントなので、次の記事から行きます。

まずは、ここまで!

これから、子供の宿題(音読)に付き合ってきます…


実写化の企画時期って?
2016年06月27日 (月) | 編集 |
明日は、メロディ発売日ですね。
関西組の方々、お口チャックありがとうございます。
今回は付録も、充実(「秘密」映画&原作小冊子)している、ということですし、漫画も新章ですし楽しみがいっぱいです。

そうそう、WOWOWに入られていらっしゃる方、7/2~7/4?7/5?まで時間はばらばらですが、15分番組で「秘密」のヒミツという、映画の解説番組があるそうですよ。(キャラクター編、ストーリー編で日替わり)



最近、漫画実写化の話が続いてますね。

で、最近、ちょっと知ったことだったりするんですけど、実写化(映画化)の企画って、けっこう連載の早くからあるんですね。

ということで、「秘密」以外のことが多いんですけど思ったことがあったんで、ブツクサ言いたいので、以下は独り言です。


[READ MORE...]
映画の配布物
2016年06月20日 (月) | 編集 |
久しぶりに映画のお話。


皆さんのところで話題となっている、新しいチラシと試し読み小冊子。
珍しく早々と手に入りましたので、新旧見比べて画像UPします。


先ず、チラシから。

映画チラシ表


画面向かって右上の半分のものが、最初に配布された映画のチラシです。
左上が、その後、現在も配布されているチラシです。
下が蛇腹折りのチラシ。
蛇腹折りのチラシは、右端と左端がそれぞれ折りたたんだときに、表と裏になります。
光ってしまって見えにくいのですが、内側の面は、左から、新装版12巻の表紙、あらすじ、パーマ生田薪さんとイントロダクション(作品紹介)となっています。


続いて、各チラシの裏

映画チラシ裏


右上が旧チラシ。左上が新チラシ。
下が蛇腹折りの中面裏。
清水先生絵の「season 0」の広告の裏が、薪さん=生田斗真さんの紹介です。
右から、薪さん、青木くん、鈴木さん、雪子さん、真鍋刑事、貝沼、上が絹子、下が精神科医(リリーさん)、左端は、上が露口、下が右から、岡部さん、天地さん、今井さんの3人の紹介です。



続いて、試し読み小冊子です。

これは上が旧配布物、下が新配布物です。

まず、表紙。

試し読み小冊子表紙



次、表紙を開いたところ。
1P目です。

旧(上)では、いきなり、第九編1話目、貝沼事件のスタートページから始まります。
表紙裏は、薪さんと青木くんの紹介です(メロディの特設ページにあるもの)

新(下)では、中扉のタイトルが付き、「case.1 大統領 ジョン・B・リード暗殺事件」 と書かれています。
表紙裏は、あの、「あなたの風邪はどこから?」で遊ばれた(笑)、9人の秘密(中央にちゃんと生田薪さんいます)です。
なお、”ジョンビー”の事件はまるまるストーリー全部載っています。(ラスト、海で写真をちぎる”愛してる”のシーンまで)

試し読み小冊子1P


最後、ラストページです。

旧(上)は、1巻132Pの薪さんが「ここを撃ってくれ」のページまでです。
なお、これは本文のラストページで、この後ろに、可視光線の見開きのカラー扉絵(2016年カレンダー9月のページ)の白黒での広告、最後は「DeepWater」の広告と、裏表紙が新装版の広告となっています。

新(下)は、1巻102Pまでです。
裏表紙は、旧版の薪さんと青木くんの紹介にプラス、岡部さん雪子さん、鈴木さん、貝沼の紹介もついています。

試し読み小冊子ラストP



お近くの上映予定の映画館で手に入れられると思います。
地方のショッピングセンターのシネコンでも手に入りましたから、ね!

※写真は全てアルバム化してます。アルバム「秘密」映画チラシを選択ください。



本の貸し出しにあたって
2016年06月18日 (土) | 編集 |
ご紹介した本を読んでみたい、とおっしゃって下さった方が思いのほか多くいらっしゃって正直とても嬉しいです。


下記のお願いを受け入れてくださる方には喜んで、お貸ししたいと思っています。
お手数ですが、改めてご連絡いただけますと助かります。


詳細は、以下、お願いします。


[READ MORE...]
私の本棚 vol.1
2016年06月16日 (木) | 編集 |
お久しぶりです。

最近いろいろ好きな漫画の実写化の話題で、すこし辟易してます。
鋼錬ショックのまま、曇天ショックです。うわー。
あと、「東京喰種」ですって、ひどいわー。誰も幸せにならない漫画映画化するのってどうよ??(そんなイタイところが好きなんだけど)
知りませんけど、銀魂とジョジョもですって??
少なくとも、アニメで成功したのは止めた方がいいと思いますけど。
そんなにみんな、CG使った映画作りたいもんなんでしょうか。あんなにテラフォで失敗してるのに。

逆に、「秘密」はアニメで失敗したし、世界観も近未来(パラレル←シツコイよ、これ)の日本だし、俳優さん単に売れそうってひとじゃない、いい人をよくキャスティングしたな、っていうもうそこで半分成功したようなもんだと思います。
いろいろ検索してみても、他の実写化のデスられ具合からしても、「秘密」ぜんぜん好印象じゃないですか。
ああ試写会の感想が楽しみです。

久しぶりと思ったら、こんな濁すような記事で申し訳ないです。
4巻読んでますけれど、まだ読み足りないのですみません。

先週も今週も学校関連が多かったです。あと、例のリフォームミスの問題。
でも今日の行事でひと段落です。通常に戻れます!!!!←強調

昨日やっと1日休み、と思ったらヒドイ回転性のめまいで起きられず、結局一日寝込み、つぶれてしまいました。ひぃ~
今日もダルダルだったんですけど、給食試食会(子供たちと一緒に食べる)なので休めませんでした。
休んじゃうと、子供がぼっちになってしまうから。(父兄&子の対面で食べる)
たぶん、低血圧がっ、てところのような気がします。
火曜日に、カテーテル術後3か月目の検診で血圧測ったら午後2時なのに、94/64かな、だったんで。
下がもう少し上がってくれるといいんですけれどね。

ということで、ちまちま書いてあったこの記事をあげてしまうことにしました。

だって、メロディ8月号発売までもう2週間無いんですもん。
新章ですし、清水先生のインタビューもありますし。
更に、夏の王子生誕祭もありますよね!しばらく祭りが続きます。そのころには復活目指します。



***************************

先日、「ポーの一族」(萩尾望都作)の40年ぶりの新作が、月刊flowersに載りまして、ちょっと私、只今レトロブールです。
(あー、早く後編が読みたい。すごい”じらしプレイ”だ。)

そんな中、ベスト漫画というのがコメント欄で話題になりまして、便乗することにしました(すいません…)


今までどんな漫画を読んできたの?というのがあるかと思います。誰も興味ないかと思いますが、便乗させていただく、もうそれだけの記事ですから、勝手に書かせていただいて、何とか次の記事までの繋ぎとしたい、ミエミエです…


「ベスト」といっても、考えてみたら非常に難しいです。
それぞれうーん、違うんですね。何が違うかというと、そのベストにする基準です。

・感動した
・影響を受けた
・面白かった(エンターテイメントとして)
・面白かった(興味深かった、考えることがあった)
・好み、好き

それから、完結しているもの、未完のものでは比べられないんです。
結局最後がどうまとまったのかで、決まってくるところがあるので。
なので、完結ものと未完のものは一緒には比べられないですね。

でも全ジャンルを通して、実は一番、というのがあって、それだけはたぶんこれからも変わらないと思います。

具体的に何を読んできたのかは、おいおいとして(やる気なんだ…)、今日は前にもちらっと書いたことのある、マイベストを一つだけ挙げたいと思います。

内田 善美(うちだ よしみ)
 「星の時計のLiddell」(全3巻 連載:1982 単行本発刊:1985、1986)
 「草空間・草迷宮」(全1巻 掲載:1981、1983 単行本発刊:1985)


相変わらず、巻物なので、本当に興味を持って頂けた方だけで、ほんと申し訳ないです。


以下、巻物。


[READ MORE...]
なんだかんだ、もろもろ
2016年06月06日 (月) | 編集 |
お久しぶりです。

すっかり、ブログの書き方も、文章の書き方も忘れてしまって、ドキドキです。

初めてですね、2週間も放置…

この週末はお隣、金沢では「百万石まつり」とかありまして、昨日はディズニーのパレードなんかミッキーマウスが来たりなんかしちゃったんですけれど、うちの方は、町の地区対抗、「町民体育祭」っていうのがありまして、そのために先日から慌ただしかったんです…
コメント頂いてもお返事できそうもなかったので、記事もあげずにいました。
結果、ブログ放置。

体育祭っていうのは、U町の17地区(町内会)対抗でいくつかの競技をやるっていうだけなんですけれど(最後はお決まりのリレーもある…)、中学年以上の小学生がそれぞれ応援団とかチアリーディングとかで、応援をするんです。
今年役員をやって初めて知ったことなんですけれどね。(今年から上の子もチアの対象だった…)

で、その平日夜に集まってもらって、踊りの練習なんかをしていたんです。
あ、私ですか?「みんな集まってー」とか「さあやるよー」とか、そんな声掛けしかできません。身体動きませんもん(笑)
おかげで、昼はそのしわ寄せが全部きてました。
今日、チアのスカッツ、手洗いして干しました。ウチ、外に洗濯物干場がないのでこういう、乾燥機かけられないものはちょっときついです。。。

おまけに、子供たちがそろばんを習い始めまして、迷子になりそうな住宅地に場所があって、送り迎えが続いております…(歩き)

今週はちょっとだけ学校へ行かないといけないんですけれど(ちょっとだけボランティアで子供たちの付添い)、やることはありつつも少しはこちらに来れそう。
来週は、また学校関係ほか用事が詰まっているので少し厳しいですが、それだけ過ぎれば後は、7月半ばまでは時間ができそうです。ふぅ。

4巻読み込みしたいなぁと思いつつ、落ち着きません…

すっかり暑くなった、夏の鈴薪祭りには頑張ります、鈴薪雪山編も行きたいと思ってますので、ボチボチ更新で。

ちょっと「秘密」以外の、つなぎものが挟まれる記事が多々になりそうな感じですが、もうしばらく、こんな調子ですが、もしよろしければどうぞ、またお越しいただけると嬉しいです。

ついでにこの家の問題も早く解決したいです。
リフォームミスで、なんと、床下点検口が塞がれていたことが判明したんですけれど、どうするかで、リフォーム会社の返答待ちです。
ウチ、元々、家の造りの問題(基礎から段差がある)で1か所から床下に入れなくて、2か所あったんですけど、その2か所とも塞がれちゃっていたんです。リフォームしたときに!←ヒドイ
ちょっと問題が発生して、床下見た方がいいかもってことになって、あれ、どっちも入れないってことになりっていう…
それが先月から業者が来たり来なかったり、いろいろやってます。
そのあたりもどうやってやるのか決まらないと…
そのうちの1か所には、床下に断熱材入れちゃってるところなんで、(まだ和室でよかった、フローリングだったら恐ろしい)、床板外して、断熱材とって、また大きさ合わせて断熱材入れて、床材入れて、ってなると思うんですけれど、おおごとになりそうでメンドウです。

この家はリフォーム後の修繕記録だけでブログが書けそうな問題が、いくつか発生している。。。
リフォームしている途中も見に行っていたんですけれどね、その時には気づかないところで、後で問題が発生しちゃうんですよ、もう。
皆さんも、家を建てたり直したりするときはくれぐれもご注意を。


最後はよくわからないこと、もうどんな目的のブログかい!っていう内容ですみません。。。。(汗)

なんか更新します、近々。たぶん、すぐ書けそうな他の漫画関係で。その間に、4巻読みます。