「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
| Login |
メロディ 2016年4月号『可視光線-Act.4』感想2
2016年03月07日 (月) | 編集 |
今回は、もう皆様の感想があげられた後なので今更感が強いのですが、感想を書きます。
この「可視光線」もAct.4で終了しました。
ですので、今日の感想は、Act.4のまとめ感想を、次回はAct.4の巻物感想を書きます。
次々回以降に「可視光線」全体を通した感想やツッコミを書いていこうと思います。

今回のページ数は58P。
「可視光線」すべての連載のページ数を合わせると、275Pです。
かつての大型版の時は充分1冊になりましたが、今回はどうか。

HCSコミックスになってからは、たいてい180P程度で1冊となっているので、一回、どこかで切って、残り95P程度と、今度の番外編を合わせて2冊として発売するか。どうでしょう。

それにしてもあと90P程度無いと厳しいので、どうするのかなぁ。

映画公開前には発売したいと思うんですけれど。

今まで通り、1冊で出してくれるといいですね。

クロスケが入るかなとも考えたのですが、クロスケの扉絵には「秘密」とあったので、やはり本編(第九編)の新装版に追加してもらいたい気がします。

けれど、もし、次の岡部さんと波多野ちゃんとのショートストーリーが50P程度なら、クロスケは41Pなのでまあ、この2つを合わせて、「可視光線」の残りと合わせて2冊目ともできますね。

クロスケも読みたいし、1冊で収まってほしい気もするし、うん。どっちでも。
どっちでもいいけど、クロスケも早く読みたいです。


ということで、以下、ネタバレ100%の感想のまとめです。
そして、次回は、いつもの巻物感想です。
イタイくらいに妄想が入ってしまっているんですけれど、直しようがないので、そのままあげることにしました。
たぶん、明日、公開できると思います。



[READ MORE...]