秘密2巻 「2003」感想

やっとできました。絹子。
これの感想、ただの感想になりました。だらだらと。
たぶん、今までで一番読みにくいかと思います。
時間がかかった割には出来がよくありません。残念。


このお話のテーマ
「人に見られたくない秘密」
「心のうちは誰にもわからない」
「秘密を知るべきか否か」

「秘密」が警察を舞台にしていますので、当然のテーマである、「事件の解決」と「人の秘密の開示」の葛藤が出てきます。
特に今回はその葛藤についてが書かれていると思います。

この葛藤は露口の事件に並行して、自分の父親の死によって初めて知る事実について青木くんが考え悩みます。
今回の事件においては脳を視ることで事件が解決していきますが、誰もがもつ秘密を、心のうちに在るものを、知るべきなのかどうか。
そして、絹子のMRIは視れませんから、絹子の心のうちは本当に最後までわかりませんでした。

このお話は、私、今回感想を書くために改めて読み直して、たくさん勘違いをしていたことに気づきました。ひどい。。。


では気をとりなおして、感想いきます。

《MRIテーマ》
 人の視覚、他の視覚



相変わらず長いです。
よろしければ、以下、お願いします。

 

家族の秘密を知りたいですか?

もしも、秘密を知ることができるのならば、知りたいと思いますか?
亡くなった家族の日記を読みたいですか?

青木くんが葛藤することになった、母親の言葉と、父親の言葉、そして日記。

この、秘密を知るかどうかということについて、考えてみました。

感想に含めると長くなってしまいましたので、切り出しました。

よろしかったら、以下どうぞ。
 

絹子はなぜ、次々と殺人を犯したのか?

昨日は七夕でしたが、天の川を見ることができた方はいらっしゃるでしょうか。
北陸は生憎の曇りから雨になりました。
そして今日も雨です。

相変わらずの絹子編が続いています。
今回、考えているのは、主に、家族の殺害ではなく、男性を殺害していった件です。
(家族の殺害についても後半で考えています。)

それから今回、いつにもまして、びっくり発言です。たぶん。
今まで、私が知っている限りですが、この意見をおっしゃった方はいないと思いますので、かなり、目がテンだと思うのですが、すみません、やっぱり疑問なので書きました。
ほんと、はい、皆様、反対ご意見だと思いますが、敢えて、リアル追求型&男脳としてはごめんなさいです。


まだ、絹子つづくの?ですが、ご了承ください。まだまだ続きます。すみません。

こんな感じですが、以下どうぞ。
 

絹子事件、最大の謎

今日はこちらも真夏でした。
日々、増えていく頂き物のキュウリ( ̄▽ ̄;)
もういい加減、食べきれませーん。


そして記事の方は、
思わせぶりな、タイトルすみません。
いつも通り、気になることです。
検証、できなかったんですけどね、ちょっとだけ調べただけで。

でも、書きます。

ほんと、本編からずれていてすみません。


でも、まあいいや、と思えたら、以下どうぞ。
 

秘密2巻 「2003」まとめてツッコミ

本格的に暑くなりましたね。すっかり夏です。
台風も来ていますので、進路にある方はお気を付けてください。

あと、2日で夏休みが始まります。
子供は喜び親は泣く。。。
夏休みに入ってから、通知表を貰いに個人面談があるんですけど、それまで宿題の詳細が分からないのがきついです。
工作とか絵とか習字と読書感想文とか、今年は何をいくつやらないといけないの?と、あれこれ気が重いのは親で、チビッコたちはのほほんとしております。ガクッ


絹子、もう終わりにします。
最後に、ちょっとわからないこと、気になること、3つあげたいと思います。

長々と絹子にお付き合いいただき、ありがとうございました。

このあと、次は、「30の質問」にお答えしたいと思います。
ただ、また感想が2巻までしか終わっていないので、自分の意見をあれこれ言っていない状況なので、割とさらっと行かせていただきます。
それぞれ1記事にしたいような、問いもありますので、それはまた個別に記事にしたいと考えています。


それでは、最後の、絹子のツッコミです。
もうちょっとお付き合いいただける方、よろしくお願いいたします。

10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR