フォンダンショコラ

更新が滞っててすみません。
明日はバレンタインデーですね。
唐突にバレンタインデーの?創作を思いついたので書きました。
3巻の感想あげるつもりだったんですけど、先にこちらを。

甘くも痛くもなんともない、淡々としたお話です。

青薪でもないです。ショタ薪さんの思い出(捏造)と少し岡薪。
うん、ごめん。青薪より日常を書きやすい岡薪。



宜しければ、以下どうぞ。


 

Winter sweet (薪さん生誕祭:創作)

薪さん、お誕生日おめでとうございます。

本日、1月28日は薪さんのお誕生日ですね。
皆様のところで盛り上がっていて、堪能させていただいております。

残念なことに、先週でネタがつきており、創作が進みませんでした。
やっと書き始めたのが昨日。書くのもそうですが、校正にすごく時間がかかるので(諦めがつくまで公開できない)、もう無理ですね。
時間切れ。ああもう、ぐっだぐだ。

ごめんね、薪さん。
しかも慣れない、鈴薪に手を出しちゃったんで、鈴木さんの出てくるシーンの原作を読み返えさないと書けないんです(口調とか、使いそうな言葉とか)。
薪さん、青木くん、岡部さんはだいたいすんなり書けるようにはなったんですけど。
ここからやってたら、まあまともに仕上がる訳ないっす。

今回のお話は鈴薪。捏造。
お話の中心は時間設定は、2046年1月28日(日)。「season0 Genesis―創世記―」の後。
日曜日だったんですね。大学休みで、ワザワザ出掛けなきゃいけなくなっちゃった。ハードル上げすぎました。

なので、ほんと、ユルく許してくださいー。
こんな感じなのですが、お付き合いいただけたら幸いです。

ホント、こんなのでごめんなさい。
あとで、少し、読みやすく修正入れるかもしれません。。。。




 

月光

皆様、更新の無い間にもご訪問いただき、ありがとうございます。
新しい方でしょうか、僻地にまで足を延ばして頂き、ありがとうございます。

そしてほったらかしにしていたせいで気づいたのが遅いんですけれど、11月下旬に拍手500を頂いておりました。
その後も拍手をしていただきまして感謝します。
本当に地味に始めたことを思うと、ありがたいことです。
皆様が楽しめる、というような内容では無いですけれど、これからも続けていきたいので、お付き合いいただけますと嬉しいです。


先週は新装版が発売され、同じ漫画の2冊目となろうとも、キャラクターの「プロフィール」が載っている、ただそれだけで購入する「秘密」ファン。もちろん、その一人です……
すっかり踊らされております。

来週にはいよいよメロディ発売日!「可視光線」も青木くんの捜査がどうなるのか、あの倒れていた男性は誰なのか、気になるところが解明されていくのでしょう。楽しみです。

そんな今日この頃ですが、クリスマススペシャルとしまして、創作しました。
前の記事の最後にチラリと書いた「上げたい記事」です。
ギり間に合った……ふぅ(´▽`;)ゞ

今回はクリスマススペシャルなので、原作展開完全無視です。←(・д・。)え
すいません。キャラは崩壊していない……と思います(弱気)
設定も原作時間より少し先です。

あれこれ書きましたが、お断りです。
全編甘めの青薪R。ほぼそれだけです。しかも意外と長い。
期間限定のポップなテンプレに全く似合わない。

もう少し話があったのですけれど、PC使用中止中に書いていたので、タブレットとスマホでは思考に書出しが追いつかず、潔く、ストーリー部分をバッサリ捨てました←━Σ(゚Д゚|||)━ そっち残せよー、オイ

あまりウチではRの需要はないと思うので、クリスマスウイークの今週いっぱいの公開にしようかと思います。
じゃあ何でって、私もちょっとだけ、二人にいい夜をプレゼントしたいなぁと思いまして。
なってるのかなぁ、という不安もありますが。
リクエストがあれば期間限定は外すかもしれませんし、苦情が来れば期間短縮するかも………むにゃむにゃ



以下の創作は、BLのRですので、ご自身でご判断の上、お読みください。
露骨表現を如何に書かずにヤれるか、を課題に書きました。なので表現はキツくない、と思います。どう想像するかはあなた次第……



 

金木犀

鈴木さん追悼の、鈴薪祭り、私はこれで終わりにしたいと思います。
祭りに参加したくて、いろいろ無茶しまして、みなさまには大変ご迷惑をおかけしました。

本当は薪さんと鈴木さんについてをやるはずだったんです、全編を通じての。春の予定では。
が、全く感想が進まない。まだ、2巻しか終わっていない。何年先になるのか!
いや、秋になったら、連載再開しますけど、その合間に頑張ります。
いつか、薪さんと鈴木さんについての考察、まとめてみたいなー。

最後の祭り参加として、創作をもう一つ書きました。

もう皆様、お腹いっぱいの「お墓参り」編でございます。
すいません。
設定は、薪さんがアメリカに行く直前。
初めての墓参りかどうかはわかりません。←え?またかい!
そのあたりはお好みでお願いします。

前々作の「夢で」は所長、薪剛、の時間設定ですが、まあ、言っている内容はほとんど同じです。
囚われの薪さんが書けないからなー、今日はただ、鈴木さんに黙とうをささげたかっただけです。

↓以下、薪さん、お墓参りに行く、です。


※2016/07/12 BON子さんがこのSSをイメージしたイラストを描いて下さいました。
挿絵として追加させていただきました。ありがとうございます。
BON子の秘密妄想帳
 

金魚

子供の夏休みに入り、宿題もろもろで、すっかり更新できずにおります。すみません。
おかげさまで読書感想文終わりました。次はお習字。終わったら東京帰ります。でも予定は未定。

ブログはただいま放置状態です。しかも鈴薪祭り中です。何したらいいのか。
皆様の祭り参加作品のクオリティの高さにビビっております。


私、あおまきすとなんで、鈴木さんのことかけませんでした。
でも、祭りに参加したい、その一心(セコイ)でこれは書きました。すみません。←またかい!

薪さんの王子様、皆様の王子様の鈴木さんなんですけど、私、それほどでもないんです(言っちゃったよ…)。
あと、薪さんと鈴木さんはそれぞれ好きだったと思うんですけど、恋情だけじゃなくて、もっとたくさんの意味を持った関係で、そういう、かけがえのない存在だったと思うんです。
なので、恋愛的な妄想がいまいち、できません。書いていません。

原作設定を使ってますが、捏造創作です。
あと、また不動産ネタすみません。
なんとなく不動産ってどう処分するのかなって日頃思ってまして。
個人的に今の自宅もちょっと誰が先に亡くなるかで複雑になる可能性を秘めちゃったりなんかしちゃってるんで。


鈴薪さんのある夏の出来事、ゆるーいです。しかも楽しいことは何も起こらない話です。
ジェネシスの2年後の設定です。(え?鈴木さん生きてるん?生きてます、そんな頃の話です。)
生きている鈴木さんが読みたい、という方以外、誰に需要があるんだ、ってところですが。
でもまあ、ちょっと気になるから、みてみようかなぁ、なんて思って下さったら、以下、よろしくお願いいたします。

10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヤマネ

Author:ヤマネ
はじめまして。ヤマネです。
「秘密」の薪さんに溺れています。
一年の半分を薪さんの夢を見ながら冬眠していたいです。

検索フォーム
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR