清水先生が描きたかったことは?

はい、本日2本目。
6月号の感想、まだまだ続きます(もう、いいですか、しつこくいきます)。
前回の記事と被るところ多々あります。すみません。
なんとか、「家族」を自分なりに納得したいんです!


皆様の感想、コメントを読めば読むほど、もやもや感が募ります。

で、6月号、読み返しをしました。

以下、もう一度、考えました。

 

春の味覚(「秘密」外)処理

絶賛、メロディ6月号感想祭りの最中、全く関係ない記事を挟みます。
スルーしてください。くいしんぼさんのみ、どうぞ!

この後、本日2本目、続けてしつこく感想いきます!
なんとか自分なりに「家族」に納得したいんです!


関係ない記事書いちゃった理由は、これから続くであろう、(同居の長男嫁的立場の)ある意味、受難の日々がくると予想されるから。
東京生まれ、東京育ち(いえ、郊外なんで力入れて言えないけど)食べたことあるけど、処理したことないものばっかり、これからいただきます。たぶん。(冬のナマコもびっくりした)

正直、しんどいっ。私も食べるだけがいい!


 

「家族」に含まれるもの

メロディ6月号で薪さんが青木さんに対して
どうして気づかない おまえが
「一番手のかかる家族だ」と言っています。


薪さんにとって、清水先生にとって「家族」とは
どんな意味が込められているのでしょうか?

考えてみました。

 

メロディ 2015年6月号「Original Sin-Act.6」 感想

今日、明日の皆様のブログ、コメントはメロディ6月号感想一色だと思います。
さすがに私も、あまりにひどい妄想はかけませんので、感想を書きます。
どなたの感想もまだ読んでいません。読んじゃうと引きずられてしまうので。
UPした後、みなさまのところへまわります。

まだ一読しかできていません。
が、たぶん今日は今しか書けないので書きます。
今UPしてしまうと、いくら誰の目にもとまらぬブログとはいえ、未読の方がいるこの時間に新参者がUPするにはまだ早すぎますので、予約投稿で21時UPします。


感想のまとめ(簡略版ちょいネタバレ♪)

 ① えー、岡部さん、そりゃまずいよね、清水先生、引っ掻き回して続かせたね!
 ② タジク、薪さんの本当の優しさにふれ、涙!(罪を認め改心か?)
 ③ あのー、青木くん、もうちょっと頑張ってよ、あっさりしすぎ・・・・・
 ④ 薪さん、そうきたか~。清水先生、やるね、まさか「家族」とはね!
 ⑤ よかった、よかった、10月号に続く!

※この際、もう事件については触れません。ハイ!


以下、100%ネタバレ感想。やば、めっちゃ、長くなった。
ここからは事件についても触れてます。
 

Original Sin と INXS

関西の方はもうメロディ発売されて読まれたのですね。
他の地域の方も、明日はメロディ発売日、決着がつきますね。

落ち着いたら、もう少し真面目な話の構成や人物像、各話の感想を書いていきたいと思います。

**********

現在メロディ連載中の「秘密」のサブタイトル、『原罪 Original Sin』について考えていました。

これについてももう皆さんがたくさん語られているのでどうだろうというものです。いろいろな意味を含んでいるんだろうと思います。

私が思い浮かんだのは
 ① 「人肉を食う」=「禁断の実を食う」
 ② 「原発およびその汚染」
   =「世代を渡る汚染された土地を引き継ぐ」
   =「罪は人類の世代を超えて引き継ぐ」
 ③「汚染された土地に住めない」
   =「楽園からの追放」
 ④「沙羅に殺害をそそのかす」
   =「禁断の実を食べることをそそのかす」←蛇=タジク
などなどあります。

今回、
罪を犯した人は「罪を自覚し、悔い改める」のか?
「責任転嫁して罪を認めず苦しみが与えられる」のか?
タジクは罪を認めず、なんだかんだで薪さんの敵役で再登場しても面白いな。で
もこれだと今回、薪さんが負けになるのでだめか (>_<)

*ここから先はつぶやきです*
 

薪さんの誕生日

今更ながらこの件なのですが。

この件については、今まで色々な方が書かれていて 、凄く後出しじゃんけんみたいでどうしようかと思ったのですが、やっぱり書きます。

薪さんの誕生日は、モデルとなったhyさんとおなじ1/29じゃないかな。

以下、その考えなどなど。

 

薪さんのテロテロスーツが気になる

薪さんの服って、気になるけど、それを言わないのが大人なんですよね。

でも気になります。暴言すみません。

以下、どうぞ
 

貝沼脳の薪さん映像が視てみたい

メロディ発売まで後4日になりました。今回で色々決着はつくのでしょうが、まだまだシリーズは続いて欲しいです!

1巻からの感想は、次のメロディを読んで落ち着いてから書きたいと思います。
それまではツッコミというか気になること、妄想を突き進みます(宣言した) (^o^)/

それからこのブログを読んで下さった方、ありがとうございます。
ひっそりこっそり続けていきたいです。
「秘密」の諸先輩方のブログを見てもまだ私が気になることを書いていきます。
マニアックな内容ですみません。

以下、どうぞ
 

青木くん、いつ航空機操縦免許取ったの?

第九編の1話目で、青木くんが航空機操縦免許を持っている事が明かされます。1話目のクライマックスでヘリコプターを操縦するのだけれど。

航空機操縦免許ってなに? なんでも操縦できるの?って知らなかったのですが。

大きく分けて、自家用と事業用、ヘリと飛行機みたいにそれぞれ制限つきで操縦できるもの。
青木くんはヘリコプターの免許だよね。

いったい何時、航空機操縦免許を取ったんだ?

ちょっと気になりました。

以下、どうぞ

 

秘密にハマったのは

秘密にハマったのは『まあ、わかってはいた』と言われそうなくらい当然で。

最初のアメリカの話がとにかく面白かった。
脳を視るって凄い。
一見誰でも同じものを同じく見えていると思うけれど、そうじゃない。見るっていうことは眼だけじゃなくて、脳で処理してるってこと。だから一人ひとり見え方が違う。そんな処理された映像を視るのが面白かった。

私は、中学生の頃から自分の見てるものは、見え方は他の人と本当に同じなのか、人それぞれ違うのではないか、と感じていて。
元々は色の認識についての疑問でした。それが見ることについての疑問になり。
言葉も一つ一つもその捉え方が皆、微妙に異なるはずで、だからといって決して理解しあえないわけではない。と思わないと生きていて切ない。

その脳の映像、それはそれぞれのフィルターのを通した映像であるということを、漫画で見せてくれて、本当に切なかった。見ることと思うことは誰にも邪魔されない秘密の聖域であると。それが暴かれることの辛さと、事件が解明出来るという事実の狭間での切なさ。痛いくらい胸に刺さりました。

その後の「第九」については又次に。

03 | 2015/04 | 05

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR