「秘密 -THE TOP SECRET- 」のあれこれと日常のもろもろ
復活途上
2015年09月30日 (水) | 編集 |
先日は、私事に対して暖かいコメント頂き、ありがとうございます。
ゆけさん、やっとコメントお返事書きました。お待たせしてすみませんでした。

おかげさまで私の体調は大分よくなりました。
残念ながら子供たちが夫の風邪が移り(既に義父も)、先ほど耳鼻科に行ってきました。
今回は熱も出ず、嘔吐もないのですが、これ以上悪化させると後が大変なことになるので早めに行ってきました。
なんとか自分には移らないように注意しなくては。
大抵、移るときは最後なので、めっちゃ重くなるので気合いだけでなんとかしたい。。。
いや、もう、若さという最大の免疫が失われつつあるので日頃から鍛えなければ、としみじみ実感の今日この頃です。
薪さんホルモン、o( 〃゜▽゚〃)ゝオォーイ!!


以下、どうでもいい、「漫勉」がらみの話題です。お暇な方はどうぞ。
ええ、私がおっさんだっ、っていう否定をしたいんですけど、無理でしょうかな内容でございます。。。

[READ MORE...]
すみませんヾ(´ー`)ノ
2015年09月28日 (月) | 編集 |

私事ですが、シルバーウィーク前半は出掛けたりバタバタしてまして、後半は夫が体調をくずしまて。今日は朝から自分の発作が止まらず寝込んでおりまして、ブログのお返事も更新も皆様のところのコメントも出来ずの失踪状態ですみません。

近々復活したらまたよろしくお願いします。

視覚その3(視覚と遺伝)
2015年09月11日 (金) | 編集 |
もう一つだけ、いきます。視覚について。←懲りていない。
最後に、視覚と遺伝について&薪さんは気付いていたかなどをちょっと記事にして終わりにしたいと思います。

完全、男脳の3回に渡る記事にお付き合い(いや、読んでないよ、面倒だしでもいいです)下さり、ありがとうございます。


長かったね、早く「Original Sin」やんなよ、って言われそうですが、それはそれで、調べること多そうです。(じゃ、やんなきゃいいじゃんって、でもそれがこのブログだから-)

次の記事は、「Original Sin」を読んでから感想を書くのかな、きっとそうなります。


今回の連載「可視光線」は、気付いたことが出たらまた書くかもです。


では、以下、遺伝についてです。
かなり、後半私の想定も入っちゃってます。よろしければどうぞ。


[READ MORE...]
お知らせ 「視覚その2」再掲します
2015年09月10日 (木) | 編集 |
先日お知らせいたしました、「視覚その2(視覚と赤外線と桜木さんのメガネ)」の訂正、追加修正が終了しましたので、再掲いたします。

コメントをいただいた方々にはご迷惑をおかけいたしました。

コメントのお返事にも訂正すべき個所があるかもしれませんが、そちらはそのままとしています。
すみません。

かなりの追加となっております。決定的な間違いというわけではないので、気にされなくてもかまいません。
が、メガネについても別の可能性があることや、ウッド効果についても追記しましたので、よろしければ、ご覧ください。

視覚その2(視覚と赤外線と桜木さんのメガネ)


お知らせとおわび
2015年09月08日 (火) | 編集 |
先日書いた、赤外線に関する記事「視覚その2」で、赤外線についての間違いの記述があることに気づきましたので一旦、記事を下げさせていただきます。

訂正箇所を記してあらためて、再掲載いたします。

コメントをいただいた皆様、申し訳ありませんでした。

できる限り早く直したいと思います。(今日はこれから娘を連れて病院に行かなくてはならないので)
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

記念撮影
2015年09月08日 (火) | 編集 |
皆様、週末も明けてそれぞれのお手元にコミックスは届きましたでしょうか。

やっと、記念撮影ができました。




アップのお写真は皆様のところに上がっているので、私はちょっと遠いですがお揃いのところの写真のみです。

私は、地方暮らしなので、セブンネットで予約しました。
生憎、セブンも近くになく(いや、車で10分行けばいいんだけど)、宅配で頼み、時間指定をしなかったので、地方にもかかわらず、発売日翌日の午前に届くというラッキー-でした。

が、わーい♪と喜び袋を開け、確認した後から、胃に激痛が。ずーっと治らず、翌日もなんか痛くてでも買い物行かなきゃとかでうだっておりました。がっくり。

残念なことに、コミックスはチラ見しかまだしてないです。今日も午前は家の修繕(キッチンとお風呂)に来てもらったり、夕方は娘を連れて整形外科行かなきゃで、なかなかゆっくり世界に入れません。

明日も、給食用エプロンのマスク作り&三角巾にゴム付けしなきゃで。きぃーっ。しかも、これは幼稚園の時に使っていたのをとりあえずなので、ちゃんと大きめのを別に作らねば(意外と大きくなっていたんだな、ちびっこ)
あ、やるき出せば1時間なんですけどね。

さらに、週末は運動会。何がブルーって。お弁当。5人分。
仕込みを金曜日にしておいても、朝から作る量が多い。どんだけ食べるの?って感じなんですけど、すごい食べるんですよ、うちの人たち。だから、これから先はもっと怖い。


そんなこんなで、いろいろ調べてから感想をあげたいので、コミックスの感想は来週くらいになるかもしれません。

視覚の続き、遺伝についてがまだ残っているので、ちょっと手直しするか、分けるか悩んでますが近々UPします。

そうそう、10月号のメロディって表紙も背表紙も「秘密」だったんですけど、こういう2か所ジャックってよくやるんですか?
最近のメロディって、表紙と背表紙、違う漫画だったので。
もちろん、めっちゃ嬉しいんですけどぉ、ね!


視覚その2(視覚と赤外線と桜木さんのメガネ)
2015年09月05日 (土) | 編集 |
==2015/09/10訂正==

≪訂正内容≫
1.永江の視覚を「近赤外線」と断定していた部分を「赤外線」としました。
2.メガネについて、本文後に追記しました。


≪理由≫
1.近赤外線とは断定できないというか、どちらかというと熱感知ならば「遠赤外線」だから。
でも、ウッド効果もろもろは「近赤外線」なので、「遠・近」を断定せず、ひっくるめて「赤外線」を認識としました。
2.メガネも近赤外線以外を考慮し、そのメガネを追記しました。

ご迷惑をおかけいたしました。
折り畳み記事の内容に補足がありますので、もし、よろしければ、ご覧ください。


=============================


遂に、今日午前中にミックス届きました。昨夜10時半過ぎに、発送しましたのメールがあって、早かった。
薪さんが麗しくて泣きそう。
3巻中表紙には、去年の表紙の金魚と薪さんもありましたね。
昨年末から読み始めた新参者としては、2巻のはじめは初読なので楽しみです。
改めて感想は書きたいと思います。


で、こんなことやっている場合じゃないんじゃね?って聞こえてきそうなんですが。
空気読まなくてすみません。昨日からやっている、視覚についての記事。続けていきます。


桜木さんや永江が持っていると推察される、近赤外線を見る特性。

赤外線ってなに? 何がどう見えるの?と疑問になり、調べました。

今回の二人の視覚特性にかかわりそうなこと、調べたことをまとめました。

そして、ついに!桜木さんが掛けていたメガネが何かわかりました!
(いや、勝手に決めつけたんですけど、ごめんなさい)


興味があれば、以下どうぞ。


[READ MORE...]
視覚その1(視覚の仕組みと本の紹介)
2015年09月04日 (金) | 編集 |
今日はいよいよ、Season 0 - Original Sin - の発売日ですね。もう皆さん、手に入れられましたか?
美しすぎる薪さんはご自宅にいらっしゃいましたでしょうか?
私はセブンでお願いしたので、まだ発送しましたのメールすら来ておりません。日曜日なのかな。
ま、この近所では書店でも明日発売が多いかもしれないので、今日は見に行きません。


さて、新学期が始まったのに、何かと夏休みのツケがたまり、多忙でございます。こんなはずでは。

なのに、新連載の楽しいところじゃなくて、基礎知識を調べることににハマっております。

今回の連載「可視光線」は、皆様のご意見をいろいろ拝見させていただいて、どうも「視覚」が、しかも「可視光線」以外が認識できる場合のお話で、それをMRIでも見せてくれて、事件のキーになっているらしいということがわかってきました。

私は個人的に、視覚、自分や人が同じものを同じように見ているのかというのは、中学生の時からずーっと、でも時々なんですけど考えてきていることで、それがこの「秘密」にハマったそもそものきっかけです。

その割には全くの勉強不足ですし、その手の方面に行こうとも思いませんでした。(なんでだろ、な)

それで、様々な視覚、赤外線と視覚、視覚の遺伝子に関して、調べたことを記事にしてをまとめようと思います。

順にあげていくつもりですが、今回は「様々な視覚」を、視覚の仕組みと簡単に、本の紹介とともにしたいと思います。





仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界

INBN:987-4-422-76061-2
出版社:創元社
著者:ギョーム・デュプラ
約: 渡辺滋人(しげと)
お値段:2400円(+税)


しばらく前になりますが、本屋(豆屋です←なみたろうさん、また私信すみません)で、こんな本を見つけました。
まだ秘密にハマってない頃だったかもしれません。


子供向けに書かれたものですが、簡単な視覚の仕組みや、人が見えているものと動物、爬虫類、昆虫などがどのように見えているか、同じ場面を使って絵で描かれています。
非常に直観的ですが、同時に解説もちゃんと書かれていてます。
まだまだ分からなことが多いということも含めて、面白いです。


子供にも、違う見方をしているものがある、多様な認識があるということを感じてもらえたら、なんとなくいいかな、と思って(自分が一番興味があったからですが)購入しました。


以下、この本に書かれたことを中心に、調べたことなど補足して紹介したいと思います。

視覚にご興味ある方は、よろしければどうぞ。





[READ MORE...]